勢いで会社を辞めて後悔

公開日:: セミリタイア生活

先月末、シャープが日本国内の2万人弱の従業員に現金3000円を支給したことが話題になりました。

鴻海の傘下に入ったシャープ、一時はどうなることかと思いましたが、株価も連日年初来高値を更新し、今のところ順調に事が運んでいるようです。

希望退職に応募して退職した人の中には、こういう流れになるんだったら辞めなければ良かったと後悔している人も少なくないのではと推測します。

規模は違いますが、私が以前勤めていた会社でも、経営状態の悪化による希望退職者の募集に応募し、退職して後悔している人が少なからずいます。

もう16年ほど前の話になりますが、当時、存続が危ぶまれていた会社は150名の早期退職者を募集しました。

退職金の割増や、再就職支援のフォローなども用意されたことから200人が応募。150人という枠があったので、100人以上が前日から徹夜して受付の前に並んでいたのを思い出します。

私もその一人でした。

結局、200人以上の全ての人の退職が受け入れられ、それぞれが茨の道に。

200人の中には、満足のいく転職や脱サラを果たした人もいますが、それはほんの一握りです。殆どの人が大幅な年収のダウンや労働条件の悪化を甘んじて受け入れています。

中には、16年経った今でも定職につけなかったり、会社を転々としたり、脱サラ(事業)に失敗して行方がわからなくなったりという人もいます。

一方、会社はというと、それからV字回復。

ベースアップはもとより大幅なボーナスアップなど絶好調のようです。

当時辞めた人の何人かとは今でもときどき会話をしますが、現状があまり良くない人の中には辞めた会社のいい噂を聞くにつれ凄く後悔しているようです。

恥を忍んで「パートでもいいので再雇用はできないか」と退職した会社の人事部に問い合わせをした元課長もいますが、答えはNOだったとのこと。

16年経った今でも会社を転々とし、昨年就職した会社も続きませんでした。

また、鬱になって職に就けなくなっている人もいます。幸い奥さんが公務員なのでどうにか生活はできるようですが。

世の中、そう甘くはありません。むしろ厳しいです。

残念ながら、当たり前のように通勤して、当たり前のように給料を貰っているうちはなかなか外の厳しさはわからないものです。

多くの人が会社を辞めて初めて世の中の厳しさを痛感します。

アーリーリタイヤ組もそうですが、勢いで会社を辞めて後悔することのないよう、じっくりと考えて会社を辞めるかどうか決めたいものです。

参考:アーリーリタイアして後悔していること

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

時給が850円から4000円に跳ね上がったセミリタイア生活

こんにちは、有栗です。最近はめっきり寒くなってきましたね。 今日はアフィリエイトネタです。

記事を読む

55歳、いくら資金があればアーリーリタイアできるか

50歳でリタイアして今年の6月で5年が過ぎ、そろそろ56歳になります。 実は、先日、「

記事を読む

アーリーリタイア後は国民年金基金がオススメ

年金問題は皆んなの関心事ですが、特にアーリーリタイアした人にとっては非常に気になる問題の一つです。

記事を読む

アーリーリタイア後の生活は同世代のサラリーマン並みを目指す

こんにちは有栗です。 リタイアして2年ちょっとが経ち、ブログをはじめて1年ちょっとが経ちました

記事を読む

ふっこう割を利用して阿蘇かんぽの宿へ

気づいてみたら1ヶ月ぶりの投稿です。 九州の「ふっこう割」をご存知でしょうか。 熊本震災

記事を読む

都市銀行のリストラでざわつく地方銀行の行員

日銀によるマイナス金利政策による収益の悪化やこの先起こる人口減やAI(人口知能)の発達などで都市銀行

記事を読む

角島大橋までドライブ

インフルエンザの症状が治まったにも関わらず、ここ1ヶ月間ほど咳がなかなか止まらず、悶々とした

記事を読む

歯医者のサービスが人が変わって劣化!

先日、奥歯のかぶせものが外れたので仕方なく歯医者に通うことにしました。 3ヶ月に1度通っている

記事を読む

ブログ村の新着記事に反映されない事象

当サイトは、「にほんブログ村」というブログランキングサイト

子供の存在が老後のリスクに

お金、健康、孤立は老後の三大リスクと言われていますが、近年

はとバスツアーで日光東照宮の旅

久しぶりに紅葉でも見ながらのんびりしたいと思い、先週末から

ブログの表示速度をアップ。作業効率を上げるのも節約の一つ

久しぶりにこのブログを管理しているレンタルサーバーを変更し

BMW330e iperformanceのストレスのない走らせ方

久しぶりに愛車BMW330e iperformanceの記

PAGE TOP ↑