2017年8月末の資産の状況

2017年8月末の資産の状況

毎月末になると、銀行に通帳記帳をしに出かけ、預金残高と手持ちの現金、それとクレジット支払の債務状況を確認し、資産の棚卸を行います。

あまり無駄遣いをしないようにとチェックする意味で1週間単位くらいで家計簿的なものもつけてますが、資産の増減を把握することはリタイア生活においてはもっと重要です。

リタイアする時に予めシミュレーションしていた資産の増減値との差額を確認しては、少し生活を切り詰めたり、あるいは、ほんの少し私や妻のお小遣いを増やしたりして調整しています。

7月末はバタバタして資産の棚卸をサボっていましたが、8月末は、せっせと記帳に出向きパソコンのエクセルと睨めっこして6月末からの推移を確認しました。

結果は、およそマイナス90万円

妻のパート収入と私のアフィリエイト収入の合計が20万円ほどあるにも関わらず、2ヶ月で約90万円のマイナス(実質110万円のナイナス)というのはリタイア組としては出費が多すぎるように思いますが、実はこれにはちゃんとした理由(2つの大きな出費)がありました。

その一つが、洗濯機の買い替え20万円とフットマッサージ器3万円の購入で、もう一つが個人事業税15万円(2回分割の1回目)の支払いです。

リタイア組には痛い家電の故障

これらは予想外の急な出費という訳ではなく、洗濯機は、耐用年数から予め予想していた電化製品の買い替えに伴う出費で、フットマッサージャーは6月末の資産状況が予定より良かったことに伴うご褒美的出費です。

個人事業税は、290万円以上の所得があると条件次第でかかってくる税金です。県によってマチマチだと聞きますが、長崎県は、アフィリエイトは広告業として第一種事業(5%)として納税しなければならないようです。昨年は収入が多かったので予め納税額を計算してメンテしていました。

※税金(納税額)については、前年の収入で大きく変わってきますのでエクセルのシミュレーションも随時メンテしています。

そういう意味では、今回の資産残高はほぼ予定通りでした。

今は計画通り推移していますのでそうでもありませんが、今後もずっと減少しつづけると段々と不安になってくるかもしれません。

インフレや年金・社会保障など予期せぬ事態に備えて無理のない範囲で収入も確保していきたいと考えています。


セミリタイア生活