BMW330eの購入を決意

先月のBMW330eの試乗から購入意欲が膨らみ、再度の試乗をお願いしました。

試乗コースはこちらが指定。

1.高速道路
2.ロードノイズが大きい道路
3.起伏の激しい道路
を盛り込んだ2時間弱のコースです。

GS450hとの比較をより正確なものにするために直前に全く同じ道路をGS450h(以降GSh)でも走行しました。

BMW330eの乗り心地の最終確認

高速道路

高速道路では法定速度までのスピードや走行安定性はGShとほぼ変わりませんでしたが、風切音とロードノイズは少し気になりました。

風切音は、決してうるさくはありませんが、GShと比較すると少し大きいように感じます。また、ロードノイズも多少気になりましたが、これはGShのタイヤをレグノGR-XIに変える前と同等と感じました。

ただ、BMW330eは、電池の残量が多いと高速道路でも120キロほどまで速度を上げないとエンジンがかかりません。

この日も満充電した後のいきなりの高速道路試乗だったのでなかなかエンジンがかからず、相対的に風切音とロードノイズが目立っていたとも考えられます。

ロードノイズが大きい道路

高速道路の試乗を終わり、いつも気になっているロードノイズが大きい道路を試乗しましたが、こちらのロードノイズは60キロ前後という低速走行のためかさほど気になりませんでした。

起伏の激しい道路

最後に悪路で起伏が激しく段差の多い意地悪なコースですが、これについては、レクサスGShよりBMWの足回りが確実に優れていると感じました。

GShの場合だと、ゆっさゆっさと体が揺れたり、段差時の突き上げが軽くお腹にきていたりしましたが、それが殆どありませんでした。

上品にいなしてフラットに保とうとすぐに収束します。同乗者も同じ感想です。

ランフラットタイヤを履いているというハンディがありながらこれだけの乗り心地や静粛性を実現できるのは非常に優秀だと思います。

ただ、GShと比べると車体が小さい分、小さな揺れは多く感じます。

後半は電池の残量も減り、エンジンと電気の走行を繰り返しましたが、それでも実に静かです。状況にもよりますが、エンジン音はGShより静かですし、エンジンと電気の切り替えはGShより上質で違和感がない場面が多いです。

アクセルを強く踏み込んでエンジンがかかると通常のガソリン車である320iの上質版(電気がサポートしているため)が体験できます。エンジン音も悪くありません。アクセルレスポンスが良く走る楽しさが体感できます。

ただ、前回の試乗の時はあまり気になりませんでしたが、今回は1時間半ほど乗った時点からランフラットタイヤ特有のゴツゴツ感が気になりました。

BMW乗りの方には分って頂けると思いますが、硬いプラスチックのタイヤで非常に小さな小石がち散りばめられている道路を走るような感覚です。

この日はたまたま体調が優れず、試乗で過度に神経質になっていたということもありますが、ランフラットタイヤ特有のゴツゴツ感だけが気になったので購入後、すぐにタイヤを普通のラジアルタイヤに変えても保証に影響がないかを確認しました。

BMW330eの購入を決意

そして契約

確認するとタイヤ交換については問題ないということ。そこで価格がどれくらいになるか交渉に移りました。

BMWで先日見積もってもらったGShの下取り額は300万円超え。3ヶ月前にレクサスのディーラーで見積もってもらった額より20万円高い数字でした。

その間、タイヤをレグノGR-XIに交換したとはいえ、3ヶ月前との比較ですから単純に20~30万円はプラスです。

330eの価格自体も1週間ほどでいい数字を出してくれました。

プラグインハイブリッドであるにも関わらず、320iとの価格差がプラス70万円、320dとの価格差がプラス50万円、330iとの価格差がマイナス50万円という価格は魅力的ですし、さらにエコカー減税や補助金もあります。

それでいて、他の3シリーズより静粛性(電気で走っているときだけではなくエンジンがかかっているときもエンジン音が抑えられているようです)が高くなり、乗り心地(電池による200kgの重量が重厚感と乗り心地をよくしているようです)も良くなり、また燃費も良くなります。

というわけで今回はBMW+プラグインハイブリッドによる上質な乗り心地とBMW本来の走る楽しさに魅せられて購入を決意しました。

決して安い買い物ではありませんし、GS450h自体殆ど不満のないいい車でしたので、実際はかなり悩みましたが、外国の車にも一度は乗ってみたかったということと、この機会を逃したら外車に乗ることはないかもしれないと思ったことも動機の一つです。

320iやグランツーリズモ、電気自動車のi3も試乗させて頂きましたが、心が動いたのは330eのみです。

ベンツCクラスにもプラグインハイブリッドが出ていますが、こちらは価格が100万円以上高くなりますし、調べた限りでは330eのほうが私のニーズにマッチしてそうです。

通常のCクラスやEクラスを試乗しても330eに決めていたと思いますし、たまたま今回試乗したのが320iだったらBMWの購入には至らなかったと思います。

とはいえ、GShのようにインパネ周りの上質感もありませんし、液晶画面やナビ、ステレオの性能も間違いなく落ちます。

便利なブレーキホルド機能やEセグメント特有のゆったり感もありませんので、長時間運転したときの疲れ具合も未知数です。

加えてプラグインハイブリッドも少々不安です。しばらくは不具合も出てくるかもしれませんが、何事も経験。全てを受け止めて、できれば5年ほどBMWライフを送っていきたいと思います。

乗り出し価格は730万円ほど。

下取り額と値引き額を差し引いた額が手出しとなります。

BMW330eに乗ってみた感想


セミリタイア生活