交感神経が優位な体質の不眠症なのです

公開日:: セミリタイア生活, 健康

こんにちは、有栗です。

6月も今日で終わります。

早いもので、1年の半分が終わりますね。

先週から咳が止まらず、市販の咳止め薬を飲んでるせいか、いつになく常時眠気に襲われ体がダルい状態が続いてます。

実はこの状態、凄く好きなんですけどね。

以前どこかで受けた検査によると、(自覚もあるのですが)交感神経が優位な体質のようで、いつも神経がやや過敏な状態のようです。

夜になっても副交感神経はあまり作用せず、交感神経が働いたまま。

眠いと思って寝ることはまずありません。

ですので、放置していればほぼ不眠症です。

性格(体質)的なものもあると思いますが、おそらくプログラマーやSE時代が長くタバコを片手に貧乏ゆすりをしながらプログラムやシステムのことをずっと考えていた時代の癖のようなものが残っているためだと思います。

1年のうち1ヶ月以上は徹夜でしたからね。タバコも1日80本吸ってました。

長い年月で培われた体質はそう簡単に戻るはずもなく、リタイアした今でも平日は朝から外出することもなく日光を浴びないままパソコンに向かいますし、遅くまでパソコンやスマホを弄ったりテレビを見ていたりします。

このような生活では、メラトニンという眠りを誘う物質の分泌がされにくくなり不眠症に陥るのも無理はありません。朝から太陽の光を浴びたり軽く運動をするなどしたら少しは改善すると思うのですが。

最近は市販の漢方薬を試したり、睡眠改善薬(睡眠導入剤ではない)やサプリメントなどの力を借りてどうにか眠りにつけていますが、何の助けもなければ、おそらく3時4時までは寝れない日が多くなるのではないかと思います。

リタイアした今となっては、翌日会社という訳ではないため、無理して早く寝る必要はないのですが、眠たいという感覚は人並みに味わいたいです。

そういう体質ですから、咳止め薬や風邪薬などで、ボーっとしたり、眠気を催すことは実は大歓迎なのです。たまにいるようです。そういう人。

そういうものを服用している間は、夜も「眠たい」と思ってベッドに入ることができますし、実際、眠りも深くなるような気がします。

ただ、そのような感覚で眠りにつきたいがために、風邪が治ってもしばらくは風邪薬などを服用するといった誰が考えても体に良くないことをしてしまう場合もあります。

そんな訳で、今日も定例作業を早めに切り上げて少しボーっとした状態でダラダラとブログを更新しています。ついでにプロフィールも少し更新してみました。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

朝起きてから寝るまで独り。老後の不安「孤独」。アーリーリタイアも孤独に注意。

経済的な面や健康面が不安視されている老後の生活ですが、健康面、経済面に問題がなくても「孤独」という不

記事を読む

新型Eクラスは立体駐車場に入るか。

久しぶりの車ネタです。 車ネタの投稿はさほど多くはありませんがアクセス数は多いようですのでたま

記事を読む

アーリーリタイア後の趣味の選び方

アーリーリタイア後の生活を充実したものにするために、日常に趣味を取り入れることは、とても重要

記事を読む

日御碕神社へお礼参り。強いご利益がある「砂のお守り」もGET!

もう10年ほど前になりますが、島根県の出雲大社参拝の帰りに日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)という神社

記事を読む

個人向け国債(変動10年)を購入

ときどき銀行から電話があります。先週もかかってきました。 「○○さまですか?△△円のご預金があ

記事を読む

アフィリエイトの儲けは株価暴落に全てもっていかれました!

こんにちは、有栗です。 いやぁ、株の暴落、円高、凄かったですね。 やっと下げ止まった感は

記事を読む

アクセス数を伸ばすブログタイトルの決め方

ブログを開設するとアクセス数を伸ばすためにブログのランキングサイトなどに参加登録している人も多いと思

記事を読む

お酒が飲めなければサラリーマン偏差値は10下がる

私のコンプレックスの一つに「お酒が全く飲めない」ということがあります。 若い時は飲む練習をして

記事を読む

無責任な投資の勧めはやめて頂きたい

最近は、投資信託などの積極的な資産運用は控えています。

ブログ村の新着記事に反映されない事象

当サイトは、「にほんブログ村」というブログランキングサイト

子供の存在が老後のリスクに

お金、健康、孤立は老後の三大リスクと言われていますが、近年

はとバスツアーで日光東照宮の旅

久しぶりに紅葉でも見ながらのんびりしたいと思い、先週末から

ブログの表示速度をアップ。作業効率を上げるのも節約の一つ

久しぶりにこのブログを管理しているレンタルサーバーを変更し

PAGE TOP ↑