定年の延長でアーリーリタイア組もリスクに備えた収入源の確保を!

定年の延長でアーリーリタイア組もリスクに備えた収入源の確保を!

今日は朝から当サイトのデザイン変更作業に没頭してました。

どうにか正常に動作するようになりましたが、結構疲れました。

デザインの変更といっても当サイトはWordPress(ワードプレス)というオープンソースを使っているので、本来はWordPressテーマというテンプレートのようなものを着せ替えさえすれば済むはずなのですが、なかなかどうしてテーマを変えると様々な不具合が出てきます。

実際にテーマを変更してみないと不具合は発覚しませんので、不具合を直して移行というわけにはいかず、ぶっつけ本番になってしまいます。

入れ替えたばかりなのでまだ隠れた問題が潜在しているかもしれませんし、細かいデザインなど気に食わないところも少しありますが、ボチボチ手を入れていこうと思います。

実はこれまで採用していたWordPressテーマは無料だったのですが、今回採用したWordPressテーマは有料です。

ドメインの取得やサーバーのレンタルなどは出費を避けて通れないことなので仕方なくお金を使いますが、WordPressテーマのように出費を避けた他の代替えがあるのにもかかわらずわざわざお金を出してこういったものを購入するという行動は私にとってみれば非常に珍しい行動です。

ただ、このWordPressテーマは目には見えない部分で様々な機能が働いてくれるテンプレートなんです。自分の保有するホームページであれば制限なく使えるライセンス契約とあって購入してみました。

きっと期待している役割を果たしてくれると信じています。

ということで、先日からサーバーを変えたり、今回はテーマを変えたりしているのは、新しい方向に向けてサイトを構築、または手直ししていくためなのです。

定年の延長でアーリーリタイア組もリスクに備えた収入源の確保が必要に

最近では、働き方改革の一環として継続雇用の延長、定年の延長が現実味を帯びててきており、それに伴い年金の支給開始年齢も先送りされるということもほぼ確実となりました。将来はさらに先送りという話にもなりかねません。

これらはある程度予想していたこととはいえ、アーリーリタイア組にとっては普通に働いている人と相対的に不利になる話です。

つまり、雇用・定年の延長の流れで周りのみんなは労働を犠牲に収入を確保できる時間が延長できるのに対し、リタイア組は年金支給の先送り・減少で貯蓄の減少期間が長引くだけになります。

リタイア組があわてての再就職しようにも色々な面で不利であり大変です。

20年後、優雅に暮らしている友人・知人の横で、残り少ない貯蓄を心配しながら細々と暮らしていかなければならないようなことになってはアーリーリタイアしたことを後悔することにもなりかねません。

そのためには、将来のリスクに備えた収入源確保の準備を今から始めなければならないと考えています。

そういったことを考えた時、現在趣味でやっているアフィリエイトの環境は急激に変化し、今のアフィリエイトのやり方では今後ますます厳しくなっていくように感じています。

その流れに順応するには、これまでやってきた作業に執着せず、長い目で少し(というか大きく)方向性を変えてみることが必要だと考えました。

より費用のかかるサーバーへの移転や有料WordPressテーマへの変更は、その準備でもあり、覚悟の表れでもあります。

早期リタイアしている人に不利になるリスクは、年金支給開始年齢の先送りや年金支給額の減少、また定年の延長だけではありません。最も怖いインフレがあります。

現在アーリーリタイアをしている人で私のようにさほど十分とは言えない蓄えで今後を凌いで行かなければならない人は、将来のリスク対策として何かしら収入源の確保に向けて手を打っておいた方がいいと思います。

幸い今すぐに切羽詰る訳ではありませんので、あくまでも趣味という認識で時間をかけて楽しくやっていけたらと思っています。


セミリタイア生活