世帯平均貯蓄額 1800万円のカラクリ

公開日:: 資産運用

こんにちは。

先日、イニシエーション・ラブ(本)を読んでまんまと騙された有栗です。

世帯貯蓄額の平均

さて、表題の件、金融広報中央委員会が行った「家計の金融行動に関する世論調査2014年」によれば、1世帯(2人以上)あたりの貯蓄額の平均は、1,753万円だそうです。

総務省統計局発表の2014年家計調査報告の結果でも、1世帯(2人以上)あたりの貯蓄額の平均は、1,798万円と発表されていますので1,800万円弱という貯蓄額はほぼ正確な数値とみていいと思います。

貯蓄額の定義ですが、資産額とは異なります。

貯蓄額とは、銀行預金や定期預金、生命保険や株、投資信託などの有価証券などの金融資産の合計額で、土地や建物などの資産は含まれません。

多いと思いませんか?

まあ、このサイトに訪れる方はアーリーリタイアされてる方、また検討されている方も少なくないと思いますのでそれなりの貯蓄額がある方も多いと思うのですが、私の場合、あのままずっとサラリーマンを続けていたら、とても貯蓄できている金額ではないと思います。

そこで、ちょっと気になって調べてみました。

よく見てみると、これにはいくつかカラクリがあるようです。

世帯貯蓄額のカラクリには騙されないようにしましょう。

金融資産がある人だけが平均値算出の対象?

金融広報中央委員会が行った「家計の金融行動に関する世論調査2014年」によれば、貯蓄額の平均1,753万円は、金融資産を保有する人のみで算出した平均値で、金融資産を保有しない人(貯蓄が無い人)30.4%を入れると、貯蓄額の平均は、1,182万円とされています。

つまり、貯蓄額の平均1,753万円は、金融資産を保有しない人(貯蓄が無い人)30.4%は計算に入れていないということです。

資料からは読み取れませんでしたが、総務省統計局発表の2014年家計調査報告による貯蓄平均額も1,798万円ですので金融資産を保有する人のみで算出した平均値だと推測します(?)

負債は別にあります

一方で、負債(借入金)の状況も調査報告があります。

負債とは、主に土地・建物や車などのローンのことです。簡単に言えばお金を借りている状態ですので、貯蓄額から差し引かなければしっくりきません。

負債(借入金)のない世帯も含む全世帯での1世帯(2人以上)あたりの負債額の平均は、519万円となっています。

負債(借入金)のある世帯のみの借入金の平均額は1,338万円となっています。

では、貯蓄額の平均から負債額の平均を差し引くとどうなるかというと、
平均では、貯蓄額の1,182万円 ー 負債額519万円 = 663万円となります。

凄く減って、身近な数値となってきたと思いますが、これは、あくまでも平均値です。

総務省統計局発表の2014年家計調査報告の結果によれば、40歳から49歳までの平均では、負債額が貯蓄額を上回っているのに対して、60歳から69歳までの平均では、貯蓄額が負債を大きく上回っています。

年代が上がるにつれて、貯蓄の額は増加し、負債の額は減少しています。

世帯平均貯蓄額のカラクリ

負債額が隠れている

例えば30代で3,500万円の家を購入するという一般的なモデルケースで考えてみると、1,000万円の貯蓄から500万円の頭金を支払って残りの3,000万円をローン(負債)に組むといったことが考えられますが、世帯平均貯蓄額の計算には手元に残った500万円しか反映されていません。

でも実態は500万円の貯蓄があっても3,000万円の負債が残っている状態です。

勿論購入した家は資産となりますので、完全な引き算で考えるのもおかしな話ですが、上記のモデルケースのような例と自分とを比較するとなると計算に入れなければしっくりこないのも事実です。

あくまでも平均値

貯蓄額の平均1,182万円はあくまでも平均値です。

10人のうち、100万円貯蓄している人が9人いても1人が1億円貯蓄していれば、10人の貯蓄平均額は1,000万を超えてしまいます。

貯蓄額の平均額もここまで極端ではなくても多額の貯蓄を持っている人で平均値が引き上げられている傾向があるようです。

このような平均値の欠点を補うために中央値という概念が取り入れられています。中央値とは、調査対象世帯を保有額の少ない順または多い順に並べたとき、中位に位置する世帯の金融資産保有額のことです。

金融広報中央委員会が行った調査によれば、全体の中央値は400万円という1,182万円とはかけ離れた結果が出ています。

これは50代の中央値平均とほぼ同じです。

50歳前後の人(世帯)で400万円前後の貯蓄があれば人並みということが言えると思います(負債は考慮しない場合)。

どうでしょうか。随分と身近な数字になってきたのではないでしょうか。

2人以上の世帯に限定

調査は2人以上の世帯に限定されています。つまり一人暮らしの貯蓄額(負債額)は計算に入っていません。

同じく金融広報中央委員会が行った2014年の単身世帯調査によれば、一人暮らし全体の平均貯蓄額は774万円、金融資産を保有しない人(貯蓄が無い人)が38.9%とされています。そして、中央値は75万円とされています。

一方、負債(借入金)のない世帯も含む全世帯での負債額の平均は、93万円となっています。

つまり、独り暮らしの人(世帯)は、2人以上の世帯と比較すると平均貯蓄額も中央値も、また負債額も低く、全体の世帯の平均値を下げてしまいますので、全世帯の貯蓄平均額はさらに下がってしまいます。

比較の対象は?

このように平均貯蓄額1,800万円という調査結果は色々な条件や前提のもと算出されたものであり、いきなり、自分(世帯)と比較する数値としては不適切なことがわかります。

余計な不安を抱かないためにも、できるだけ自分に近い環境の人と比較することが大切だと思います。

※参考
・金融広報中央委員会の
「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)平成26年調査結果」
「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査) 平成26年調査結果」
・総務省統計局発表の2014年家計調査報告(貯蓄・負債編)

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

リタイア後の株式投資は配当金目的

株価暴落!1日で50万円の資産が減りました。アーリーリタイア組には痛い!

中国経済への不安からNYダウが大幅に下落し、その連鎖で今日は日経平均も大幅に下落しました。 2

記事を読む

銀行っていやらしくてしつこいと思う今日この頃

今日は少し下がってますけど、最近、株価(日経平均)が上がってきました。 特にNYダウは恐ろ

記事を読む

銀行担当者の対応が惜しい

資産運用分のほとんど全てを解約し、普通預金残高が増えたため、また新しい年度になったためか銀行からの営

記事を読む

セミリタイア生活で不動産経営(投資)をしない3つの理由

こんにちは有栗です。 友人に会うと、ときどき「不動産経営はしないのか」という話になります。

記事を読む

個人向け国債(変動10年)を購入

ときどき銀行から電話があります。先週もかかってきました。 「○○さまですか?△△円のご預金があ

記事を読む

55歳、いくら資金があればアーリーリタイアできるか

50歳でリタイアして今年の6月で5年が過ぎ、そろそろ56歳になります。 実は、先日、「

記事を読む

将来のためのリスク管理

こんにちは、有栗です。 早いものでアーリーリタイアに踏み切って2年ちょっとが経ちました。

記事を読む

為替が絡む商品を全て解約して個人年金保険に加入

円高・株安が進む中で今年に入って殆どの資産運用商品を解約したことは以前のブログでも書いた通りです。

記事を読む

無責任な投資の勧めはやめて頂きたい

最近は、投資信託などの積極的な資産運用は控えています。

ブログ村の新着記事に反映されない事象

当サイトは、「にほんブログ村」というブログランキングサイト

子供の存在が老後のリスクに

お金、健康、孤立は老後の三大リスクと言われていますが、近年

はとバスツアーで日光東照宮の旅

久しぶりに紅葉でも見ながらのんびりしたいと思い、先週末から

ブログの表示速度をアップ。作業効率を上げるのも節約の一つ

久しぶりにこのブログを管理しているレンタルサーバーを変更し

PAGE TOP ↑