マンションでの騒音問題勃発?

公開日:: セミリタイア生活

シルバーウィークも終わり日常が戻ってきました。

リタイアしている身でもゴールデンウィークやシルバーウィークなどの祝日や土日はやはり平日とは違ってテンションも上がります。

さて、今回はシルバーウィークとは全く関係ないマンションの騒音問題に関しての書き込みです。

そもそもマンションに住む時に最も不安視していたのが「騒音問題」です。

幸い、上階や階下からの足音や生活音はありませんが、ちょっと気になっているのが、共用廊下の騒音です。

マンションにお住まいの方であればおわかり頂けると思いますが、共用廊下の音は意外と部屋の中に入ってくるものです。

共用廊下に面している部屋であればモロです。

一般的に共用廊下側の窓は防音対策などが施されていません。

うちの場合は、共用廊下に面している2つの部屋を寝室と書斎(事務室)に割り当てていますが、例えば、書斎にいれば月1で入る共用廊下の清掃業者の方の会話や機械音がよく聞こえてきます。

隣の住人の行き来する足音や話し声もしっかり聞こえます。

隣には男子小学生が住んでおり、随分前から夕方頃になるとドタバタと走る足音が聞こえていましたが、時間にしても部屋の前を通るほんの数秒のことなのでさほど苦にもならず放っておきました。

最近、その音がエスカレートし、時には友達を連れて大声を出しながら走り回っているようなので少し気になっていました。

先日、隣の子が友達と共用廊下を全裸で走り回っているところに妻が鉢合わせをして、とうとう隣にクレームを入れることに。

といっても隣は運よく?たまたま妻の同級生。

「お宅の〇〇君が全裸でドタバタと走り回っているよ。ヤバイんじゃね?」みたいなメールを打つと、平謝りのメールが返信されてきた上、親子で謝りに来たそうです。

それからは静かになりました。

こういった場合、隣人にクレームを言うのには抵抗がありますが、妻の幼馴染ということでさほど抵抗もなくクレームが言え、早期解決できて良かったです。

ただ、その子は早朝から深夜まで住居内でも走り回ることが多いらしく階下の人は相当に苦労されています。

階下の人は2~3回直接クレームを入れたものの改善が見込めなかったため住むことを放棄し、殆どを別宅で生活するハメになっていると聞きました。

普通の小学生の走り方とは違い、床を足の裏全体で全体重を乗せながら一歩一歩バタバタと思い切り踏みつけるような走り方をするため音が響きます。

階下の人は相当うるさかったのではないかと容易に想像がつきます。

幸い、別宅がある裕福な家庭だから良かったもののずっと住み続けなければならないのであれば苦痛以外何者でもありません。

隣の人はそれを知らずにいます。

階下の人が気の毒です。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

アフィリエイト収入の確定申告(白色)

14年ぶりに自分で確定申告をしました。 おぼろげな記憶ですが、14年前は税務署に開業届と青色申

記事を読む

日御碕神社へお礼参り。強いご利益がある「砂のお守り」もGET!

もう10年ほど前になりますが、島根県の出雲大社参拝の帰りに日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)という神社

記事を読む

アフィリエイトをするにあたりこだわっていること

先月、初めてアフィリエイトでの収入が月額30万円を超えました。 7月に一度30万円を超えました

記事を読む

私はなぜアーリーリタイアをしたのか

早いものでリタイアしておよそ4年が経ちました。 将来に対する不安は少しばかりあるものの今の生活

記事を読む

インフレ対策:米ドル建て個人年金保険

最近は円安による原材料価格の上昇に伴い、様々な食品が値上がりし、4月の消費税増税とあわせて家計を圧迫

記事を読む

来年の目標をノートに書き出すのが12月の恒例行事です

今年も残り2週間となり、主な残作業は、年賀状に一筆書くのと墓参り、それと大掃除の3つとなりました。

記事を読む

アーリーリタイアに向く人、向かない人

経済的な条件を満たしているからといって念願のアーリーリタイア生活に踏み切っても幸せになれるとは限りま

記事を読む

今、株は買いか?

上昇トレンドだと思われた株価がここのところ円高で少し下がってきてます。 特に今日はドル円も10

記事を読む

最近のアフィリエイト収入やこれからやろうとしていることを少し書いてみます

久しぶりにアフィリエイトについて書いてみようと思います。

60歳時の資産を予測してみた

50歳でリタイアして5年という時間が過ぎたこともあり、先日

55歳、いくら資金があればアーリーリタイアできるか

50歳でリタイアして今年の6月で5年が過ぎ、そろそろ56歳

アーリーリタイア後の趣味の選び方

アーリーリタイア後の生活を充実したものにするために、日常に

定年後も働きたいの割合が80%!

妻のパート先(以前、私が勤めていた会社の子会社)では、毎年

PAGE TOP ↑