アーリーリタイア後の生活における私と妻との役割分担

アーリーリタイア後の生活における私と妻との役割分担

先日、妻は私のリタイアに無関心といった記事を書きましたが、今回は各々の考え方やリタイヤ後の役割分担をもう少し詳細に書きたいと思います。

参考:アーリーリタイアをするにあたって(家族会議)

アーリーリタイア後の生活における私と妻との役割分担

経済活動の役割分担

私はアーリーリタイアをして我が家の経済活動(稼ぐこと)からリタイアしています。

一方、妻は、10年以上前からずっと同じ会社でパートタイマーとして働いており、私がリタイアして1年以上経った今でもその仕事を続けています。

その理由は以下の通りです。

より多い年金を受給するため

我が家の場合、私がサラリーマンをしている期間が短く厚生年金の支払い期間が短かったため、私が死亡した後の遺族年金は無いに等しく、私が死亡した後の妻の生活は不安材料の一つです。

そこで私がリタイアする前から、私が死亡した後に少しでも多くの年金が受給できるように25年間は働いて厚生年金を払い続けた方がいい、という話しをしてきました。

※後に年金受給の資格要件が、25年から10年に短縮されるようですが。

慣れ親しんだ職場ですし、キッカリ7時間で終わり残業も殆どなく年間休日も有給休暇と合せて140日近くあります。

決して楽しくはないものの、それほど辛くもないようなので妻は将来の年金のために働き続けることを選択し、毎日出勤しています。

妻の車の維持費とお小遣い

現在、車は夫婦別々に保有しています。妻がパートをしている間は、妻の車の維持費(ガソリン代、保険料、駐車場代、車検代等)のおよそ月額3万円は妻の収入から補えます。

また、妻の小遣いもパートの収入から捻出しています。

妻は、自分の車や自由になる小遣い、そして外食や旅行などをできるだけ確保したいようで、これらが無くなるくらいだったら仕事を続けたいという意志です。

適度な距離感を保つため

非常に仲のいい夫婦ですが、アーリーリタイアをしている私と1年を通して朝から晩まで一緒にいるというのもどうかと考えています。

その点、妻がパートタイマーをしてくれているおかげでこの問題も解決しています。

妻が仕事を辞めても、できるだけ日中は別行動をとるスタイルを維持していきたいと考えています。それに私の個人的な考えではありますが、女性ですから外に出て刺激を受け、体系や若さを維持してほしいという願望もあります。

働くことを強制している訳ではなく、妻はパートを辞めた場合の条件である

・車を1台にして生活費をもう少し切り詰める

という生活よりも働いて少し贅沢をするということを選択しているという訳です。

辞めたければいつでも辞めれるという思いが、決して楽しいとはいえないパートが続けられる理由の一つのようです。

という訳で、私は家にこもり、妻はパートで働くといった一見ヒモとも思えるような生活をしています。

家事の役割分担

では、私は主夫をしているか?というと、そうではありません。

掃除、洗濯、食事の用意から後片付けまで、家事の全てを妻が一人でやってくれます。しかも殆どが完璧にです。

ときどき、食器を洗おうか、とか、風呂の掃除をしようか、とか愛の手を差し伸べますが、「いいのいいの」と自分でやってくれます。

それにお金遣いも荒い訳でもなく、堅実で、ブランド志向もありません。

何が欲しいとかも滅多に言いません。

勿論、だからといって何も買ってあげない訳ではなく、逆に欲しそうなものがわかると何でも買ってあげたくなりますし、概ねそうしています。

偉いな~と思いながらも心から感謝しています。

まとめ

このように、アーリーリタイア後の生活における私と妻との役割分担を書くと、妻に一方的に負担がかかっていることがわかります。

しかし、自己弁護すると私は何もやってないという訳ではありません。

まず、生活費が月に40万円近くかかるのに妻の給料は10万円以下です。

さすがの妻も自分の給料で足らない部分は、夫がこれまで稼いできたお金で補っていることは理解してくれていると思います。

また、そういった家計を管理し、お金や生活の心配を一切させないように努力していますし、できるだけ会話をしたり、休みの日に行きたいところに連れていったりしています。

実に我儘な役割分担ですが、今のところ妻はそれでも幸せと言ってくれますし、順調な家庭生活が送れています。


セミリタイア生活