円安が進みそうなのでドル売りを延期

円安が進みそうなのでドル売りを延期

こんにちは有栗です。

円安が進行してますね。

前回ブログを書いた4月1日は、1ドル122円ほどだったのですが、2週間も経たないうちに、また1ドル126円台となりました。

前回も書きましたが、実は2019年の6月、1ドル108円弱くらいの時にインフレ対策として米ドル建ての積立利率変動型一時払終身保険(サニーガーデンEX)を1,000万円分購入してました。

92,661ドル分です。

関連記事

こんにちは有栗です。 米国の利下げ観測が台頭してから円高が進んでいますね。 米国株(NYダウ)も連日上がっています。年内に3万ドルもあるかもしれません。 今回は、日頃気になっているイン[…]

アーリーリタイア後のインフレに備えて米ドルを購入:サニーガーデンEX

サニーガーデンEX

上の紙面上の数字は、昨年2021年の6月時点の運用状況です。

購入して2年後の2021年の6月当時は、1ドル110円ちょっとくらいだったようですが、それでも解約した場合は92,839.96ドルで、264,385円のプラスだったようです。

円安が進みそうなのでドル売りを延期

今年は3月から予想外の円安になったので、資料をみて計算したところ、1ドル126円の場合、解約控除率や市場価格調整率を考慮しても150万円くらいは利益がでることがわかりました。

2年半で15%ですからなかなかのパフォーマンスです。

なので、1ドル122円だった前回のブログでは、日銀の黒田総裁ばりに「今度125円を超えてきたときは躊躇なく解約しようと思う」と書いたのですが、ちょっと躊躇しています。

というのも、一つは、6月になると金利2.2%と解約控除率分1%分のおよそ37万円がプラスされるためです。

つまり、6月の時点で今より3円以上円高にならなければ6月以降の解約の方がお得です。

もう一つは、米国との金利差や日本の経済のことを考えると、セオリー通りにいけば当分は円安が続くと思われるからです。そしてさらなる円安も期待できます。

という訳で、もう少しの間、ドル売りを延期することにしました。

といっても円安になるとさらにインフレになりますから喜んでもいられません。

原油価格もなかなか下がりませんし。

今回、もし利益が出たとしてもあくまでもインフレ用に充当するだけですし、さらにインフレ対策を考える必要もあります。

⇒ セミリタイア生活

関連記事

こんにちは有栗です。 今日から新年度ですね。 春ですね~と言いたいところですが、 コロナ禍で落ち込んだ経済活動の正常化や原油価格の高騰、また気候変動や円安もあって原材料費や製造費、物流[…]

アーリーリタイア VS インフレ
関連記事

こんにちは有栗です。 今年も新型コロナ一色でしたね。 有栗家は、身近な人に感染者も出ませんでしたし、今年も何とか無事に終わりそうです。 さて、今日は今年最後の投稿になりそうなので、20[…]

2021年の資産の減少額!アーリーリタイア生活の総括!