最低いくらで生活できるのか、ときどき考えてはみるんですが。

公開日: : セミリタイア生活, 節約

最低いくらで生活できるか

リタイヤ生活をしている方のブログを拝見すると(といっても他人様のブログを覗くのは月に1回程度と非常に少ないのですが)、月に10万円程度で生活しているといった方をときどき見受けます。

中にはもっと少ない額で生活している方もいらっしゃるようです。

私も一応、エクセルで生涯のお金の推移をシミュレーションしているのですが、そこには、通常パターンと節約パターン、そして最低の生活パターン(ネーミングが悪いですが)というのを盛り込んでいます。

リタイヤしてから現在までは、通常パターンでの生活を続けていますが、インフレや予期せぬ出費等があった場合は節約パターンへ、それ以上の予期せぬ事態に陥った場合は最低の生活パターンへとシフトしていく予定です。

ときどき固定概念を外して自由な発想で最低の生活パターンというものを考え直してはみるものの、なかなか生活費を落すのは大変で、とても10万円前後といった数字までは落とせません。

しかし、頑張れば生活費はここまで落せる、あるいはこういうやり方をすれば生活費はここまで切り詰められるということが発見できれば、リタイヤ組には大きな安心材料になります。

最低の生活パターン

以下に記載する最低の生活パターンは、将来訪れる老後(私が65歳以上)の夫婦二人の生活で考えて(シミュレーションして)います。

よほどのことがない限り、およそ10年後の65歳までは今の生活、または節約モードの生活が維持できると考えています。

今から切り詰めた生活をして預貯金を減らさないという選択もできますが、やはり人生を楽しむという要素も重要で、それくらいの年齢までは限られた範囲の中でできる限り豊かな生活をしていきたいと考えています。

車を保有しないという選択

我が家の場合、車をどうするかで家計が大きく変わってきます。

現在最も家計に負担を与えているのが(いいかえれば工夫次第で最も節約できるのが)夫婦別々に保有する車です。

夫婦で別々に車を保有する場合は、駐車場代、ガソリン代、保険代、税金、点検代、維持費等で月額7万円ほど。妻の車の分を差し引いた自分の車だけでも月額4.5万円ほどかかっています。

さらに、車の購入費を合せて考えれば、夫婦二人で合計500万円の車を購入したとすると7年償却で実に月額13万円ほどがかかっている計算になります。

300万円の車を1台保有とした場合も同様に月額8万円かかってしまいます。

最低の生活のシミュレーションでは、軽自動車に買い替えるのもいいのですが、何せマンションの駐車場代が最低でも1万円、場所によっては2万円以上かかりますので、車を保有しないパターンを考えています。

市街地に住んでいるので生活上特に不便はなく、どうしてもという場合はカーシェアリングやレンタカーを利用するというやり方です。

私たちの場合は車を購入して維持するよりかなり安くつきます。

若者の車離れや年金問題もあるので10年後20年後には案外そんな生活スタイルが流行っているかもしれません。

固定費・準固定費・税金など

最低の生活における我が家の月額固定費は、マンションの維持管理費、固定資産税、NHK、生命保険代などの合計でざっくり6.5万円を予定しています。

準固定費に分類している水道光熱費(電気・ガス・水道)、携帯電話(格安スマホへシフト)が月額合計でざっくり3万円。固定電話は解約済み。

さらに、年金生活時の税金(所得税、国民健康保険料(介護保険料)や住民税)など月額合計でざっくり3.5万円。

夫婦2人暮らしで合計13万円を予定しています。

変動費

変動費としては、食費、日用品、医療費、衣服費、遊行費、雑費など。

食費は切り詰めようと思えばとことん抑えることができると思いますが、やはり生きている上では多少は楽しみたいので5万円程度でどうにかできないか、また、日用品、医療費、衣服費、遊行費(車のレンタル料金を含む)、雑費なども5万円で抑えることができないかといった希望を込めて月額合計10万円でシミュレーションしています。

固定費と税金、変動費を合せて月額23万円。電化製品などの買い替えやマンションの維持メンテなどの予備に年間25万円ほどプラスして年間約300万円。

これで抑えられれば貯蓄をあまり崩さずにどうにか夫婦の年金収入だけでやっていけそうです。

マンションを売却して賃貸に住むという選択

それでも生活が難しいようでがあれば、あまり考えたくはありませんが、マンションを売却するか賃貸に回してその収入分を下回る賃貸物件に移り住もうと考えています。その前に安い中古物件にシフトするという考えもあります。

売却すればマンションの管理費や積立金、固定資産税などからも解放されます。

以上は、現在考えることができる「現実的な最低の生活」ですが、実際、そういう生活を強いられることになる場合は、変動費はまだまだ下げる余地があると思います。

物価の安い国に一定年数移り住むという選択肢もなくはないですが、治安や食べ物などの問題から選択しから除外しています。

自分独りならともかく妻も一緒に生活していますので、このような必至で切り詰めて生活しなければならない状態に陥らないようリタイヤ生活を満喫しながらも今できることを精一杯していこうと考えています。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

2年前に解約した携帯のメアドをまた使用することはできるか?

ガラケーからスマホに変更して今月で丁度2年が経過しました。 ・ガラケーからスマホへの乗り換え

記事を読む

おすすめスポット「随求堂(ずいぐどう)胎内めぐり」

今年も京都に初詣に行ってきました。 京都への初詣は、39歳に脱サラをした時からの我が家の恒例行

記事を読む

アフィリエイトで節約生活

リタイア後に趣味で始めたアフィリエイト収入が少しづつ増えてきています。 今、私がやっているアフ

記事を読む

取材の申し込みに返信せず申し訳ありませんでした。

先日、といっても10月の後半になりますが、ビッグトゥモロウという月刊誌の記者から取材の要請メールが届

記事を読む

過酷な労働でも働き続けなければならない理由

長年、年賀状のやり取りだけになっていた知人と久しぶりに東京で会うことに。 彼はいわゆる一流大学

記事を読む

3日間眠れなかった憂鬱な日々

以前、何かの雑誌で読んだ、ご高齢者へのアンケートの中で 「これまでにやっておけばよかったこと」

記事を読む

朝起きてから寝るまで独り。老後の不安「孤独」

経済的な面や健康面が不安視されている老後の生活ですが、健康面、経済面に問題がなくても「孤独」という不

記事を読む

1日1食生活、健康診断の結果

休日(土日祝)は普通に食べて、それ以外は1日1食というやや変則的な食生活ですが、今年のゴールデンウィ

記事を読む

1時間座ると寿命が22分縮むって本当?

座る時間が長い人はそうでない人より寿命が大幅に短くなるというデータがあ

アーリーリタイア生活、2017年の資産減少額

こんにちは有栗です。 今年はアーリーリタイアをして5年目を迎えま

キャリアのスマホ月額料金も格安スマホ並みに!

新年、おめでとうございます。 2018年がスタートしました。

ブラック企業を辞めることを思い留まる理由

今年もまた幸せな1年を過ごすことができました。 唯一気が

人生100年時代になるとリタイア組は破綻!

こんにちは、有栗です。 もうすぐ今年も終わります。本当に1年が早

PAGE TOP ↑