70代これまでにやっておけばよかったことベスト1は歯の定期検診?

歯の定期検診

今日は歯医者に通う日です。

歯が痛いとか、虫歯とかではなく、3ヶ月に1度の歯の定期検診です。

歯の定期検診

強制ではないのですが、面倒くさがりやの私としては、やや憂鬱です。

随分前に美容室かどこかで雑誌を読んでいたとき、70歳(だったか?)以上の人へのアンケートで「これまでにやっておけばよかったことベスト10」でNO.1が、「歯の定期検診」という記事を目にしました。

若い時は先のことまで気が回らず、歯のお手入れも適当ですが、自分の歯が少なくなってきてはじめて歯の大切さを痛感するんだと思います。

勿論、だからといって面倒くさがり屋の私がいきなり歯の定期検診を受けにいくほど積極的な行動をとるはずはありません。

いつだったか歯が痛くなって渋々歯医者に通ったのがキッカケでそれから定期的に検診に通うようになりました。

虫歯の治療が終わっても当たり前のように次回の定期検診の予約を促してきましたので誘導されるままです。

新たな虫歯ができていないか、歯周病が進行してないか、歯磨きがしっかりできているか、などのチェックをした後は、歯間ブラシで歯を磨いたり歯石を取ったり、最後は歯の状態をもとに歯磨きなどのアドバイスをしてくれます。

定期検診では、歯の隅々まで検査されますので、歯医者に行く前はこれでもか、というほど必死で歯を磨きます。

日頃は5分と磨きませんので、たまにでもそうやって必死で磨くことはいいことかもしれません。

1回の料金は保険適用で約3,000円!

リタイア組には決して安くない金額ですが、それ以来、歯の調子も悪くないので、かれこれ3年以上通っています。

消費税アップや、インフレなどの影響で家計が厳しくなったらこの「歯の定期検診」はリストラの第一候補です。


セミリタイア生活