朝起きてから寝るまで独り。老後の不安「孤独」。アーリーリタイアも孤独に注意。

老後の不安「孤独」。アーリーリタイアも孤独に注意。

経済的な面や健康面が不安視されている老後の生活ですが、健康面、経済面に問題がなくても「孤独」という不安があります。

・・・

先日の深夜2時頃、「緊急事態が発生しました、ファンファン、緊急事態が発生しました、ファンファン・・」という凄い音量のアナウンスで目が覚めました。

音源はマンションの専有部分の外ですが、それにしてもすごい音量です。

近くで何か事件でも発生したのかと思い玄関ドアを開けてみたところ、音源は隣の玄関あたりからのようです。

上着を羽織って恐るおそる隣の玄関に近づいてみると、玄関のドアホンの呼び出しボタンの部分が赤く点滅しながらけたたましく音声が流れています。

深夜2時ですけど、緊急事態が発生したと連呼してますからね。一応、ノックした後ドアを開けて確認しようとしましたが、カギは閉まったままです。

ここは、60代後半の男性が独りで生活されています。

どういった場合にこのような事態になるのかわからないし、心配なのですぐにマンションの管理会社に連絡してみました。

どうやら住人に何かがあったらしく、室内のドアホンの緊急ボタンを押したようです。緊急ボタンが押されると警備会社に連絡が行き、警備会社がかけつけるという手筈になっているようなので事態を見守ることにしました。

10分ほどで警備会社が到着し、続いて救急車が・・・。

住人が救急隊と一緒にマンションから出ていくのを確認してベッドに戻りました。

後日の報告では、脈が上がって気持ちが悪くなったので緊急ボタンを押したものの救急車が到着する頃には正常に戻っていたのこと。

念のために病院には行ったものの大事には至らなかったようです。

ですが、今回は、この事態を目の当たりにし、健康って大切だなと思うよりも先に、老後の独り暮らしという不安というか恐怖が襲ってきました。

私の場合、今は少しばかり歳の離れた年下の妻と一緒に暮らしてますので安心していますが、間違って独りになってしまったらと想像すると恐怖すら覚えます。

朝起きてから夜寝るまで独り。

アーリーリタイアしたばっかりに社会との繋がりも人一倍希薄になっています。サークルやボランティア活動などで人との交流を図ったところで多少の気晴らしにはなっても家族との関係と比較すると知れています。

食事も独り。どこに行くのも独り。テレビを観るのも独り、ベッドに入るのも独り。話すこともありません。

目が覚めてもやっぱり独りです。

例え健康で経済的に多少余裕があっても老後の一人は辛そうです。

若い時は仕事もあったし、独り暮らしもまた楽しかったのですが。

激増している孤独死。今までどこか他人ごとのように思ってましたが、ちょっと不安になった夜でした。

一人になったら、というより、ある程度歳を取ったら夫婦揃って老人ホームという選択肢も検討すべきかもしれません。

であれば、もう少しお金がいるかもしれません。


セミリタイア生活