BMWのサービスキャンペーンを受けてきました

BMWのサービスキャンペーンを受けてきました

先日、「サービスキャンペーン(無償修理)のご案内」というDMが届き、車にも同様の連絡が配信されてきましたのでディーラーに行ってきました。

サービスキャンペーン

スターターモーターのピニオンギアを固定するサークリップの耐久力が低いため対策品に交換するというものでしたが、店舗に行くと、ETCのプログラムにも不具合があり、ゲートが開かない可能性があるとの事なのでそれも対応してもらうことにしました。

ETCのプログラム入れ替えもサービスキャンペーンを実施しているとのことです。

※サービスキャンペーンとは、リコール届出や改善対策届出に該当しないような不具合で、商品性・品質の改善措置を行うもの、だそうです。勿論、無料ですが、不具合なのにサービスキャンペーンというのはちょっと違和感がありますね。

部品を取り寄せて交換ということで作業は2日ほどかかるとのこと。

日時を決めて早速車を持ち込みました。

翌日、車を取りに伺おうと思ったところ、その前にディーラーから電話があり、またしても給油口の開閉を管理する圧力温度センサーに不具合があるとのこと。

参考記事

こんにちは有栗です。今回は久しぶりに車(BMW)ネタです。実は、当ブログを読んで頂いている方から最も多く頂くのが車に関する問い合わせです。特に「レクサスとBMWはどちらがおすすめか?」と[…]

BMW330eのレビュー・評価

センサーも交換ということになり、結果、3日目の夕方に車を取りに伺うことになりました。

PHEV車である330eは、電気中心に走り、ガソリンを長期間入れない人もいるため、給油時は危険防止のためにタンク内からガスを抜く為のスイッチを押す必要があります。つまり、給油口の開閉に関する不具合はPHEV車ならではの不具合ということですね。

3日目の夕方に店舗に着くと、作業はあと1時間ほどかかるとのこと。

担当の営業マンも外出中だっので、時間つぶしにZ4の試乗を進めらましたが生憎の雨。

やはりZ4に乗るならオープンカーを体験したいと思い、また今度試乗することに。

それにしても今度のZ4カッコイイですね。残念ながらマンションの立駐には入りませんが。

BMW Z4

仕方なく初めて見る受付のお姉さんと絡むことに。

仕事の話をしていると、”ブラック企業から転職してきたんです”と。

聞けば私が前に勤めていた(といってももう20年近く前ですが)会社からの転職です。

新卒で2年頑張ったらしいのですが、過酷な労働に耐えきらずに辞めたと言ってました。

経営不振だった会社も私(たち)が辞めてV字回復しましたが、色んなものを犠牲にしてのV字回復だったことがわかりました。

そんな話で盛り上がっていると、作業が完了。

・スターター交換
・ETCミラープログラミング 改善
・圧力温度センサー交換

の3つの対応に、併せて

・ブレーキフルードの交換

もしておいた旨、報告がありました。

粗品を頂いて、洗車もしてある愛車に気持ちよく乗り込むと、座席の設定が変。せっかく設定しておいたプログラマブル・ボタンのラジオやCD、ナビの設定もリセットされていました。

このあたりは、プログラムの変更上仕方がなかったのかなあと大目に見ることはできましたが、ガソリンが満タンから4分の1近く減っていたのには違和感を感じました。

にしても走行距離は、預けた時とさほど変わっていません。

家に帰って作業報告書を確認すると、「燃料の排出及び注入作業」というものがあります。

なるほど、そういえば、給油口の開閉を管理するプログラムは、ガソリンが満タンの状態ではリセットができないということを思い出しました。

そのため、20ℓほどガソリンの出し入れをし、その際、揮発したんだろうと。

それはそれで、仕方のないことですね。

私も今回の代車であるBMW320iのガソリンはお言葉に甘えて満タン返しはしてませんし。

そんな感じで無事、BMWのサービスキャンペーンが終了しました。


セミリタイア生活