みずほFGの配当金だけで生活をするには何株保有すればよいか

みずほFGの株で配当金生活をするにはいくら必要か

ほんの1週間前のブログで、保有しているみずほFGの株が半月たらずで280円から252円に下落して他の銘柄を合わせて資産が150万円ほど減ったとの投稿をしたばかりですが、現時点で275円近辺まで戻しています。

ここのところ乱高下が激しいです。

メガバンクは潰れる訳ではない(と信じている)ので、目先の株価の上下で一喜一憂するのはさておき、ここでは、桐谷さんではありませんが、みずほFGの配当金で配当金生活をするにはどれくらいの投資が必要か、考えてみました。

みずほFGの配当金だけで生活をするにはいくら必要か

私の場合、4年ほど前にみずほFGの株を3万株ほど購入しました。

当時の株価は130円前後だったと記憶していますので約400万円の投資です。

みずほFGの配当利回りは約4%強

購入した理由は、メガバンクなら潰れることはないと思ったことと、配当利回りが4%強と非常に高かったためです。

おかげで現在のところ株価は倍近くに上がっていますし年に2回の配当も頂いています。

これも量的緩和を進めているアベノミクスのお蔭だと思います。

みずほFG株3万株で年間20万円の配当

今年もみずほFGから配当金の通知(中間配当計算書)が届きました。

今回の1株あたりの中間配当金は4円。保有株数は3万株ほどですので、配当金は税金を差し引いて10万円ほどでした。

年に2回の配当がありますのでみずほFGだけで年間20万円前後の配当というところです。

バブル期は、普通預金の金利が2%、定期預金ともなると6%を超えており、それこそ1億円もあれば利子だけで生活できるほどの利率でしたが、2000年以降の銀行の金利は、0.1%以下とすずめの涙ほどしかありません。

現在は、同じ400万円を定期預金にした場合は、金利0.05%として、2,000円ほどです。

そういう事情もあり、比較的安全と思われる株での配当金には非常に魅力があります。

みずほFGの配当金だけで生活するには1億円が必要

そこで、みずほFGの配当金だけで生活をするには何株保有すれば可能か、現在の配当金の条件で試算してみます。

生活するには年間300万円必要、1株あたりの配当金は年間8円という前提で考えると、必要な株数は約38万株になり株価が270円とすると1億円ちょっと必要という計算になります。

つまり、1億円をつぎ込めば配当金だけでのセミリタイア生活が可能となる訳です。

しかも、株価が変わらない限り最後まで元本が減りません。

みずほ株での現実的な配当金生活

とはいえ、1つの銘柄に大金を投入するのは投資としてもポートフォリオとしてもNGです。

保有資産を運用にまわしすぎると生活費がショートするリスクも出てきますし、リスクの分散もできていません。

このケースのように1億円保有しているのであれば例えば5,000万円をみずほ株に投資し年間150万円の不足分を資産から取り崩していくといった運用がほんの少しですが現実的です。

そうすれば、生活にも柔軟に対応が可能ですし、一定の金額を資産運用にまわして資産の取崩し速度を緩やかにすることで精神的にも安定性が高まります。

上記の運用であれば30年経っても株と配当金を受け取る権利も残っています。

みずほFGの株だけで配当金生活をする場合のケースについて考えてみましたが、本来であれば、リスクを分散させたポートフォリオを作成し、キャッシュフローを綿密にすることが重要です。

参考:マイナス金利で資産暴落!セミリタイア生活に大きな打撃


セミリタイア生活