黒川温泉 帆山亭 かんあおい

先日、10年ぶりくらいに熊本県の黒川温泉に行って参りました。

最初は、インターネットで「のし湯」というお宿を予約しましたが、妻が電話で駐車場の確認をしたところ、電話に出た方の対応が今イチだったということで、宿を変更することに。

結局、「帆山亭」というお宿にお邪魔することにしました・・・。

ここ長崎からは高速を通って車で約3時間。

黒川温泉界隈で帆山亭という立札を見つけ、左に下っていくと駐車場に到着。

帆山亭の看板

お迎えの方と一緒に宿のフロントに向かいます。

帆山亭(フロント前)

本日泊まる部屋は、離れにある「かんあおい」という部屋。

帆山亭:かんあおい

玄関から和室に続いてますが、

かんあおい:玄関

和室を抜けると、川沿いの開放感のある洋室へと続きます。

かんあおい:奥の洋室

帆山亭:奥の洋室2

当初、和室だけだったお部屋に洋室を増築して特別室にしたと聞きました。

部屋には、内湯や露天風呂がついており、きれいな渓流がすぐ近くに眺められます。すぐ近くには、男女別の大露天風呂もあります。

かんあおい:露天風呂

かんあおいは、離れということもあり、周囲の騒音もなく静かで快適。

和室は殆ど使わず、終日洋室で過ごしました。

夕食は、本館に戻って個室で頂きます。

私たち夫婦にとってはちょっと量が多かったものの、前菜、お造り、熊本名物の馬刺し、焼き物の山女塩焼き、鍬焼の肥後牛と、どれもおいしかったのですが、特筆すべきは、演出にこだわっていること。見た目にも楽しませてくれました。

ちなみに、下の写真はお造りです。

帆山亭:夕食

鍬焼の肥後牛はこんな感じです。

帆山亭:肥後牛

グラタン(小国ジャージグラタン)も有名らしく、なかなかの味で、満腹でもおいしく食べることができました。

小国ジャージグラタン

部屋に戻り静かな夜を過ごし、

kanaoi3-4

翌朝、新鮮な野菜サラダや焼き魚などボリューム満点の朝食を楽しんだ後にチェックアウト。宿をあとにしました。

印象に残る宿となりました。

誰の言葉かわかりませんが、ときどき目にする言葉ですので写メ撮りました。

怒るは無知、泣くは修行、笑いは悟り


セミリタイア生活