老後資金が3000万円必要というのは絵に書いた餅

公開日: : セミリタイア生活, 資産運用

近年、ネットや書店の雑誌などに、よく
老後の資金として3,000万円必要
といった記事を見かけます。

この3,000万円という数字は、一般的に、退職後、年金だけでは不足する金額の合計額と考えられています。

でもこれっておかしな数字です。

インフレ目標を2%に設定しておきながら、今の物価水準で計算された金額です。

そもそもどの年代をターゲットに発信された金額かもわかりません。

この矛盾にみんな何となく気づいていると思うのですが、そこに切り込んで数字を出したものを見かけたことがないのは私だけでしょうか。

老後資金3,000万円の根拠

老後資金3,000万円の根拠は、およそ以下のようなモデルで算出されています。

(一般的なモデルケース)
・定年退職年齢:60歳
・年金支給開始年齢:65歳
・生活費:月額25万円
・年金収入:月額20万円
・平均寿命:85歳~90歳

・60歳から88歳までの生活費:25万円×336ヶ月=8,400万円

・65歳から88歳までの年金収入:20万円×276ヶ月=5,520万円

・不足分:2,880万円(8,400万円 - 5,520万円):およそ3,000万円

20年後の3,000万円は?

現在の年齢を40歳と仮定した場合、老後(20年後)の3,000万円はどれくらいの価値があるのでしょうか。

インフレ率を目標値の2%と仮定すると、ざっくりですが、物価は40%ほど上がり、生活費は単純計算で25万円から35万円になっています。

これに対して年金支給額はマクロスライド制で思うように上がりません。

むしろ物価の上昇うんぬんという前に年金額は下がってきます。

仮に年金支給額に変動がないとして上記のモデルケースにあてはめると、単純に生活費が10万円上がった分336ヶ月で新たに3,360万円、合計6,240万円不足することになります。

仮にインフレ率が1%でも同じく合計額は、4,560万円不足してきます。

さらにこの計算は、物価の上昇(インフレ)が60歳でストップした場合の計算です。インフレがそれ以降も続くのであればもっと悲惨な数字になります。

また、定年が65歳にシフトしても年金支給開始年齢は70歳にシフトしてきます。

寿命も伸びるでしょう。

このように、現在想定している必要な老後資金といったものは絵に書いた餅のように感じます。

アーリーリタイアするのに必要な資金は〇〇〇万円、といったことも同じです。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

50歳で夢を追って何が悪いんでしょうか

年齢54歳、歌手に挑戦! 14年前に一緒に会社を早期退職した知人(Y)にそんな人がいます。

記事を読む

生活保護世帯が過去最多!他人ごとではなくなる生活保護!

厚生労働省によると今年6月時点で生活保護を受給している世帯の数が統計を取り始めた1951年以来過去最

記事を読む

1日1食生活。1年実践しての感想

昨年のゴールデンウィーク明けから始めた平日だけの1日1食生活を実践してちょうど1年が経ちました。

記事を読む

アーリーリタイアするにはいくら貯蓄(資産)が必要か

ときどき、 「40歳で〇〇〇万円あればリタイアできるか」 「老後は貯蓄が〇〇〇万円必要」 「早

記事を読む

他行への送金手数料を無料にする方法

車の買い替えで車屋さんにお金を送金することになりました。 相手方指定のA銀行への送金です。

記事を読む

MRI検査に行ってきました。その驚愕の料金は?

先日、深夜(早朝)に意識を失って頭を強打してからというもの妻が異様に心配してくれています。 朝

記事を読む

自分の資産は自分で守る

株価が反転し、少し戻りはじめているようです。 何はともあれ保有している銀行株の暴落が止まりホッ

記事を読む

駐車場の抽選。ハズレればマンションから追い出されます。

私が住んでいるマンションでは3年に1度、マンション敷地内の駐車場の抽選会(改選)があります。

記事を読む

アーリーリタイア生活、2017年の資産減少額

こんにちは有栗です。 今年はアーリーリタイアをして5年目を迎えま

キャリアのスマホ月額料金も格安スマホ並みに!

新年、おめでとうございます。 2018年がスタートしました。

ブラック企業を辞めることを思い留まる理由

今年もまた幸せな1年を過ごすことができました。 唯一気が

人生100年時代になるとリタイア組は破綻!

こんにちは、有栗です。 もうすぐ今年も終わります。本当に1年が早

環境が性格を変える?それとももともとの性格?

こんにちは。有栗です。 今年も残すところ10日ほどとなりました。

PAGE TOP ↑