マンションで気持ちよく挨拶するあの人が何者かがわかった出来事

マンションで気持ちよく挨拶するあの人が何者かがわかった出来事

こんにちは有栗です。

ここ2~3日、天気が良く少し暖かい日が続いているので今朝もウォーキングに出かけました。

いつも家を出るまでは億劫で乗り気じゃないのですが、外に出て日光に当たりながら少し冷たい風を感じたり周辺の音を聞くのは気分転換になります。

マスクを外すと周辺の空気の匂いも感じられてさらに気持ちよくなります。

日光・風・匂い・音、自律神経を整える「ゆらぎ」というやつですね。

さて、ウォーキングへの行き帰り時もそうですが、マンションの住人と会って挨拶を交わす機会が少なくありません。

でも、住人の中には、こちらから挨拶をしても返してこない人もいます。

例えば、エレベーターという密室で二人きりになったりした時、会釈して「おはようございます」と挨拶しても何も返ってこないとか。

男性で2人ほどそういう人がいますが、どういう神経をしてるんでしょうか。

100歩譲って口がきけなかったり耳が聞こえなかったりするのであれば、会釈でもしてくれれば少し違うんですけどね。

4~5回挨拶をしても無視されるとさすがに私も挨拶をしなくなります。

そして、お互いどこですれ違っても知らんぷりの状態になります。

妻はそれでも会ったら挨拶をしていると言ってますが。

マンションで気持ちよく挨拶するあの人が何者かがわかった出来事

一方で、会うとすぐに気持ちよく挨拶をしてくれる人もいます。

特に気持ちよく挨拶する人の中に、私と同じくらいか少し年上か、という感じの人がいます。

髪の毛が薄くて長身で少しやせ気味の人。

貫禄はなく、一見、おとなしそうな方ですが、私的には凄く品格を感じていて、マンションに入居した時から非常にいい印象を持っていました。

朝のウォーキング時もマンションに戻ってくるときに不規則な時間なのにその人とすれ違うことがあります。朝の7時頃だったり9時頃だったり。

あまりビシッとは決めていないスーツ姿で黒い鞄を持って徒歩で出勤しています。

仕事は何をされているんだろう、あっちの方角に歩いて出勤してるんだったら、銀行員の中間管理職かな、市役所で経理関係の仕事とか?出勤時間が不規則だから士業、もしかしたら税理士さんとか?なんて思っていました。

乗っている車も奥様と共有の国産の普通車ですし、身なりからしても高収入を得ているという感じではなさそうです(という偏見)。

でもその人が何者か、わかる日が来ました。

ある日、うちの妻が出勤している時に、駐車場でその人の奥さん(これまた上品な奥さんです)が突風に吹き飛ばされて、階段から転落した場面に遭遇しました。

10段くらい上にある踊り場から飛んできたらしい。

妻が駆け寄り「大丈夫ですか」と声をかけると「ここはどこ?私は何をしてるのかしら」状態。

「ご家族の方は部屋にいらっしゃいますか」と声をかけると「いいえ」と。

「ご主人に電話できますか?」というと、やっとの思いでスマホを取り出し、電話をかける操作までは無事にできたようですが、「あのね~買い物に行って…わからないの」と支離滅裂だったので、妻が「私が代わりましょうか」と。

スマホを受け取り、「かくかくしかじか。頭を打って記憶が曖昧な状態を伝えて救急車を呼んでいいですか?」と。

「お願いします」と言われたので、近くに寄って来ていたマンションの管理人さんに救急車を呼ぶようお願いして、電話で旦那さんに「私も付き添いましょうか」と言うと「大丈夫です。救急車が来たら○○病院に運ぶよう言って下さい。後はこちらで対応しますので」と・・・?

「後はこちらで対応します」?

○○病院は、個人の病院ではなく従業員1,000人を超える大病院です。

こんな感じの病院ですね。

大病院

その日の夕方、仕事から帰ってきた妻からその話を聞き、「あの人、医者だったんだね」と言うと、「いや、もっと驚くよ」と。

「何が?」「院長よ」!

・・・なるほど、偉い人だったんだ。

どおりで人とは違うオーラを放っていたんでしょうね。

見かけや車で職業を想像していた自分の未熟さを痛感しました。

翌日、ポストを覗くと一通の手紙が投函されていました。

お礼のお手紙

その日のうちにお礼の手紙を投函。早いですね。

にしても、あの大病院の院長だったとは!

テレビとか観ているとトップまでのし上がるには上に媚びたり派閥闘争があったりとしがらみや競争が激しそうなのに、とてもそういう中でトップになるような人には見えませんでしたから。

それにしても、うちのマンションには医師が多いです。今回の件で少なくともこのマンションに住む世帯の1割以上が医師であることがわかりました。

殆どが開業医で、ベンツやBMW、ポルシェなど複数の車を乗り回していたりしますが、私的には勤務医で普通の人っぽい今回のような医師の方に人間的な魅力的を感じます。

後日、奥様がお礼の挨拶に来られました。

⇒ セミリタイア生活

関連記事

こんにちは有栗です。 ボーナスのシーズンですね。 先日、以前勤めていた会社(といっても20年近く前ですが)の同僚だった男と会食をしました。 年に1度か2度、友人の経営する居酒屋さんで会[…]

人と比べながら生きるってしんどいという話
関連記事

およそ16年前、当時勤めていた会社(以下、会社A)の経営が傾き、私を含めて200人以上の人が早期退職優遇制度を利用して会社を去りました。 その頃に辞めた人の中には今どうしているか気になっている人が[…]

リストラのニュースで思い出す私自身のリストラ物語
関連記事

今回は、マンションの騒音問題に関して書いてみます。 私がマンションに住む時に最も不安視していたのが「騒音問題」です。 若い頃、賃貸アパートに住んでいた時、上階に住む人の足音が煩かったのがトラ[…]

マンションで騒音問題で住むことを放棄した階下の人