国民年金基金78万円前納しました

公開日: : セミリタイア生活, 資産運用, 節約

本日6月1日、国民年金基金の前納分(1年分)78万円弱が引き落とされました。

国民年金基金案内通知書

アーリーリタイヤ(無職)組でもできる年金対策として国民年金とは別に国民年金基金に加入しています。

サラリーマンを辞めて脱サラしたのが38歳の時。

当時の試算では、サラリーマン時代の厚生年金分があるとはいえ、以降、国民年金だけを支払っていくとすれば、60歳までしっかり支払ったとしても、65歳から受給できる年金額は月額10万円ほどというものでした。

これではとても生活できないということで、自営業に転身してすぐに加入したのがこの国民年金基金です。

以来、15年近く上記の額の国民年金基金を支払い続けています。

掛け金の上限は、月額6万8,000円。年間にして816,000円です。

MAXまで加入したかったのですが、加入の型がいくつかあり、自分の希望する年金の給付型にすると月額6万5,000円ほど(年額78万円ほど)となりました。

尚、1年分の掛け金を前納すると、0.1ヶ月分の掛け金が割引されます。金額にするとおよそ6500円の割引ですのでバカになりません。

国民年金も国民年金基金と同じく前納することで割引になりますので迷わず前納しています。どうせ支払うのですから安い方がいいに決まっています。

国の年金問題同様、将来、本当に年金基金分の年金が支払われるのかというのは多少心配ではありますが、これまでずっと所得税控除の恩恵を受けてきましたし、将来、万が一少しばかり減額されたとしても定期などに貯金しておくよりお得になるのではと信じることにしています。

しかも、今さら心配しても、60歳は目の前になってきています。

掛け金の一部を60歳から受給できる年金型に支払っていますので、あと5回ほど支払えば、60歳から月額5万円ほどの年金が受給できるようになっています。

そして、65歳からは、年金額は10万円ほどに増加。70歳からは国民年金分とあわせて20万円ほど受給できる予定になっています。

※国民年金分は、現在の制度では受給開始年齢は65歳からですが、リスクをとって70歳で試算しています。

また、あくまでも現時点での予定ですので、少し減額されるかもしれません。

その時はその時。どうにかなると考えるしかありません。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

うつ病は必ず治ると思いますが。

先日、うつ病で入院していた彼(A)と連絡を取り合っていた男(B)が、私を含めた3人での食事会を設定し

記事を読む

アーリーリタイア生活、2017年の資産減少額

こんにちは有栗です。 今年はアーリーリタイアをして5年目を迎えます。 お蔭様で今のところ

記事を読む

京都嵐山・嵯峨野トロッコ列車の旅

先週末から妻と二人で京都の嵐山・嵯峨野トロッコ列車の旅に行ってきました。 毎年正月に初詣に行く

記事を読む

冷房と除湿の電気代はどっちが安いか

電気代の節約を考える 家計の節約のうち電気代を考えた場合、思いつくのは、 電気料金の基本契約

記事を読む

50歳から歌手を目指す

50歳を過ぎても夢を追う知人がいます。 14年前に一緒に会社を早期退職した知人(Y)は、童話作

記事を読む

アーリーリタイアをするにあたって(家族会議)

アーリーリタイアは言うまでもなく重大な決断です。 普通の家庭であれば当然、妻や家族にも相談しま

記事を読む

最低いくらで生活できるのか、ときどき考えてはみるんですが。

最低いくらで生活できるか リタイヤ生活をしている方のブログを拝見すると(といっても他人様のブログを

記事を読む

ブログ村のランキング順位が急降下した訳

こんにちは有栗です。 今日は何だか風邪気味で体調がすぐれないのでアフィリエイト作業はお休みにし

記事を読む

1時間座ると寿命が22分縮むって本当?

座る時間が長い人はそうでない人より寿命が大幅に短くなるというデータがあ

アーリーリタイア生活、2017年の資産減少額

こんにちは有栗です。 今年はアーリーリタイアをして5年目を迎えま

キャリアのスマホ月額料金も格安スマホ並みに!

新年、おめでとうございます。 2018年がスタートしました。

ブラック企業を辞めることを思い留まる理由

今年もまた幸せな1年を過ごすことができました。 唯一気が

人生100年時代になるとリタイア組は破綻!

こんにちは、有栗です。 もうすぐ今年も終わります。本当に1年が早

PAGE TOP ↑