なぜ働くことを止めてアーリーリタイアを決意したのか

なぜ働くことを止めてアーリーリタイアを決意したのか

早いもので50歳でアーリーリタイアしておよそ6年が経ち、このブログを立ち上げて早くも5年が経とうとしています。

将来に対する不安は少しばかりあるものの今の生活は快適そのもの。リタイアして6年経った今でも全く飽きませんし、早期にリタイアしたことを後悔したこともありません。

今回は、働くことを止めてアーリーリタイアを決意した理由を少し詳しく記してみようと思います。

働くことを止めてアーリーリタイアを決意した理由

50歳と言えば定年退職まで残り10年から20年。現役でバリバリ働く年代です。

それなのになぜ私は50歳という若さで働くことを止めてアーリーリタイアすることを決意したのでしょうか。その理由を整理すると以下のことがあげられます。

物質的な贅沢より自由が好き

その理由は、ブログを立ち上げた当初も書いた記憶がありますが、今後収入が途絶えてもどうにか生活していけるだけの貯蓄ができたからというだけではありません。

お金があってもリタイアしない人は沢山いますし、私の場合も仕事を続ければ、物質的(経済的)にももっと余裕のある贅沢な生活をすることもできていたと思います。

にもかかわらず、私が敢えてアーリーリタイアを決意した理由は、物質的な贅沢よりもリタイアして束縛やしがらみから解放されて自由になり、心にゆとりのある健康的な生活をしていく方がより有意義な人生を送れると確信したためです。

とにかく束縛というものから解放され、限りなく自由になれさえすればいい。そうすればゆとりのある健康的で幸せな生活が送れる。

私の場合、それが何ものにも代え難い価値だと思いました。

実際、働けばより豊かな生活が送れますがそれと引き換えに失うものも大きいのです。

特に、私は若い頃から極端に束縛を嫌い、自由に拘ってきた人間です。

30代には脱サラをしましたが、実は20代にも脱サラにチャレンジしています。

サラリーマンをしている時も、生活にゆとりが無くても、給料が減っても休みが増える方やノー残業を希望してきました。

事実、そのような選択を迫られる場面でも、周りの人が、
・給料が減ると生活ができなくなる
・生活のレベルを落としたくない
・会社にはいきたくないけど休みが増えてもすることがない
・家のローンの支払いがある
といったことを理由に働くことを選択する中でも、私は休日が増える方、残業が減る方を選択してきました。

要するに自由の少ない組織で生きるには不向きな人間だったようです。その方面のストレス耐性が弱いのかもしれません。

ただ、表向きは仕事も無難にこなし協調性もありましたので、周りからはサラリーマンとしてはむしろ適合しているかのように見られていたと思います。

実際、人事考課も悪くはなかったです。

アーリーリタイア向きの性格?

一方、アーリーリタイアするのに最も必要な能力だと思われる自己管理能力は昔からある方だと思ってました。

お金を手にしたからといって無計画に支出もしませんし、自由になったからといって堕落した生活も送りません。緊急事態になれば生活のレベルを落とすこともできます。

唯一、孤独にはどう対応するかという点が気になっていましたが、6年近くリタイア生活をしてきてこれも問題なさそうです。

人によっては、社会から疎外された気になって精神的に落ち込み引きこもり状態になる人もいるようです。実際、鬱病を患う人もいると聞きます。

やはり、物質的な欲求より精神的な欲求への満足に価値観を見出せるという点やリタイア生活を計画的に送れているという点でアーリーリタイア向きの人間だと思います。

アーリーリタイアを決意した判断は間違いではありませんでした。

実際、リタイアしてからの6年間は、旅行に行ったりブランド品を買ったり、また、外食をしたりする回数も随分減りましたし、お気に入りのROLEXも手放しましたが、幸せ感は増しています。

アーリーリタイアできる環境が揃ったため

そして、言うまでもなく、アーリーリタイアできるだけの貯蓄があり、家族の反対もなかったからこそ、アーリーリタイアという選択ができた訳です。

これがなければ、当然リタイアするという発想すら出てこない訳ですから贅沢なことだと自覚しています。

リタイアしたくても経済的な問題や家族の反対でできない人が沢山いる訳ですから。

運よくそんな好きな生き方を選択できる自分は恵まれていると思いますし、感謝の気持ちを持って生きていけなければと常々思っています。

まとめ

以上、私が働くことをやめて50歳でアーリーリタイアする決断に踏み切った理由を書いてきました。

・物質的な贅沢よりも自由の方が好き
・アーリーリタイアに向いている性格
・アーリーリタイアできる環境が整っていた

勿論、物質な贅沢と自由の両方を得られればそれにこしたことはありません。

しかし、何かを得るには何かを犠牲にしなければならない、二兎を追う者は一兎をも得ず、とはよくいったもので、2つを同時に得ることはなかなかできることではありません。

リタイアするか否かの選択だけに限らず、この歳になってこれまでの人生を振り返ると本当にその通りだと思います。

リタイア後は、経済的にはさほど余裕がある訳ではありませんが、自由で心にゆとりのある生活が送れています。

一生遊んで暮らせるほどの金銭的余裕のある人が残りの人生を大いに楽しむためにするリタイアとは次元が違いますが。

参考:アーリーリタイアに後悔したことがない理由

参考:アーリーリタイアの決断を後押しした悲しい出来事


セミリタイア生活