アーリーリタイアに失敗しないための趣味の選び方

アーリーリタイアに失敗しないための趣味の選び方

アーリーリタイア後の生活を快適で充実したものにするために、日常に趣味を取り入れることは、とても重要なことだと思います。

実際、せっかくアーリーリタイアして自由を手に入れたのに、何もすることがなく暇で苦痛と感じているという人も少なくないようです。

ですので、私自身も、アーリーリタイアする前は、リタイア後の自由な時間は何をするか、どういった趣味を取り入れるか、については経済的なシミュレーション同様、重要視してきました。

しかし、リタイア後の趣味を具体的に考えていくと、働いていた頃の趣味選びとは少し違う目線で探す必要がでてくることに気づきます。

アーリーリタイアに失敗しないための趣味の選び方

リタイア後の趣味というのは、よく「アーリーリタイアして趣味に生きる」といったことが言われるように、日常生活の中で大きなウェイトを占めるものとして期待できる趣味であるものが理想的です。

つまり、今まで仕事をしていた長い時間を楽しく潰せる趣味を見つけることがリタイア後の生活を快適に過ごすためのコツになります。

週に1回のゴルフや釣りでは時間を持て余してしまいますし、いくら好きだからといって毎日のようにゴルフや釣りに行くのでは経済的に持ちません。

そこで、実際にアーリーリタイアするにあたってどういう趣味の選び方をしたのか、私の経験をもとにリタイア後の趣味選びについて少し書いてみようと思います。

アーリーリタイア後の趣味選びのコツ

私がアーリーリタイアする前に最初に候補にあげたのが、ジム通い、水泳、ウォーキングといった誰もがすぐに思いつくものでした。

ジム

アーリーリタイアするまでには2年という熟慮期間がありましたので、その間、実際にジムや水泳に通ったり、図書館に通ったりしてみました。

しかし、暑かったり寒かったりする真夏、真冬はそういったところに通うこと自体が億劫になり、続けられないということをすぐに悟りました。

しかも、実際にそういったところに行ってみると平日の昼間は年を召された女性ばかりです。

たまに男性がいても40代50代といった若い男性はいません。

それもそのはず、平日の昼間はみんな社会の第一線で働いています。

場違い感もあって諦めました。

そして、改めて、

  • 自分がやりたいもの楽しめるもの
  • 一人でできるもの
  • 時間を費やすもの
  • インドア派のもの
  • 長くつづけられそうなもの
  • 経済的負担が少ないもの
  • 適度なストレスがかかるもの
  • できれば実益を兼ねられるもの

という視点で趣味探しをしました。

本当にやりたいことを理解する

ここでわざわざ「やりたいことを理解する」という当たり前のことを書いた理由は、やりたいことを正確に理解していない人が多いためです。

例えば、本当は異性との出会いを求めたいのに「料理を習いたい」「テニススクールに通いたい」とやりたいことを錯覚している場合などがそうです。

この場合は、出会い求めることが目的なのでそれを理解しないと趣味探しのアプローチの仕方が的を射たものではなくなってきます。

暑くても寒くてもアウトドアの趣味がよければそれをやればいいですし、人によっては嫌いの部類に入る勉強も自分が好きであれば資格取得を趣味にするのもいいと思います。

ポイントは、人によって趣味嗜好は違いますので、周りに合わせたり固定観念に縛られるのではなく、人様に迷惑をかけないものであれば、やりたいことをやるということです。

で、なければ続けられませんね。

一人でできる趣味を選ぶ

アーリーリタイア後の趣味は、基本、一人でできるものでなければなりません。

通常の定年後のリタイアであれば趣味仲間がいるかもしれませんが、アーリーリタイアした場合は、平日は仲間はみんな仕事。まずはそこが違います。

時間がかかり、かつ長く続けられそうなものを趣味とする

長く続けられるかどうかは実際にやってみなければわかりませんが、想像力を働かして長く続けられそうなものを選ぶべきです。

なぜならリタイア後の趣味というのは、たっぷりある時間を有意義に過ごす武器のようなものだからです。

現役時代と異なり週に数時間楽しめても残りの時間は何をするかということになります。

そういうことを考えた場合、これまでの経験から週に3~4日は没頭でき、それを長期に渡って続けられる趣味を選ぶことがリタイア後の生活を有意義なものにする趣味選びコツだと思います。

そういう意味では筋トレやジム通いといったものだけではなく、ブログや資格取得、料理、楽器、スポーツクラブ通いといったものがおすすめです。

近年は、ブログを書くことをメインの趣味にしている人も多いようです。

私にはできそうにありませんが、週に3つも4つも記事をアップしている人も少なくありません。

ブログ記事を書くのは意外と時間とストレスがかかりますが、考える、調べる、書くを実践することで脳のトレーニングにもなりますし、誰かに読んでもらえる喜びもあります。

ついでに、広告を貼ればちょっとした収入を得ることもできますのでモチベーションも上がり、充実した日が送れるかもしれません。

そして、私の場合、これらの考えをもとにこのブログでも紹介しているように、自営業時代から気になっていたアフィリエイトをメインの趣味に選びました

達成が困難な目標を設定する

趣味を持つなら何かしら目標を持ちたいものです。

それがあるからこそ脳が喜んで趣味として続けられているはずですが、その目標は手が届きそうでなかなか届かないくらいの困難なものがいいと思います。

私自身も毎年・毎月・毎週、趣味についても目標設定をします。

達成できなければ、次週・次月・次年に持ち越します。

そしてクリアできたら、次のステップ・目標を設定しています。

例えば知的好奇心が旺盛な方は資格取得を趣味にするのもおすすめです。

知識欲が満たされる上、合格という達成感も味わえます。

何より目標に向かって努力している時こそが一番楽しいものです。

1つクリアしたらワンランク上の次のステップに進めます。

大型の資格を取得したら将来のリスク対策にもなります。

複数の趣味をもつ

複数の趣味を持つことをおすすめします。

それも脳と体に負荷がかかるのがおすすめです。

ウォーキングやジム通い、ドライブや旅行、映画鑑賞やビデオ鑑賞、読書など、一つをメインの趣味にできなくても3つを合わせてメインの趣味と言えるものにすることができます。

私の場合はメインの趣味をアフィリエイトとしこのブログやウォーキング、ショッピング、ドライブ、旅行といったものをちょこちょこ挟むことで脳と体にバランスよく刺激を与えています。

経済的にも無理な負担なく、5年以上の間、実に快適に過ごせています。

最近は、アフィリエイトによる収入が殆んどありませんが、それでも平日はほぼ毎日のように楽しくパソコンに向かっていられるのは収入を得ることだけが目的ではないためです。

お蔭で暇だとか退屈だとか思う日は、ほぼありません。

これまで書いてきたことを否定する訳ではありませんが、長い時間を複数の趣味で埋めるのもいいと思います。例えば、夏はサーフィン、冬はスキー、その合間に絵を描いたり写真を撮ったり、またブログを書いたりといったことです。

例えば、よくあるパターンが、旅行や映画鑑賞、読書といったものをメインの趣味にして、ブログをサブの趣味にし、ブログでメインの趣味の内容を綴っていくといったものです。

そういった人のブログを拝見すると快適な生活が続いているように見えます。

経済的負担が少ないものを趣味とする

お金が続かないから諦めるというパターンだけは避けたいものです。

特にリタイア組は、趣味に配分できるお金が限られています。

言う間でもなく、できる限りお金のかからない趣味を選ぶべきです。

まとめ

以上、アーリーリタイアした後の趣味の選び方ということで記してきました。

しかし、これは定年退職後、普通にリタイアした後の趣味選びと通じるところがあり、男性であれば多くの人が一度は直面することではないかと思います。

ただ、アーリーリタイア組は基本、しばらくは趣味仲間がいないことと、自由な時間がたっぷりあること、またある人は経済的負担が少ないことを前提に考えなければなりません。

趣味を何にするか悩んでなかなか始められない人は、やりたいことを考えるより先にまずは思いついたことをやってみることだと思います。

やってみてやっぱり自分に合わなければ他のものを探す。

しばらくは趣味探しを趣味にしてみませんか。

趣味に失敗はありません。飽きて続けられなくなっても一つの趣味が終焉を迎えただけ。費やしたお金も時間も、立派に趣味として機能を果たしました。

趣味とはそういうものだと思います。

折角リタイアして時間ができたというのにやることがなく毎日をダラダラと過ごすことほど勿体ないことはないと思います。

関連記事

アーリーリタイアに失敗しないためには資金面を満たしているだけでは不十分です。充分な資金を用意してアーリーリタイアしても失敗だったと言えるケースはあるようです。幸い私は5年以上、失敗や後悔とは[…]

アーリーリタイアに失敗する7つの事例と4つの対応策
関連記事

気が付いたらアフィリエイトについて前回の記事から半年も記事を書いていませんでした。アフィリエイトに関する作業はほぼ毎日しているのに、です。昨年の夏ごろには月額100万円を超えていたアフィ[…]

アーリーリタイア後の生活とアフィリエイトの相性は良いという件

セミリタイア生活