アーリーリタイアを決断した理由その1

公開日:: アーリーリタイア

アーリーリタイアを決断した理由

サラリーマン時代にお世話になった人がいました。違う部署の部長です。

部長になるまでは比較的順調だったと思いますが、新入社員の歓迎会の席で同じ部署の女性にちょっとしたセクハラまがいのことをしてからは、日の当たらない部署を転々とする羽目になりました。

自業自得です。

それからは再起をかけて頑張ってましたが、1年ほど経ったある日の深夜、会社から帰宅途中、交通事故を起こしてしまいました。

轢いた相手は死亡。

先方の道路への急な飛び出しが原因ということでしたが、それからはハンドルが握れなくなり、会社の近くの寮に単身で引っ越して徒歩で通勤していました。

当時は公私で相当なストレスだったと思います。

それから1年もしないうちに肝臓を悪くしたのかお腹に水が溜まる病気を発症。

バレーボールのようなお腹になって只ならぬ病気であることは一目瞭然でした。

間もなく入院。

退院しても会社にまともに出勤できなくなり進退を迫られ、退職することに。

退職後してしばらく休養した後は、それまでの経験を生かして国道沿いにピザ屋をオープンしました。

駐車スペースが若干狭いものの立地も良くなかなか立派なお店です。

お店に伺ったときは、私にお店の損益計算書を自慢げに見せるほど元気になられていました。

お店には、奥様と子供さんも一緒に働かれていました。

やっと、落ち着くことができるんだろうと、私もホッとしてました。

色々なことでずっと苦しんできたのを近くで見てましたから。

でも・・、

訃報が届いのはそれからすぐのことです。

元気になられたと思った矢先でしたので驚きました。

彼は私に病状については一切話をしませんでしたが、自分が死ぬことを分かっていたのかもしれません。

自分が亡くなった後のことを考えて残された家族が路頭に迷わないようにお店を残したのかもしれません。

きっとそうに違いないと思います。

その後しばらく足が遠のいていたピザ屋に顔を出そうと妻と出かけました。

でもそのお店、

もぬけの殻になってテナント募集という張り紙がされていました。

その頃、私はアーリーリタイアするかどうか悩んでいる時期でした。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

やっぱり投資信託はやめときます。冒険する必要のないアーリーリタイア生活。

最近、A銀行から頻繁に電話があります。 平日の電話を取らずにいると土曜日もかかってくるようにな

記事を読む

セミリタイア生活初。アフィリエイト収入の確定申告(白色)

14年ぶりに自分で確定申告をしました。 おぼろげな記憶ですが、サラリーマンを辞めて自営業を開始

記事を読む

アーリーリタイア後のインフレ対策:米ドル建て個人年金保険

最近は円安による原材料価格の上昇に伴い、様々な食品が値上がりし、4月の消費税増税とあわせて家計を圧迫

記事を読む

退職金7000万円でもアーリーリタイアできない理由

少し前になりますが、三越伊勢丹ホールディングスは百貨店事業の低迷からリストラの一環として人員削減や不

記事を読む

充実したアーリーリタイア生活を送る秘訣は夫婦円満に尽きる

妻帯者の身で充実したアーリーリタイア生活を送る秘訣は何と言っても夫婦円満だと常々思っています。勿論、

記事を読む

アーリーリタイアした日

サラリーマンをリタイアしたのが今から16年ほど前の38歳の時。当時勤めていた会社の経営が傾き早期退職

記事を読む

朝起きてから寝るまで独り。老後の不安「孤独」。アーリーリタイアも孤独に注意。

経済的な面や健康面が不安視されている老後の生活ですが、健康面、経済面に問題がなくても「孤独」という不

記事を読む

アーリーリタイアをするにあたって(家族会議)

アーリーリタイアは言うまでもなく重大な決断です。 特に50歳そこそこでとなると尚更です。

記事を読む

無責任な投資の勧めはやめて頂きたい

最近は、投資信託などの積極的な資産運用は控えています。

ブログ村の新着記事に反映されない事象

当サイトは、「にほんブログ村」というブログランキングサイト

子供の存在が老後のリスクに

お金、健康、孤立は老後の三大リスクと言われていますが、近年

はとバスツアーで日光東照宮の旅

久しぶりに紅葉でも見ながらのんびりしたいと思い、先週末から

ブログの表示速度をアップ。作業効率を上げるのも節約の一つ

久しぶりにこのブログを管理しているレンタルサーバーを変更し

PAGE TOP ↑