老後資金が3000万円必要というのは絵に書いた餅

公開日: : セミリタイア生活, 資産運用

近年、ネットや書店の雑誌などに、よく
老後の資金として3,000万円必要
といった記事を見かけます。

この3,000万円という数字は、一般的に、退職後、年金だけでは不足する金額の合計額と考えられています。

でもこれっておかしな数字です。

インフレ目標を2%に設定しておきながら、今の物価水準で計算された金額です。

そもそもどの年代をターゲットに発信された金額かもわかりません。

この矛盾にみんな何となく気づいていると思うのですが、そこに切り込んで数字を出したものを見かけたことがないのは私だけでしょうか。

老後資金3,000万円の根拠

老後資金3,000万円の根拠は、およそ以下のようなモデルで算出されています。

(一般的なモデルケース)
・定年退職年齢:60歳
・年金支給開始年齢:65歳
・生活費:月額25万円
・年金収入:月額20万円
・平均寿命:85歳~90歳

・60歳から88歳までの生活費:25万円×336ヶ月=8,400万円

・65歳から88歳までの年金収入:20万円×276ヶ月=5,520万円

・不足分:2,880万円(8,400万円 - 5,520万円):およそ3,000万円

20年後の3,000万円は?

現在の年齢を40歳と仮定した場合、老後(20年後)の3,000万円はどれくらいの価値があるのでしょうか。

インフレ率を目標値の2%と仮定すると、ざっくりですが、物価は40%ほど上がり、生活費は単純計算で25万円から35万円になっています。

これに対して年金支給額はマクロスライド制で思うように上がりません。

むしろ物価の上昇うんぬんという前に年金額は下がってきます。

仮に年金支給額に変動がないとして上記のモデルケースにあてはめると、単純に生活費が10万円上がった分336ヶ月で新たに3,360万円、合計6,240万円不足することになります。

仮にインフレ率が1%でも同じく合計額は、4,560万円不足してきます。

さらにこの計算は、物価の上昇(インフレ)が60歳でストップした場合の計算です。インフレがそれ以降も続くのであればもっと悲惨な数字になります。

また、定年が65歳にシフトしても年金支給開始年齢は70歳にシフトしてきます。

寿命も伸びるでしょう。

このように、現在想定している必要な老後資金といったものは絵に書いた餅のように感じます。

アーリーリタイアするのに必要な資金は〇〇〇万円、といったことも同じです。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

青色申告による確定申告が終わった話

面倒くさい青色申告による確定申告が一応終わりました。 アーリーリタイアしてからは青色申告による

記事を読む

無職でもVISAプラチナカードが持てる裏ワザが(審査にも通るらしい)!

昨年後半からの円高と株安で今年の3月までに殆どの資産運用分を解約し、長年保有していた銀行株も売却しま

記事を読む

私はなぜアーリーリタイアをしたのか

早いものでリタイアしておよそ4年が経ちました。 将来に対する不安は少しばかりあるものの今の生活

記事を読む

プチ断食=「食費の節約」+「健康」+「ダイエット」

ゴールデンウィークも終わりました。 リタイアしている者にとってゴールデンウィークは特に大型連休

記事を読む

東芝の早期退職制度。退職金は5000万円?

不正会計が明らかになった東芝がリストラを行いました。 早期退職制度にのっとって全社で2000人

記事を読む

BMW新型5シリーズ試乗

レクサスGS450hからBMW330eに乗り換えて5ヶ月近く経ちます。 先日、ディーラーの営業

記事を読む

うつ病は必ず治ると思いますが。

先日、うつ病で入院していた彼(A)と連絡を取り合っていた男(B)が、私を含めた3人での食事会を設定し

記事を読む

電通社員の過労死事件、死ぬくらいなら辞めれば良かったのにと言うが。

電通の新入社員が過労で自殺したことが話題になっています。 普通であれば、死ぬくらいなら辞めれば

記事を読む

定年後も働きたいの割合が80%!

妻のパート先(以前、私が勤めていた会社の子会社)では、毎年のよ

軍隊と言われたブラック企業からやっと転職

ちょっと前の6月中旬頃になりますが、東京で働いている息子から転

リタイアしてるのに1食9000円は高くね?

これまでパートタイマーには支給されなかったボーナスが今年は支給

大金持ちになるには株しかない?

暑くなりました。 今日は朝から妻が美容院と歯医者に行くと

自分で髪切ったらミスってスキンヘッドに!

こんにちは有栗です。 久しぶりやってしまいました! いつも

PAGE TOP ↑