駐車場の抽選。ハズレればマンションから追い出されます。

私が住んでいるマンションでは3年に1度、マンション敷地内の駐車場の抽選会(改選)があります。

車の置き場や駐車料金が大きく変わるとあって少し神経質になる時期です。

あっという間に3年が経ち、今年はその抽選の年。

先日、その抽選会がありました。

正確な数字ではありませんが、今年はマンション敷地内の「50台」の駐車スペースに対して「52台」の応募がありました。

マンションに住み始めた当初は、駐車スペースにも余裕がありましたが、子供が成長して車を保有するようになったり、1家庭で2台保有するところが出てきたりで、今年は初めて車の台数が駐車スペースの数を上回りました。

我が家も2台保有する家庭の一つです。

ちなみに50台の駐車スペースの内訳と料金は
・立体駐車場30台(1万円)
・平置き駐車場20台(2万円)
です。

駐車場の抽選

まずは、抽選に入る前に1台目を優先して希望を聞きスペースを割り当てます。

1家庭に2台保有している家庭が2台とも希望の駐車スペースを確保できて、1台しか保有していない家庭が希望の駐車スペースを確保できないといった不公平感をなくすためです。

そして、1台目を割り当てた後に残ったスペースを1家庭で2台保有している人で抽選するという仕組みです。

これにより、1代目は殆どの家庭が希望通りの駐車スペースを確保できます。

我が家も1代目は希望の立体駐車場のスペースを確保できました。

問題はここからです。

1台目の割り当てが終了した時点で残った駐車スペースが「9」。これに対して応募する台数が「11」です。

そして、駐車スペース9台の内訳は、
・立体駐車場が5台(1万円)
・平置き駐車場が4台(2万円)
です。

つまり、我が家の2台目は
・11分の5の確率で希望している立体駐車場
・11分の4の確率で料金が1万円も高くなる平置き駐車場
・そして11分の2の確率でマンションの駐車場から追い出されてしまいます。

平置きが当たると年間12万円(×3年)の負担増になりますし、マンションの駐車場から追い出されると近隣の駐車場を探して借りる必要があり、不便になる上にさらに高い料金を支払わなければなりません。

リタイヤしている身には非常に痛い出費です。

そして、いよいよ抽選の日がきました。

抽選する11人がマンションの会議室に集まり、まずはくじを引く順番を決めます。我が家は3番目に引くことが決まり、3番目を待ちます。

くじには1から9までの番号と番号が振ってないくじが2つあり、1の番号を引いた人から順番に希望の駐車スペースを選ぶことができます。番号が無いくじを引いた場合は、マンションの駐車スペースには止められなくなります。

くじの番号札

順番(3番目)が来たので、くじを引きに!

手にしたくじの番号は、「

つまり、1番から4番までの人が全て立体駐車場を選んでも、ぎりぎり立体駐車場が確保できる番号です。

実際、前の4人は全員が立体駐車場を選択。

やはり出し入れに多少時間がかかるとはいえ、価格も安い上に雨風しのげて盗難のリスクも少ない立体駐車場が人気です。

これで3年間は2台とも立体駐車場に停めることができます。

これまで立体駐車場に停めていた人で平置き駐車場に移動せざるを得なくなった人も近隣の駐車場を探さなければならなくなった人もいました。

そういう人達には申し訳ない気もしますが一安心です。


セミリタイア生活