55歳でアーリーリタイアするにはいくら資金が必要か

55歳でアーリーリタイアするにはいくら資金が必要か

50歳でリタイアして今年の6月で5年が過ぎ、当方も55歳になりました。

実は、先日、「アーリーリタイアして5年たった感想」という記事を書いたところ、自称「ときどきブログに訪問して頂いている方」から「同じ55歳なのですがいくらくらいの貯金があればリタイアできるか意見を聞かせて下さい」といった問い合わせのメールを頂きました。

55歳近辺といえば、この方のようにある程度の資産があれば早期リタイアを考える人も多いと思うのですがどうなのでしょうか。

現在の定年退職の年齢は、一般的に60歳から65歳。

55歳時点で、今後何とか生活できるだけの金銭的目途が立っている人であれば、例えば65歳に退職したところで、果たして残りの人生を健康的に楽しむことができるだろうか、その体力と知力はあるだろうかといったことを考える人もいてもよさそうです。

もう仕事は辞めて残りの人生は好きな事をして生きていくのがいいのではないか、そう考えている人も少なくないと思います。そもそも65歳まで健康でいられるかどうかもわかないと考える人もいるでしょう。

そこで、今回は、私も55歳を迎えたこともあり、55歳でアーリーリタイアするためにはいくら資金(資産)が必要かということについて考えてみました。

55歳でアーリーリタイア。いくら資金(資産・貯金)があれば可能か

メールを頂いたこともあり、現在55歳近辺の人が、いくら資金があればアーリーリタイアできるかについて個人的な見解を述べてみたいと思います。

当ブログはコメント欄を設けていないのでたまにメールで問い合わせや意見などを頂くのですが、公開されない分、コメント欄に書くより内容の濃いメールを頂くことが多いように感じます。

その方から頂いたメールでも家族構成から資産の情報、趣味嗜好まで細かく説明がなされていました。

その方は、資産運用が得意な方のようで年に数%の利益ありきでシミュレーションされてましたが、私は専門化でも経済通でもないのでそのあたりはわからないとしながらも失礼のないように自分の考えを返信しました。

基本的には「アーリーリタイアするのに必要な資金(貯金)はいくらか」を参照して頂きたい旨(おそらくそういう質問をしてくるくらいなので充分読まれているとは思うのですが)と一言二言考えを述べさせて頂きました。

55歳ともなれば、残り5年から10年を経済的に凌げればまわりの同年代の人と同じ年金生活に突入する訳です。そういう意味ではリスクも少なくより正確な計画も立てられると思います。実際、2~30年前は55歳が定年だった訳ですし。

ただ、返信したメールにも書きましたが、資産運用による利益を生活費のあてにするのはリスクが多きすぎます。運が悪ければ生活が破綻し、再就職という最悪の事態を余儀なくされます。

資産運用は余裕資金から捻出し、うまくいけば外食代や旅行代などに充当するくらいの考えがいいと思います。

そういう意味では、現在保有している資産だけで生活ができるという設計が必須だと考えます。55歳にもなれば40代などと比較してその設計書通にいかなくなるリスクも少なくなります。

また、退職するとなると国民年金基金への加入も考えられていました。支払期間は残り5年もありませんのでリターンはさほど多くはありませんが、大型定期預金などより断然利息の率がいいのでおすすめだと思います。

仮に残りの5年で収入が発生しても掛け金は全額が所得税控除の対象となります。

何よりも終身が選べますので65歳定年組と差がつかないようにするにはおすすめのリスク対策だと思います。

55歳、いくら資金があればアーリーリタイアできるか、については、それぞれの環境も異なりますし、一概には言えませんが、少なくとも簡単に想定できるリスクは計算に盛り込み、置かれた環境と想像力で計算すべきだと思います。

しかし、かといってリスクばかりを考えてアーリーリタイアを行動に移さないのも無味乾燥な人生になりがちですので、その判断は難しいものです。そして、リタイアするのもしないのも最後は決断です。決断したら腹をくくって進みましょう。

結局はどうにかなるものです。

かく言う私もリタイアを決断する時、またリタイアした当初は少し不安でした。しかし、5年という実績ができて、また55歳になったということでその不安も殆どなくなっています。リタイアして過ごした時間と同じ時間を過ごせばもう60歳です。

あと5年もせずに月額5万円という年金(国民年金基金)の支給が開始されるというのも額は少ないのですが、安心材料になっています。

参考:私はなぜ50歳でアーリーリタイアしたのか


セミリタイア生活