アーリーリタイア生活。10月末の総資産の棚卸結果

アーリーリタイア10月末の総資産の棚卸結果

2ヶ月に1度、年に6回、全財産(資産)の棚卸をしています。

家計簿でざっくりした記録も一応とっていますが、実際にどれくらいの資産が動いて現時点の残高がいくらあるかを確認するためです。

先月の10月末も、現金・預貯金の残高、株や投資信託の時価、10月末時点の負債(クレジットカード)などを整理しました。

前回は、8月末に実施。

8月末から10月末までの動きを見てみると、

保有している株の価格は、途中上下したものの8月末時点と10月末時点はほぼ同じでしたので評価額は殆ど同じでした。

保有しているドル資産もこれまた為替が途中上下したものの8月末時点と10月末時点は121円ほどとほぼ同じでしたので評価額はほぼ同じでした。

投資信託についても配当金は出ているものの元本が下がってますのでプラマイゼロ。ほぼ変化はありませんでした。

一方、純粋に支出と収入の部でいうと、

9月・10月の2ヶ月間の支出がおよそ95万円でした。

これには通常の生活費にUSJに遊びに行った費用が加算されています。

一方、収入はというと、私のアフィリエイトによる収入と妻のパート代を合わせておよそ80万円ほどでした。

結果、2ヶ月で資産が15万円目減りしました。

幸いアフィリエイト収入がリタイアした当初に予想していた額よりも多く推移しているため、目減り額は当初予想していた額より少なく推移しています。

1ヶ月の目減り額が7.5万円は優秀です。

将来のリスクに備えてこれくらいの数字が維持できればと思います。


セミリタイア生活