アーリーリタイア生活、年金への取り組み公開

公開日: : セミリタイア生活

今年、パソコンを立ち上げる最後の時間です。

早いもので2013年の中頃にリタイアして3年半ほど経ちました。

リタイア後の生活も今のところほぼ計画通りに推移しており、今年もどうにか無事に終わりそうでホッとしています。

ただ、リタイヤする当初描いていたほどのんびりスローライフができているかといえばそうではありません。

十分ではないにしてもある程度の貯蓄があるのでもう少し心の安定した生活ができるのではないかと思っていましたが、なかなかそうもいきません。

その主たる原因が年金問題です。

老後の生活は随分前から人並み以上に気にしています。年金についても自分なりに対策を講じてきたつもりですが・・・。

私の年金への取り組み

私の場合、38歳までサラリーマンをしていましたのでそれまでは厚生年金(国民年金)です。

毎年誕生月に送付されてくる「ねんきん定期便」によると65歳からの年金支給額は年間110万円程度です。

38歳で脱サラをしてからしばらくは国民年金だけを支払ってきましたが、収入が増えてきた段階で国民年金基金に加入しました。

支払額はほぼ満額の月額6万5000円(年額78万円)ほどです。

この金額は最後(60歳)まで支払う予定です。

確か40歳過ぎ頃に加入しました。これを60歳まで支払って、年金額はおよそ年間130万円ほどです。

国民年金基金は、受給期間(期間限定分と終身分)と受給金額を組み合わせて設定することができるため、何歳から一律いくらを受給するという貰い方だけではなくある程度計画立てて受給することが可能です。

私の場合は、60歳から年間60万円受給、65歳から年間130万円受給、75歳から死ぬまで年間80万円受給といったように受給バランスを振り分けています。

厚生年金分と合わせて65歳から年間240万円ほど、75歳頃になると妻が受給の対象になりますので、それくらいを維持できると考えています。

ただ、これは現在の制度での数字です。

年金支給開始年齢の繰り下げや減額が見えていますので、リタイヤ時に作成した計画表では、厚生年金分の支給開始年齢を70歳、受給額を現在予定されている支給額の90%としてシミュレーションしています。

万が一、今のままの制度が継続できても受給開始は繰り下げて70歳からとする予定です。現制度では70歳に繰り下げればおよそ4割増しということですので、その分も減額されたという前提でのシミュレーションになります。

※国民年金基金には現在のところ繰り下げの制度はありません。

月額約20万円。不足分は貯蓄から取り崩します。

不安要素

万が一、貯蓄が枯渇しても、月額20万円あれば、どうにかやっていけそうと考えたいのですが、残念ながら私が先に死んでしまうと妻は1桁の年金でやっていかなければならなくなり、実質生活は破綻します。

どうしても計画通り、貯蓄を推移させなければなりません。

そのためには、大きなインフレがあっては困りますし、年金基金が破綻して年金額が突然月額10万円減ったといったことがあっても大変です。

最近は企業年金の破綻をよく耳にしますが、これから益々少子高齢化が進みますし、国民年金だから国民年金基金だからといって安心はしていられない気がします。そういう事態に備えた対策もできる限りとるようにしなければなりません。

心配するときりがありませんが、だからこそ今できる最良のことをしなければと考えています。勿論、不安がってばかりではなく今を楽しむことも大事です。

ともあれ、今年は大きなインフレもなく、年金の破綻もありませんでした。

健康で無事1年を過ごすことができて感謝しています。

来年も無事1年が過ごせますよう祈念してパソコンを閉じたいと思います。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

業者に頼むと1万円。トイレの温水洗浄便座の交換作業を自分でやってみた。

昨年の末から色々なものが壊れたり不調をきたしたりしています。 キッチンの蛇口から始まり、ナノイ

記事を読む

アフィリエイト収入だけで生活ができるのか

アフィリエイトをはじめて今月で1年ほどが経ちました。 運よく?収入も少しづつ伸びてきてやっと2

記事を読む

おすすめスポット「随求堂(ずいぐどう)胎内めぐり」

今年も京都に初詣に行ってきました。 京都への初詣は、39歳に脱サラをした時からの我が家の恒例行

記事を読む

クレアチニンは下がるのか?身をもって検証

今年の正月明けに届いた昨年の健康診断の結果。 クレアチニンの値が増加し、CKD(慢性腎臓病)の

記事を読む

国民年金基金はオススメ

年金問題は皆んなの関心事ですが、特にアーリーリタイアした人にとっては非常に気になる問題の一つです。

記事を読む

50歳からの転職その後

先日、ブログにも書いた今年の春に会社の業績不振で人員削減の対象者となり、会社を退職した知人と久しぶり

記事を読む

ブラック企業を辞めたいと息子から連絡

働き方革命も何のその、朝は8時過ぎから夜は23時過ぎまで、休みも週に1日あるかないかの労働条件下で、

記事を読む

私はなぜアーリーリタイアをしたのか

早いものでリタイアしておよそ4年が経ちました。 将来に対する不安は少しばかりあるものの今の生活

記事を読む

アーリーリタイア生活、2017年の資産減少額

こんにちは有栗です。 今年はアーリーリタイアをして5年目を迎えま

キャリアのスマホ月額料金も格安スマホ並みに!

新年、おめでとうございます。 2018年がスタートしました。

ブラック企業を辞めることを思い留まる理由

今年もまた幸せな1年を過ごすことができました。 唯一気が

人生100年時代になるとリタイア組は破綻!

こんにちは、有栗です。 もうすぐ今年も終わります。本当に1年が早

環境が性格を変える?それとももともとの性格?

こんにちは。有栗です。 今年も残すところ10日ほどとなりました。

PAGE TOP ↑