管理人のプロフィール

管理人のプロフィール

当サイトへのご訪問ありがとうございます<(_ _)>

当ブログの管理人である有栗生朗は、2013年、50歳のときにアーリーリタイア生活に踏み切りました。以来、挫折することなくリタイア生活を楽しんでます。

「有栗生朗」という名前は、このサイトを立ち上げるときに、これからは「ゆっくり いきろう」と、こじつけで名付けました。

でも呼び方は「ありくり いくろう」です。その方が名前らしいですから。

いつからか姓名判断とか九星気学、風水に少しばかりこだわるようになってからは、このようなハンドルネームでさえも、画数を考慮してしまいます。

ちなみに姓名判断で確認してみて下さい。

という訳で有栗の簡単ですが少し詳しい自己紹介です。

興味のない方はスルーして下さい。

有栗生朗のプロフィール

有栗生朗は1962年生まれの九州は長崎に住む男子です。妻と二人で暮らしています。

プロフィール画像

公私の(私)

現在の妻との間に子供はいませんが、公私ともに色々と冒険してきたせいか前妻と前妻との間に一人の子供がいます。

そんな私ですが、熊本の有名な自称霊能力者によれば、前世は神様に仕えていたらしく?どこぞの神社の宮司だったと鑑定されました。

だからかどうかはわかりませんが、神社参拝は好きで、初詣は必ず京都まで足を運び3社参りをするなど人よりも気合いが入ってます。

ちなみに今の奥さんとは前世でも夫婦だったそうです。

これといった趣味はありませんが、あえて言えばドライブやショッピング、旅行、読書といったところでしょうか。よく妻と二人で出かけます。

リタイアしてからは、アフィリエイトというものを趣味にし、規則正しい生活をするよう心がけています。

公私の(公)

仕事人生においては、サラリーマンが性に合わない私は、これまでの人生で2度、脱サラというものにチャレンジし、最終的にアーリーリタイアして現在に至ります。

バブルに救われた1度目の脱サラ

1度目の脱サラは、26歳の時。

フリーのSEを目指しましたが、当時はインフラも整備されてなく地方に思うような仕事はなかったため半年ほどで断念。

借金こそ負わなかったものの精神的に非常に痛い経験をしました。

1度目の脱サラは失敗

1度目の脱サラはあえなく失敗に終わりましたが、幸運にも当時はバブル真っ盛り。

再就職に困ることはなく、地域密着型の小さい会社もありましたが、30社ほど受けてほぼ全てから内定通知を頂きました。

中には交通費という名目で3万円くれた会社もありましたし、面接に遅刻しても内定をくれた誰でもが知っている準大手企業もありました。

時代は、バブルでした。

知ってますか?当時はBingという就職・転職情報誌があったのですが、都市部には週休3日制の企業がザラにあったんです。

特にSE(システムエンジニア)は人材不足で引く手あまたでした。

私のように優秀ではない人材でも職に困ることはない時代だったんです。

そういう状況に甘んじてか、より自分にあった会社への就職を模索するあまり、失業期間(就職活動期間)は2年という長期間に及びます。

生活費がパチンコで稼げていたということも失業期間(就職活動期間)が伸びた原因の一つかもしれません。

そして、ようやく28歳も終わろうとしていたときに地元の中堅企業に再就職。

その後、約10年間サラリーマンという修行を続けます。

しかし、やはりサラリーマンというものがどうしても性に合わない私はこんな不条理な世界で生きていくなら死んだ方がマシと、再度、脱サラを計画します。

性に合わないサラリーマン

インターネットに魅了されて2度目の脱サラ

1990年代の後半、この頃はインターネットが流行りだした頃でした。

インターネットというものにもの凄い可能性を感じたのが、30代の後半にもう一度脱サラをしようと思ったキッカケになります。

会社勤めをしながらホームページの作り方や買い物カゴシステムの作り方、cgiやphpといったものなどを独学で学習し、ネットでお店が出せるというところまでできるようになったことを機に38歳で2度目に脱サラをします。

しかし、会社を辞めて早々、欲を出して本業とは関係ない携帯電話の投資話に退職金400万円を全てつぎ込み、それがあえなく破綻します。

未熟だったの一言に尽きますが、今考えるとその時の経験はその後の人生には必要な経験だったような気がします。

・40歳を前に何のあてもない無謀とも言える脱サラ。

・生活を繋ぐための財産を詐欺まがいの投資話で全てパーに。

・離婚で背負った養育費と2度目の結婚をしたばかりでの経済的責任の重圧。

2度目の脱サラの重圧

20代の脱サラで一度痛い目に合ったこともあり、さぞかし落ち込んだか思いきや、意外とそうでもなく、憑りつかれたようにパソコンに向かってました。

その後は10ほどのビジネスをネット上で展開して2つが当たり。

運よく順調に推移し、法人成りも果たしました。

今振り返ると、ネットビジネスを始めた「時代」に恵まれたと思います。

そしてアーリーリタイア

しかし、事業も順調に推移している48歳の時、あの東日本大震災が発生します。

このころに親しい人も亡くなりました。

そしてこれらの強烈な出来事は今後の人生を考えるキッカケとなりました。

この頃になると運よく質素な生活であれば何とか生活していけるだけの資産が築けていたこと、また、前妻との間に生まれた子供の養育費の目途も立ったこともあります。

この頃、降って湧いたように浮かんだのがアーリーリタイアという選択肢です。

とはいえ、自ら収入を断つというのはかなり不安です。

リタイアするかこのまま仕事を続けるか2年ほど悩みましたが、これからの生き方として、物質的な贅沢よりも束縛やしがらみから解放され心にゆとりのある健康的な生活をしていく方がより有意義な人生を送れると確信したためアーリーリタイアを決断するに至りました。

ちょうど50歳の時でした。

リタイアした後は、規則正しい生活とあえて適度なストレスを自分に与えるようにすることを心がけてマイペースで自由にやっています。

幸せ体感図

ちなみに、これまでの幸せの体感をグラフ化してみました。

10代は概ね楽しい学生生活でした。20代で1度目の脱サラに失敗したときは精神的にもどん底を味わい3年ほど苦しい状態が続きましたがその後サラリーマンに復帰してやや持ち直します。

30代でやはり時間の経過とともにサラリーマンが苦痛になり(個人的なリーマンショックです)またテンションが下がり始めます。

38歳で脱サラするも初っ端から投資詐欺で全財産を失いますが、その後は順調に推移。それからはかれこれ15年以上幸せな時間が過ぎています。

当ブログについて

リタイアして約1年。リタイア生活にも慣れてきましたので余裕こいたふりしてブログをはじめてみることにしました。

このプロフィールを更新している2017年9月は、書きたいことがあって書くというより、定期的に書き続ける(月に5本が目安)というのを自分に課しているせいか、やっつけ仕事的で内容のない記事ばかりになってしまっていることがやや気がかりですが、更新しないよりマシと言い聞かせながら更新し続けています。

当サイトでは、リタイア生活の日常をはじめ、資産運用、節約、健康、旅行、車、趣味のアフィリエイトというカテゴリで記事を書いています。

セミリタイア生活 セミリタイヤ生活における出来事を気が向いた時に書いています。他のカテゴリに分類できないこともこのカテゴリに放り込んでいます。
資産運用 特に色々と手を出している訳ではありませんが、資産運用ネタについて書いています。ブログの性質上、アクセス数も多いカテゴリです。株高・円安に乗って800万円ほど利益が出たところで全ての運用から手を引きました。
節約 節約ネタですが、電気代やガス、水道代などを節約するといったことはやってません。不要なものは極力削って必要なもには我慢せずそれなりにお金を使うという生活スタイルです。
健康 お金と健康は有意義な人生を送るために最も必要な要素です。健康には気を使っているのですが、健康だと思って始めたことがかえって健康を害するといった落とし穴もあるようです。1日1食生活も1年ほど実践しました。
旅行 ときどきブラっと旅行には行くのですが、画像とか撮ってるとなかなか旅行を楽しめないこともあるので、気が向いたときだけ写真を撮りアップしています。実際はもっといろいろな場所へ出向いています。
男にとって車は最も楽しい遊び道具の一つです。お金がかかる遊び道具ですが、生活に無理のない範囲で気に入った車に乗っていきたいと思っています。素人目線での記事ですが、素人だからこそということもありこのカテゴリも人気があります。
趣味アフィリエイト 「趣味」というスタンスに拘っているため「趣味」という文言を先に入れています。生活にハリをもたせ、適当なストレスがかかるため続けやすい趣味です。儲けることができれば生活が潤うといったおまけがつきます。尚、当ブログではアフィリエイトはやっていません。

最近思うこと

最近は、何かライフワーク的なものを見つけたいと考えています。目標を持つことで生活に張りを持たせたいと考えています。

損をすることは避けたいのですが、収益は発生しなくてもいいんです。

何か人様のお役に立てるような、そんなことを・・・。

(2017年9月更新)

尚、ブログでは、コメントの投稿はできない設定にしています。

気が向いたら下から↓気軽に絡んでやって下さい。

絡み先

★xn--eckybzepdta4g.net

★を「info@」に変更して送信して下さい。

セミリタイア生活