アーリーリタイアした日

公開日: : セミリタイア生活

サラリーマンをリタイアしたのが今から16年ほど前の38歳の時。当時勤めていた会社の経営が傾き早期退職者を募集したタイミングで辞めました。

38歳で脱サラをすると2年目の40歳の7月1日に法人成りし、50歳の6月30日に会社を畳むべく清算の登記手続きをしました。

たまたまですが、この間きっかり10年でした。

司法書士に会社清算の登記を依頼しに行った時は、申し訳なさそうに「会社をたたむ時もお金がいるんですよ」と言われたことを思い出します。

事業に失敗して会社を畳む人が殆どでしょうからお金を請求することを気の毒に思ったのでしょう。

平行して税理士に清算結了の経理処理をしてもらっており、それが終わったのが清算の登記をして3ヶ月ほど経った頃でしょうか。

サラリーマンを辞めてリタイアするのと違って自営業は仕事を辞めてもこれらの手続きやそれに付随する作業がありますので、この日がアーリーリタイアした日というスッキリした日にちは特定できませんが、強いて言えば清算結了の経理処理が終わった旨、税理士から報告があった日がアーリーリタイアをした日、またはそれを実感した日と言えます。

その時はちょっとホッとした記憶がありますが、清算に向けて1年ほど前から仕事もフェードアウト(縮小化)してましたので、その感覚はさほど強くはなかったように記憶しています。

そんな私がアーリーリタイアを最も実感した日は翌年の正月の初詣の時でした。

毎年、今年も商売繁盛するようにと京都の神社を巡りいくつものお守りを買うのが恒例でしたが、その時は何か気が抜けたような感じになりました。

このように書くと仕事という張り合いが無くなって元気をなくしているように受け取られそうですが、決してそうではありません。

気が抜けたようなという表現は、もう少し正確に書くと緊張感が和らぎ、丁度コーヒーでも飲んだようなホッと一息ついた感情が長い間続くような感覚です。

新しい年が始まって1週間ほどは、
・もう時間に縛られることも無くなる
・面倒くさいこともせずに済む
・人間関係のシガラミも無くなる
そういった開放感に満ちた気持ちでいっぱいでした。

あれから、4年ほどが経ちます。

良くも悪くもストレスや緊張感に乏しい日々が続いています。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

年明け早々、健康診断の結果が。腎臓能力の低下はどうしたら防げるのか?

新しい1年が始まりました。 今年は10年以上続けてきた京都初詣三社参りも方位が悪くて断念。

記事を読む

おすすめスポット「随求堂(ずいぐどう)胎内めぐり」

今年も京都に初詣に行ってきました。 京都への初詣は、39歳に脱サラをした時からの我が家の恒例行

記事を読む

3日間眠れなかった憂鬱な日々

以前、何かの雑誌で読んだ、ご高齢者へのアンケートの中で 「これまでにやっておけばよかったこと」

記事を読む

MRI検査に行ってきました。その驚愕の料金は?

先日、深夜(早朝)に意識を失って頭を強打してからというもの妻が異様に心配してくれています。 朝

記事を読む

出雲 日御碕神社の大祓式で無病息災

毎年この時期になると、8年ほど前に出雲大社参拝の帰りに立ち寄った日御碕神社から郵送で人形(ひとがた)

記事を読む

株価、一見落ち着いたように見えますが

資産運用として、比率は少ないですが株式投資もやってます。 やっているといっても、2000年頃に

記事を読む

足るを知る生き方を実践するアーリーリタイア

リタイアして2年半、最近なんだかお金に執着した生き方・考え方をしてきているなあと感じています。

記事を読む

退職金7000万円でもアーリーリタイアできない理由

少し前になりますが、三越伊勢丹ホールディングスは百貨店事業の低迷からリストラの一環として人員削減や不

記事を読む

BMW 1年点検

早いもので昨年の11月にBMW 330eに乗り換えて1年が経過。営業担

都市銀行のリストラでざわつく地方銀行の行員

日銀によるマイナス金利政策による収益の悪化やこの先起こる人口減やAI(

退職金7000万円でもアーリーリタイアできない理由

少し前になりますが、三越伊勢丹ホールディングスは百貨店事業の低迷からリ

時給が850円から4000円に跳ね上がった日

こんにちは、有栗です。最近はめっきり寒くなってきましたね。 今日

ブログ村のランキング順位が急降下した訳

こんにちは有栗です。 今日は何だか風邪気味で体調がすぐれないので

PAGE TOP ↑