老後年金生活の改善策(妄想編)

公開日: : セミリタイア生活

前回投稿した「生活保護」の記事には多くのアクセスがありました。

みんな将来のことが不安なのでしょう。

実際はまだまだ書きたいことがありましたので今回ここで書き足させてもらおうと思います。

今までも何度となくこのブログでも書いてきましたが、私は日本の将来には非常に悲観的です。というか将来が非常に不安です。

将来のリスク対策として、あえて自分自身に不安を煽ることで今できる対策や準備に思考をまわすようにしているという面もありますが、その次元を超えて実際に凄く不安視している点があります。

それはずばり、少子高齢化(人口減少)問題です。

先日投稿した生活保護の件も、少子高齢化(人口減少)が引き起こす大きな問題の一つです。

ただ、実際問題として、国も黙って指をくわえて観てる訳はなく色々と対策を打ってくるものと考えられます。そこで、今回は、少子高齢化(人口減少)や生活保護対策(社会保障制度)として国がやりそうな策を妄想してみました。

社会保障制度の改善策(妄想編)

定年退職年齢の引き上げ

既に引き上げられていますが、年金支給開始年齢の引き上げに伴い、定年退職の年齢ももっと引き上げられると思います。

さしあたって20年後は定年退職年齢・年金支給開始年齢が、ともに70歳といった年齢に引き上げられると予想しています。

これからの社会保障費の膨張を抑制する策としては必須でしょう。

高齢者の定義引き上げ

現在、世界保健機関では高齢者という定義は65歳になっていますが、近い将来、日本は75歳に引き上げるのではないかと予想しています。

これで年金支給開始年齢とも整合性がとれます。

年金支給開始年齢や定年退職年齢とともに70歳と段階を踏むかもしれません。

これが実現できれば、一瞬にして高齢者と定義される人口が一気に減ることになり、超高齢化社会といった言葉が鈍化するとともに現役世代が増えることになります。実際、昔とは違って65歳はまだまだ元気です。

ただ、年金支給開始年齢の引き上げは勿論、定年退職年齢の引き上げも仕事から離れたアーリーリタイア組には痛い話です。

資産の再分配

それでも、70歳まで働けない人や働いても年金額が少ない人は増え続けるため生活保護受給者も増え続けると考えられます。

そこで目をつけられるのが個人の金融資産(1500兆円)です。

これをターゲットにした政策は相続税率のアップだけではすみません。

生活保護の受給を申請した場合、現在は3親等以内の親族に生活を援助できないかの確認文書が届けられます。

3親等というと配偶者の兄弟・姉妹に留まらず甥や姪にまで及びます。

現在は、例え援助できるだけの所得や資産があったとしても自分たちの生活で手いっぱいだからといったような理由で断れることもあるようですが、将来はチェックが非常に厳しくなると思われます。

現在でも扶養できない証明として、源泉徴収票を添えるように求められる場合もあるようですが、将来は、マイナンバー制度も充実しているでしょうから誤魔化しも非常に難しくなります。

援助できるのに援助を拒否する場合は、場合によっては、ペナルティを課す法律もできるかもしれません。

要は所得や資産の強制的な再分配です。

富(所得や資産)の再分配なくして日本の未来は語れないかもしれません。

所得が多かったり資産を持っている人にはそれを望まない人も多いと思いますが、日本の将来という大局で考えれば悪くない政策かもしれません。

おふたり様マッチングシステム

貧困率が高いのは、高齢男性・高齢女性ともに単独世帯(一人暮らし)です。

今後は益々一人暮らしの高齢者の貧困が大きな問題となってくると思われます。

そこで登場するのが民間の高齢者専用のマッチングサービスです。

今でいう結婚相談所のようなものです。

今でもシニア層の婚活が活発化しているようですが、今後はサービスに乗り出す民間企業も(場合によっては国も)増えてくると思います。

貧困層の人が裕福な人と一緒になるパターンでは貧困層の人が救われ、貧困層の人達同志が一緒になれば双方が救われる可能性も出てきます。

勿論、それによって相続の問題をはじめ様々な問題や事件も出てきますし、社会保障(年金制度)の法整備も求められますが、極貧の生活をするよりマシ、死ぬよりマシということになるのではないでしょうか。

特に、親族に迷惑をかけるのを嫌い生活保護を申請することを諦めている人には希望のあるシステムだと思います。

高齢者の引っ越し費用全額負担

生活費の中で最も高いウェイトを占めるのが家賃です。

10万円の年金で家賃が7万円といったこともザラにあるようです。

家賃負担を楽にしようと家賃4万円の住居に引っ越ししたくてもお金が無くて引っ越せないジレンマを持つご高齢者も多いとききます。

引っ越し費用の負担もそうですが、こういった何かのちょっとしたキッカケで生活が改善できる人達を支援するといったものはすぐにできないものでしょうか。

引っ越した後の浮いたお金で費用を回収するといった民間企業やNPO法人に既にあってもよさそうですが。

まぁいずれにしても簡単なものではないですね。

これらの他にも人口減少を外国人やロボットで穴埋めしようという策もあると思いますが、これについてはまたの機会に妄想してみようと思います。

介護や医療、社会福祉の問題など課題は山積してますが今後の政府の政策に期待しつつ個人でも今後に備えたリスク管理はできる限りやっていこうと思います。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

同窓会でわかった親友の死亡

先日、10年ぶりくらいに中学3年生の時の同窓会がありました。 友人から一緒に行こうと誘われまし

記事を読む

アーリーリタイア10月末の総資産の棚卸結果

2ヶ月に1度、年に6回、全財産(資産)の棚卸をしています。 家計簿でざっくりした記録も一応とっ

記事を読む

ガラケーから月額3,800円のiphoneへ切り替え

年始にガラケーからスマホ(iphone5c)に切り替えたものの実際に月額費用が3,800円なのか少々

記事を読む

マイナス金利で資産暴落!

マイナス金利。 1月29日、株価が乱高下している最中、Yahooニュースで日銀がマイナス金利の

記事を読む

駐車場の抽選。ハズレればマンションから追い出されます。

私が住んでいるマンションでは3年に1度、マンション敷地内の駐車場の抽選会(改選)があります。

記事を読む

1日1食生活(4ヶ月が経過)

こんにちは有栗です。 早いもので1日1食生活を実践して4ヶ月が経ちました。 1日1食とい

記事を読む

東芝のリストラで思い出す私自身のリストラ物語

先日、東芝が7800人の人員削減リストラ策を発表しました。 リストラがニュースになると、決まっ

記事を読む

銀行担当者の対応が惜しい

資産運用分のほとんど全てを解約し、普通預金残高が増えたため、また新しい年度になったためか銀行からの営

記事を読む

アーリーリタイア生活、2017年の資産減少額

こんにちは有栗です。 今年はアーリーリタイアをして5年目を迎えま

キャリアのスマホ月額料金も格安スマホ並みに!

新年、おめでとうございます。 2018年がスタートしました。

ブラック企業を辞めることを思い留まる理由

今年もまた幸せな1年を過ごすことができました。 唯一気が

人生100年時代になるとリタイア組は破綻!

こんにちは、有栗です。 もうすぐ今年も終わります。本当に1年が早

環境が性格を変える?それとももともとの性格?

こんにちは。有栗です。 今年も残すところ10日ほどとなりました。

PAGE TOP ↑