我流1日1食生活。今年の総括!

今年の5月、ゴールデンウィーク開けから始めた1日1食生活。

かれこれ7ヶ月以上経ちました。

開始してすぐに修正を加え、休日(土日祝)は普通に食べて、それ以外は1日1食というやや変則的な食生活に変更しましたが、当初の
・体重減少
・メタボ改善
には成功しています。

ゴールデンウィーク明けに69.5kgあった体重は、63.5kg~64.5kgで推移。

およそ5.5kgの減量に成功しました。

というか、実際は、殆ど苦痛を伴っていませんし努力という努力をしていませんので、成功!というほどのことではありません。

活動量が多い休日も1日1食にすれば体重はもう2~3kgは減っていく感じでしたがすぐに空腹感で集中力が無くなりましたので、途中から休日は普通に食べることにしました。

無理はしません。

今考えれば、これが継続できた最大の要因だったと思います。

おかげでメタボ体系もかなり改善され、きつかったジーパンも腹回りにゆとりができ、お腹がポッコリという感じも無くなりました。

ちょっとゆったりしていた洋服も少しブカブカと大きく感じるようになったところをみると身体全体が少し細くなったのかもしれません。

鉄アレイでも想像してもわかるように5kgというのは結構な重さです。

結構な贅肉が落ちたんだと実感します。

で、現在の朝食と昼食は以下の通り。夜は普通に腹八分ほど食べています。

朝食

ココア約100ccとヨーグルト75g、黒豆を少々(10g)

1日1食の朝食

昼食

リンゴとバナナと人参のジュース約150cc、黒豆を少々(10g)

1日1食の昼食

最近は、タンパク質不足を懸念し、さらに修正を加え、夜寝る前に大豆プロテインを少々(約10g)水に混ぜて飲むようにしています。

朝食や昼食に豆(大豆)をとったりプロテインもホエイでなく大豆にしているのは、大豆には善玉(HDL)コレステロールを増やして悪玉(LDL)コレステロールを減らす働きがあるという記事を目にしたことがあるためです。

健康診断ではいつもこの2つの数値でひっかかりますので。

そいういえば、10月の健康診断では中性脂肪が170から107に激減し、基準値内におさまっていました。

また、大豆に含まれているイソフラボンは男性特有の薄毛の改善にも効果があるといわれています。最近は髪の毛も段々と薄くなってきているようですので一石二鳥です。

ただ、イソフラボンの過剰摂取はよくないらしく、上限値の目安として70~75mgとされています。

日頃摂取している大豆30~40gには30mg前後の、また、大豆プロテイン10gには10mgのイソフラボンが含まれているようです。

イソフラボンの過剰摂取はよくないことは知っていたものの上限値を知ったのは最近です。食事と合せると結構上限値に近くなりますので気をつけて摂取するようにしようと思います。


セミリタイア生活