為替が絡む商品を全て解約して個人年金保険に加入

公開日: : セミリタイア生活, 資産運用

円高・株安が進む中で今年に入って殆どの資産運用商品を解約したことは以前のブログでも書いた通りです。

昨年の夏あたりから急激な円高や株安が進んでますが、幸い全ての投資(資産運用)分をプラス圏内で解約することができたのは、投資を始めた時期がアベノミクスが始まる前か始まった直後、民主党政権時代で日経平均が1万円前後、円が80円ほどの時代だったためです。

運が良かったとしか言いようがありません。

それはそれでいいのですが、解約した分が全て返戻されて普通預金口座の残高が増えてからは銀行(A・Bの2行)からの営業の電話が絶えません。

結構しつこいとも言える営業でしたが、私自身もまとまったお金を普通預金口座に置いていても勿体ないと思うこともあって、今後の経済の見通しや安全な商品などがないかを伺いたく先日、A銀行に出向きました。

円高傾向が進みそろそろ円安に反転するのではという目論見から為替が絡む商品をいくつか勧められましたが、この先円安に向かうような気もせず、元本の保証もないためそういったものにはしばらく投資しない旨を伝えました。

今となっては、利益率は少なくても損をしない(元本を割らない)という商品が優先だと。

それではと代わりに提案された商品が住友生命の個人年金保険です。話を聞くと魅力的だと感じたので契約してきました。

53歳で振り込んで65歳から10年間、年金として受け取るものですが、途中解約をしない限り元本保証で返戻金が112%ほどあります。

今の定期預金の金利からすれば魅力的なリターンです。

将来、もっと率のいい商品が出る可能性がありますが、1年後に解約しても98.6%の返戻率(5年でほぼ100%)ですのでその時の商品と比較して移行することも可能というのが決め手でした。

勿論、最悪の場合、生命保険会社の破綻というリスクはありますが、それでも保護機構が働いて9割ほどは戻ってくると言います。

ずっと口座に眠らせているのも何ですし、ペイオフの絡みもあるので、損はないと思い契約をしてきました。

で、一旦お断りした為替が絡む商品ですが、実は内心要検討と考えています。

為替リスクのある商品は避けたい気持ちはありますが、一方で個人的には日本経済の先行きには悲観的ですので、そのリスク対策として外貨という選択肢も頭の片隅に根強くあります。

今すぐという訳ではありませんが、ニュージーランドやオーストラリアドルも検討してみる価値はあると思います。

両者は、昔ほどではないですが利率も悪くありません。

来週は、B銀行に伺う予定になっています。

あまり気がすすまない銀行で、今回は以前、接客に不満があった△△さんからの電話だったので契約自体は見送り、色々と話だけを聞いてみようと思います。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

クレアチニンは下がるのか?身をもって検証

今年の正月明けに届いた昨年の健康診断の結果。 クレアチニンの値が増加し、CKD(慢性腎臓病)の

記事を読む

無料でできたパソコンの廃棄処分

自営業をやっていた時代からのパソコンが部屋に散乱しています。 ノートPCとデスクトップPCがそ

記事を読む

東芝の早期退職制度。退職金は5000万円?

不正会計が明らかになった東芝がリストラを行いました。 早期退職制度にのっとって全社で2000人

記事を読む

BMWからのプレゼント

台風一過で今日は少しだけ涼しいものの今年の夏は暑さは格別です。 こんなに暑い夏は、おそらく生ま

記事を読む

銀行担当者の対応が惜しい

資産運用分のほとんど全てを解約し、普通預金残高が増えたため、また新しい年度になったためか銀行からの営

記事を読む

1日1食生活(2ヶ月が経過)

こんにちは有栗です。 榎木孝明が30日間不食生活をしたことが話題になって食事制限を考える人も増

記事を読む

充実したアーリーリタイア生活を送る秘訣は夫婦円満に尽きる

妻帯者の身で充実したアーリーリタイア生活を送る秘訣は何と言っても夫婦円満だと常々思っています。勿論、

記事を読む

どうしても悪い方位に引っ越さなければならない場合の裏ワザ

前回に引き続き今回も風水のお話を。 私が方位学とか風水とかいったものに興味を持ち始めたのは20

記事を読む

私が死亡した後の妻の年金額が心配

私が死亡した場合、妻はいくら年金を貰えるのか。心配事の一つです。

経営していた整骨院が破綻!転職活動中!

最近、私の周りは転職の嵐です。 看護師をしている2人の妹は、2人

還付金、利息がついて57万円!

先日、国税還付金振込通知書が郵送で送られてきました。 還付金の額

銀行の露骨なリストラ、11ヶ月で異動!

マイナス金利、少子化、AI、フィンテックと、銀行にとってはネガティブな

これからはアフィリエイトで小遣い稼ぎが困難になっていきます!

アフィリエイトをしている人であればご存じの方も多いと思いますが、昨年の

PAGE TOP ↑