アフィリエイトで安定した収入を稼ぐには

アフィリエイトで安定した収入を稼ぐには

アーリーリタイア後は、実益を兼ねた趣味としてアフィリエイトを始めました

そして1日の半分をアフィリエイトに関する作業に費やして2年ほどが経ちました。

ここ3ヶ月ほどの収入は月額およそ15~20万円で推移しています。

アフィリエイトで安定した収入を稼ぐことはできるのか

実は、昨年の9月頃に1度20万円を超えたのですが、Googleがパンダアップデートを実施したため、検査結果の順位変動が起こり収入が激減。1度はほぼ振り出しに戻りました。

パンダアップデートというと耳慣れない言葉だと思いますが、これは、Googleがサイトを評価して検索結果の順位を割り出すための評価計算式(アルゴリズム)をアップデート(更新・変更)するというものです。

Googleは、できるだけ質の良いサイトを検索結果の上位にもってこようといくつもの項目でサイトを評価し順位づけしています。

従って、パンダアップデートが実施されると、それまで検索結果の順位として30位ほどに位置していたサイトが突然1ページ目の10位以内に入ってくるといったこともあれば、逆に5位ほどに位置していたサイトが30位ほどに移動したり、酷い時は圏外(概ね100位以降)に飛ばされたりといったことが起こります。

私の場合、昨年の9月頃までは、作成したサイトの大半が検索結果の上位に表示されるようになり、それに伴ってアフィリエイトの収入も増えつつありましたが、その頃、パンダアップデートが実施され、作成したサイトの7割ほどが圏外に飛ばされました。

小手先のSEO対策では通用しなくなったと実感した瞬間でした。

※SEOとは「検索エンジン最適化」という技術で、わかりやすく言えば、Googleなどの検索エンジンで目的のサイト(通常は自分のサイト)を検索結果の上位に表示させる技術です。

アフィリエイトでは、自分のサイトが特定の検索ワードで検索結果の上位に表示されればそれだけサイトの露出が増え収入に結び付いてくるという訳です。

確かに自分の作ったサイトは小手先のSEOに頼ったもので、他のサイトと比較するとより良いコンテンツを持ったものではないという自覚がありましたので、圏外に飛ばされたときは、逆に、Googleのアルゴリズムの変更(パンダアップデート)に感心したほどでした。

私の場合は、アーリーリタイア後の趣味程度のものなのでまだいいのですが、それで生計を立てている人にとって死活問題です。

このことからもわかるようにアフィリエイトで安定した収入を得るためには、Googleのアルゴリズムの変更に柔軟に対応していく技術や能力が必要にあります。

しかし、アルゴリズムがプログラムである以上、必ずしも優れた記事が上位に表示される訳ではありません。結果、Google独自で決めたアルゴリズムに振り回されることになります。

そういう意味では、アフィリエイトで安定した収入を稼ぐことは不可能とは言わないまでも相当に難しいということになります。

従って、基本的には、アフィリエイトで生計を立てようという考えは止めるべきだと思います。

関連記事

アフィリエイトをはじめて今月で1年ほどが経ちました。運よく?アフィリエイト収入も少しづつ伸びてきてやっと2ケタ万円になり、ASP(A8.net)でのASランクもゴールドとなりました。月額[…]

アフィリエイトで生計を立てようという考えはやめるべし

パンダアップデートが実施された後は、残りの3割ほどのサイトを中心に圏外に飛ばされた7割のサイトも地道に良質なサイトへと修正すべく作業に励んでいます。

少し順位を回復した分で収入はやや安定しているとは言えますが、特定の商品の売上に偏っており、商品が変更された場合や無くなった場合は、売上の下落が予想されます。

勿論、またいつアルゴリズムの変更が実施されるかわかりません。

アフィリエイトで安定した収入を稼ぐには

結論から言えば、アフィリエイトで「安定した」収入を稼ぐことは非常に難しいと思います。

私自身も安定して稼ぐことはできないと思いますが、これまでの経験からアフィリエイトで安定した収入を得るための留意点を私なりにまとめてみたいと思います。

尚、ここでは主にサイトアフィリエイト(ブログではなくホームページを作成してアフィリエイトする形態)について記載しています。

コンテンツの充実化

一部例外も見受けられますが、しっかりしたコンテンツ(内容)を持ったサイトしか上位に表示されなくなりました。

それまでは、そこそこのコンテンツを用意すれば、タイトルやキーワードの出現率、内部や外部からのリンクなどの操作で上位表示が可能でしたが、これが通用しなくなりました。

コンテンツのオリジナリティ化

充実した(詳しい)コンテンツも重要ですが、現在は以前と比べてオリジナリティがより求められるようになってきています。

オリジナリティ含めて充実したコンテンツということになります。

一つの商品を紹介するにしても、それをどれだけ詳しく説明したところで、上位には同じような説明をしたサイトが集中してしまいます。

同じ商品ですから紹介する内容が重複するのも無理はありません。

どれだけ詳しい内容が書かれていても同じようなサイトばかりが上位表示されることは、検索をしている人がそうであるようにGoogleも良しとはしません。

取り扱うアフィリエイト対象商品やサービスについて、自分独自の視点から意見を盛り込んだりすると上位に表示される可能性が高くなります。

安定したキーワードを検索キーワードに

安定したキーワードというとちょっと変ですが、
「ダイエットサプリメント ABC」
という商品があった場合、キーワードの観点から「ABC」という商品に力を入れるとABCという商品が無くなれば収入はゼロになります。

ですが、
「ダイエットサプリメント」や
「ダイエット」
というキーワードに力を入れればほぼ永久に検索する人(訪問者)が減ることはありません。

大きな括りのワードを「ビッグワード」といいますが、「ダイエット」といったビッグワードで勝負することは今更無謀と思われますが、このような視点にたってキーワードを作り、そのサイトを育てていくと、安定した収入に結び付くことになります。

まとめ

アフィリエイトやSEOのことについて書き出すとまだまだ書きたいことは沢山ありますが、今日は間違いのない3点だけ書かせて頂きました。

正直、アフィリエイトで安定した収入を継続していくことは困難です。

どんなに儲けていたスーパーアフィリエイターでもアルゴリズムの変更で一発で収入はゼロになる世界です。

しかし、オリジナリティある良質なサイトは残っていきますので、波があることを承知で頑張っていけば、長い目でみれば一定の収入を継続していけるのではないかと思います。

あと最後にもう一つだけ言えることは新規参入者だからと言って不利ではありません。

オリジナリティある良質のコンテンツが用意できれば、新規参入者でもまだまだ一攫千金のチャンスがある世界です。

関連記事

先日、「ヤフー広告でアフィリエイトサイトなど成果報酬型サイトの広告配信を原則不可にする」というニュースが飛び込んできました。参考:広告掲載基準「広告の有用性について」判断基準変更のお知らせ[…]

アフィリエイトで稼げる時代は終わるのか?

セミリタイア生活