アーリーリタイア後の生活レベルは同世代のサラリーマン並みを目指す

アーリーリタイア後の生活レベルは同世代のサラリーマン並みを目指す

こんにちは有栗です。

リタイアして2年ちょっとが経ち、ブログをはじめて1年ちょっとが経ちました。

あまりブログ、ブログと頑張って更新してこなかったのが良かったのか1年以上更新が続き、最近、記事数も100を超えました。

みんなどんな記事ネタを読んでくれているのかとちょっと気になったのでアクセス解析で調べてみました。

すると、アクセスの多い記事ネタの一つは車関連(レクサス)のネタでした。

おそらく、私もそうだったように、レクサスを買おうかどうか検討している人が情報を収集しているのだと思います。

このような情報は、GoogleやYahooなどの検索結果でかなり後ろにあっても探して読んでくれますからね。これからも安定的なアクセスが予想されます。

そして、もう一つアクセスが多かったのが本題のアーリーリタイアネタで
いくらの資産があればアーリーリタイアが可能か
という記事です。

具体的には、こちらのサイトです。

参考:いくらの資金・貯金があればアーリーリタイアが可能か

アーリーリタイアに踏み切るかどうかで悩んでいる人や、これからリタイアに向けて計画を立てようとしている人、また、同じくアーリーリタイアした人達などが情報収集しているのでしょうか。それとも他人の財布の中身が気になって単なる興味本位で覗いているのでしょうか。

実際「いくらあればリタイアが可能か」については、やはり、以前にも投稿したように、人それぞれだと思いますので無責任に数字は出せませんが、「人それぞれです」で片づけるのも何ですので、参考までに私の場合を簡単に書いてみたいと思います。

当時は、次のような基準で金額を算出しました。

アーリーリタイア後は同世代のサラリーマン並みの生活を指す

ときどき同じアーリーリタイアをしている方のブログを覗かせてもらうと食費を月額1万5千円以内でとか、月額の生活費を月額15万円以内でとかいった方を見受けますが、私の場合、そこまでギリギリに切り詰めた生活をしてまでアーリーリタイアをする気にはなりませんでした。

できれば、同僚のサラリーマンと同じくらいの生活水準を維持したいと考えていましたのでサラリーマンを続けていた場合の総収入を基準に考えてみました。

サラリーマンを続けていたら総収入はいくらか

勤めていた会社は田舎の中堅企業ですので年収は50歳でもせいぜい500~600万円といったところです。田舎では十分に生活できる金額です。

つまり、サラリーマンを続けていたら貰えたであろう総所得(年収×残りの就業年数+退職金)と自分の今の総資産を比較して同じだったら同じような生活ができるといった具合です。

年金の問題もありますから60歳までは国民年金基金をしっかり支払う予定です。

実際の計算にはもう少し現実味がありまして、実際のサラリーマンでは、60歳までは、年収も少しづつ上がりますが、61歳から65歳までの年収は60歳のときの年収の60%ほどになるという前提で計算しています。

また、アーリーリタイア組は基本的に収入がありませんので所得税もかかりませんし健康保険料や住民税なども最低額で済みますのでその分も加味しています。

こんな感じで計算してみて、どうにか以前勤めていた会社の人とさほど変わらない生活レベルを維持しながら生きていけるというメドがたったというのもアーリーリタイアに踏み切った理由の一つです。

参考:いくらあればアーリーリタイアできるか。もう一つの計算式!

ただ、常に先はどうなるか分からないという不安のためか無理のない範囲で予測した生活費以下で生活するように心がけているのが現状です。実際のお金は減っていますが貯蓄感覚です。

幸い今のところアベノミクスの恩恵を受け、資産運用による利益があるため、予定より資産の減少が少ないだけでなく趣味のアフィリエイトでも安定した小遣い稼ぎができており、ときどきは旅行などに行って楽しむことができています。

という訳で悠々自適の生活とまではいきませんが、同世代のサラリーマンと変わらない生活水準でアーリーリタイア生活を楽しめている今日この頃です。


セミリタイア生活