リタイア後は執着心を捨てて生きると楽しくなる

リタイア後は執着心を捨てて生きると楽しくなる

面倒な確定申告が終わり、納税額もほぼ確定。

納税額を差し引いた現在の貯蓄残高もほぼ判明し、エクセルでの今後の生活シミュレーションもより正確なものに更新できました。

昨年は、アフィリエイト収入と投資信託の解約による一時所得が合わせて1,000万円ほどあったため今年はそれだけ多額の税金を支払わなくてはなりません。

それだけの収入が当初から予測できていれば節税対策など打つ手はあったのですが、後手に回って昨年の後半に事業開始届と青色申告の申込書を税務署に提出しました。

しかしながら、昨年の11月にアフィリエイトをしている稼ぎ頭のサイトが第三者からのスパムリンクを受けてからは、Googleから不自然なリンクがあるというペナルティをくらってアフィリエイト収入は激減。

現時点でもペナルティは解除されておらず、一転、来年の2月は確定申告さえも必要かどうか怪しいほど売り上げが下がってます。

このような状況でも、全く落ち込まずに、気持ちが楽なのは、常にアーリーリタイヤした当初の初心に戻れているからだと思います。

参考:足るを知る生き方を実践するアーリーリタイア

リタイア後は執着心を捨てて生きると楽しくなる

私は、常に、アーリーリタイアできたという恵まれた環境にあることに感謝し、執着心をできるだけ持たないようにし、肩の力を抜いてセミリタイア生活を楽しむように心がけています。

生活していくのに困らないだけの資産があるから、そのような余裕のあることが言えるんでしょ、とツッコミもあるかと思いますが、それは正直その通りだと思います。

しかし、私と同じ状況に置かれた人でもペナルティを受けてカリカリと苛立ったり収入が昨年の10分の1以下になりそうなことで落ち込んだり焦ったりする人は少なくないと思います。

実際、似たような環境にいる人でも執着心に犯され、決して幸福とは思えない人生を過ごしている人が世の中には沢山いるようですから。

執着心を無くすと生きるのが楽になるのは何もアーリーリタイアした人に限ったことではありませんし、お金や物に対する執着心だけではありません。

人と比べて生活することに執着している人もいます。

そういう人は身近にもいますし、苦しんでいるのを見て勿体ない生き方をしているなあとそう思うこともときどきあります。

執着心が過ぎると生きるのが苦しくなるだけなんですけどね。

執着心は苦痛・不幸の根源だと思います。

私もそうですが、いきなり執着心をなくすと言うのは難しいので、日々、執着心をなくす練習をしながら生きています。

勿論、全く何にも執着しないということは無理ですので程度の問題です。

まだまだですが、段々と心が楽になってきているような気がします。

関連記事

こんにちは有栗です。ボーナスのシーズンですね。先日、以前勤めていた会社(といっても20年近く前ですが)の同僚だった男と会食をしました。年に1度か2度、友人の経営する居酒屋さんで会食するのが恒例です。不[…]

人と比べながら生きるってしんどいという話

セミリタイア生活