国民年金基金78万円前納しました。前納はセミリタイア生活における数少ない節約術の一つです。

国民年金基金は前納がお得。

本日6月1日、国民年金基金の前納分(1年分)78万円弱が引き落とされました。

国民年金基金案内通知書
アーリーリタイヤ(無職)組でもできる年金対策として国民年金とは別に国民年金基金に加入しています。

サラリーマンを辞めて脱サラしたのが38歳の時。

当時の試算では、サラリーマン時代の厚生年金分があるとはいえ、以降、国民年金だけを支払っていくとすれば、60歳までしっかり支払ったとしても、65歳から受給できる年金額は月額9万円ほどというものでした。

これではとても生活できないということで、自営業に転身してすぐに加入したのがこの国民年金基金です。

以来、15年近く上記の額の国民年金基金を支払い続けています。

国民年金基金の掛け金の上限は月額6万8,000円。年間にして816,000円です。

MAXまで加入したかったのですが、加入の型がいくつかあり、自分の希望する年金の給付型にすると月額6万5,000円ほど(年額78万円ほど)となりました。

国民年金基金は前納がお得

実は国民年金もそうですが、国民年金基金も前納制度があり、前納がお得です。

1年分の掛け金を前納すると、0.1ヶ月分の掛け金が割引されます。金額にするとおよそ6500円の割引ですのでバカになりません。

前納はアーリーリタイア生活における数少ない節約術の一つなのです。

国民年金も国民年金基金と同じく前納することで割引になりますので迷わず前納しています。どうせ支払うのですから安い方がいいに決まっています。

参考:国民年金は2年前納が最もお得です

国の年金問題同様、将来、本当に国民年金基金分の年金が支払われるのかというのは多少心配ではありますが、これまでずっと所得税控除の恩恵を受けてきましたし、将来、万が一少しばかり減額されたとしても定期などに貯金しておくよりお得になると信じることにしています。

しかも、今さら心配しても、60歳は目の前になってきています。

掛け金の一部を60歳から受給できる年金型に支払っていますので、あと5回ほど支払えば、60歳から月額5万円ほどの年金が受給できるようになっています。

そして、65歳からは、年金額は10万円ほどに増加。70歳からは国民年金分とあわせて20万円ほど受給できる予定になっています。

※国民年金分は、現在の制度では受給開始年齢は65歳からですが、リスクをとって70歳で試算していますし、70歳時点でも現金に余裕があればさらに受取年齢を引き下げる予定です。

あくまでも現時点での予定額ですので、少し減額されるかもしれませんがあとはなるようにしかなりません。

その時はその時。生活を工夫して対応するしかありません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ