BMW 330eを試乗してみた

公開日: : セミリタイア生活, 愛車遍歴

5年近く前にレクサスISから車を買い替える際、試乗比較したBMWからいまだに定期的に案内状が送付されてきます。

いつもは案内状に目を通すだけですが、今回は、来年の5年目の車検前に車を買い替えることも視野に入れて久しぶりに店舗に出向いてみることにしました。

5年近く前に試乗した3と5シリーズ。ともに好印象でしたが、当時はレクサスのGS450hに優位性を感じてGS450hの購入に踏み切った経緯があります。

今回は、5年ぶりに店舗に出向き、3シリーズを1時間ほど試乗してきましたのでその感想を書きたいと思います。

試乗したのは、3シリーズの330e(ラグジュアリー)というプラグインハイブリッドです。2000cc(4気筒)ターボエンジンに電気の力が加わります。

このような車が3シリーズから出ているとは知りませんでした。

ActiveHybrid3の存在は知っていましたが、昨年生産が終了して今はプラグインハイブリッドにシフトしているとか。

今回、特に330eの試乗を希望した訳ではないのですが、試乗してみますか?という誘い応じて乗り込んだのがたまたま330eでした。

乗っていった車がレクサスハイブリッドだったからでしょうか。

折角、今乗っている車が同じハイブリッドですので、今の車と比較しながら試乗した感想を書いてみたいと思います。

尚、残念ながら画像は1枚もありません<(_ _)>

BMW330eの試乗

早速、妻と車に乗り込みエンジンボタンを押します。

プラグインハイブリッドというだけあってエンジンがかからずGS450h同様静かです。というか無音です。

アクセルを軽く踏むと静かに発進。低速域でのトルクも力強く今のGSよりハンドルが軽かったです。後からわかりましたがスピードにあわせてステアリングを調整するサーボトロニックが標準装備されていました。

時速5~60kmになってもエンジンはかからず、実に静かです。

電気だけで走っているからと力不足を感じることもありません。

ランフラットタイヤのはずなのに乗り心地もいいし、ロードノイズもかなり抑えられています。

悪路及び高速は走っていませんので単純には比較できませんが、ロードノイズはレグノGR-XIに変える前のGSハイブリッドと殆ど変わらないように感じました。

乗り心地もBMWとは思えないソフトな乗り心地です。

足は固いのですが、まろやかで心地の良い固さです。帰って調べたら2015年のマイナーチェンジでサスペンションも進化しているようです。

特に330eは200kgのリチウム電池バッテリーを積んで重量がある分、ドッシリとして乗り心地が良くなっているというレビューも見られます。

隣にいる妻も乗り心地や静粛性が今の車と変わらないと連呼してました。

試乗した道路がちょっとした段差程度しかなかったし、車がラグジュアリー仕様ということもあったためか静粛性と乗り心地はこれまでBMW3シリーズに抱いていた印象を変えました。

少し飛ばせる道路に出たので営業マンの言う通りシフトレバーを左に押しやりアクセルを少し強く踏みます。

確かチャージバッテリーモードとかいうやつでエンジン主体で走るモードですが加速も十分でとても2ℓのエンジンとは思えません。おそらく電気の力も加わっていると思われます。積極的にバッテリーの充電も行ってくれます。

シフトレバーを戻してハイブリッド走行に戻すと電気での走行とエンジンが加わった走行を繰り返すようになりますが、その場合のエンジンの始動もスムーズで変なショックも違和感も全くありません。エンジンがいつかかったか分からないほど音も静かでスムーズにシフトします。

これに対してGS450hはエンジンがかかった瞬間は変なショックは無いものの音が伝わってくるため比較的容易にわかります。

SPORTモードにしてアクセルを踏みこむとエンジンサウンドともに加速。2000ccターボ+モーターなのに今乗っているGSの3500cc+モーターの加速とあまり変わりません。むしろGS450hと比較して一回りサイズが小さいのでよりスピード感を感じます。

帰って調べてみると0-100kmは6.1秒とGSh(5.9秒?)とほぼ同じでした。

2000cc(4気筒)と3500cc(6気筒)ですのでさすがに高速域での加速は変わってくると思いますが、実用の範囲内では変わりがないということです。

個人的に最も重視する乗り心地と静粛性を五感で体感しながら約1時間の試乗を終えました。

BMW330eを試乗して

今回の試乗でBMWへ抱いていた印象ががらりと変わりました。

BMWは、運動性能を重視しているため乗り心地や静粛性を犠牲にしているという印象がありましたが、330eはちょっと方向性が違うようです。

PHEVといえども運動性能は維持しながら静粛性や乗り心地を高次元で両立させています。

国産車では味わえない独特な剛性と足回りの安定性は購買意欲をそそります。

ただ、今乗っている車と比較するとここが今イチという点もあります。

一つはナビの液晶画面の小ささと解像度。バックモニターでの車庫入れはGSと比較するとかなり見づらかったです。

また、便利な電動式パーキングブレーキもありませんし、信号待ちでアクセルから足が離せるブレーキホールド機能もありません。

このあたりはもう慣れてしまって普通になってしまってますが、無くなるとその有り難さが改めてわかります。

330eに買い替えるとしたら気になる点

BMW330eも今は買い替えの候補の1台となりました。

ただ、プラグインハイブリッドという点は気になります。

一般的には、プラグインハイブリッドは、家に充電設備が必要、または外での頻繁な充電が必要との認識があります。

しかし、営業マンが言うには、330eは走行中に充電可能なため普通のハイブリッドと同じように考えていいとのこと。

公式サイトにも充電設備が不要なプラグインハイブリッドと謳ってありますし、実際、多くの客が充電設備のない状態で購入しているようです。

また、リチウムイオン電池は不安定という話もあります。

ボーイングのバッテリー問題もありましたし、つい最近ではスマホでも発火事故が起きて話題になってます。

その確率は極めて低いとはいえ、気にならないことはありません。

また、5年6年に渡って試乗した時と同じようなバッテリーの品質や性能を維持できるかどうかも若干不安です。これについては、6年または10万kmまで保証があるようですが。

価格は乗りだしで約700万円。好みのオプションを付けたら750万円ほどになりそうです。買い替えまでにはしばらく時間がありますのでゆっくり考えていきたいと思います。

それにしても進化してますね。BMW330eは私的には良かったです。

※その後購入し、改めてBMW330eのレビュー・評価をしていますのでそちらも参考にして下さい。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

2016年を振り返って

今年もあっという間に1年が過ぎてしまいました。 本当、1年過ぎるのが年々早くなってきているよう

記事を読む

ガラケーから月額3,800円のiphoneへ切り替え

年始にガラケーからスマホ(iphone5c)に切り替えたものの実際に月額費用が3,800円なのか少々

記事を読む

ブログで稼ぐことはできるか?

先日、とあるASP(アフィリエイトの管理会社)で、アフィリエイターのコンテストの発表がありました。

記事を読む

日本を捨てて海外に移住しなければならない日がくる?

こんにちは、有栗です。 今日も、株価(日経平均)が上がり、9営業日続伸となったようです。 5

記事を読む

5月なのにインフルエンザと診断されました

今週の月曜日から何だか体がだるいと思ったら、火曜日から発熱。 水曜日・木曜日と咳が出始めて熱も

記事を読む

レクサスカードの特典

現在、当ブログで最もアクセス数が多いのがレクサス関連のネタです。おそらく車の購入を検討している人が情

記事を読む

老後は1人暮らしが幸せって本当?

大阪府門真市の医師が実施した調査によると60歳以上の独居の生活満足度の平均は73.5点で、同居の68

記事を読む

リタイア生活、妻との役割分担

先日、妻は私のリタイアに無関心といったブログを書きましたが、各々の考え方やリタイヤ後の役割分担をもう

記事を読む

マッサージ店は出会いの穴場

3ヶ月近く前から2週間に1度マッサージに通ってます。 そ

アーリーリタイアして後悔していること

こんにちは有栗です。 最近、急激な視力の低下を感じているので、外

40年目の再会!人はこうも変わるのか?

先日、親戚に不幸があり、葬式に行ってきました。 久しく会

終わった人を読んでわかった私が快適なアーリーリタイア生活を送れる理由

就寝する前の30分ほどを読書の時間にあてています。ベッドの上で

事業を譲渡するという話がきたが。

こんにちは有栗です。 先日、近くの商店街を歩いていると、

PAGE TOP ↑