都市銀行のリストラでざわつく地方銀行の行員

公開日:: セミリタイア生活

日銀によるマイナス金利政策による収益の悪化やこの先起こる人口減やAI(人口知能)の発達などで都市銀行で本格的なリストラが始まりそうです。

先月(11月)は、みずほフィナンシャルグループが2026年までに約19,000人の人員を削減することを表明。三菱東京UFJ銀行も2023年までに6,000名の人員を削減することを表明しました。

人口減やAI(人口知能)の発達は銀行だけでなく様々な業種に影響を及ぼしますが、銀行は同時にFinTechという技術が革新を起こしていくため一層の構造改革が必要になると思われます。

先日、近くの地方銀行の副担当者から電話がかかってきました。

これまでの担当者が転勤になったので新しい担当者が挨拶をしたいということです。この銀行とは8年ほど前に取引をはじめましたが、担当者が変わるのはこれで3度目(4人目)です。

職場での不正行為や客との癒着を防ぐための定期異動と聞いていますが、それにしても本当によく変わります。

という訳で一つの定期の満期が近いのでそれをどうするかということもあり、こちらから伺うことにしました。

今回の担当者は福岡から転勤してきた30前のまじめそうな男性です。

若いということもあって都市銀行のリストラやAIの発達による銀行業務の変革に過敏に反応し、危機感を感じているといいます。

1時間ほど世間話をすると真剣に転職を考えていると打ち明けてくれました。

いくつかの転職サイトに登録していると、ときどきオファーのメールが届き、その都度どうするか夫婦で家族会議をしていると言います。

冗談で支店長の方を向き、手を上げて手招きしたふりをすると慌てて手を抑えようとするマジメな男性です。

リストラ(構造改革)は進むけど銀行がなくなる訳はないのだから「銀行で生き残る方で頑張ってみたら」と話すと一応客を前にしてますので「スペシャリストの道を探ってみます」と元気に答えていました。

ときどきテレビでも紹介される
・「未来の年表」と
・「仕事消滅(AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること)」
という本にも目を通してみましたが、特に今後の人口減少が社会に与える影響は想像以上に厳しいようです。

55歳にもなると10年後20年後の人口減少に対してそこまで危機感を募らせても仕方がないと考えてしまいますが(年金生活になりますので今更ジタバタできません)、若い人達にとっては死活問題になります。

本の中では人口減少による負の影響をAIロボットが人に変わるイメージで救ってくれる未来も一定の条件付きで提案されていましたが、仮にそういう未来になるとしても随分先の未来のようです。

少なくとも当分の間はこれまで体験したことのないような厳しい時代が続くのかもしれません。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

ブームの甘酒は本当に体に良いのか

少し前の話ですが、ホワイトデーには、2組の女性から「甘酒」をリクエストされました。バレンタインデーの

記事を読む

ブログ辞めようかな

最近は、アフィリエイトに集中しているせいか、ブログを更新するペースが落ちてきました。 特に先月

記事を読む

アーリーリタイアして5年経った感想

先日の6月30日で、50歳でアーリーリタイアしてから5年が経ちました。 今月から6年目

記事を読む

来年の目標をノートに書き出すのが12月の恒例行事です

今年も残り2週間となり、主な残作業は、年賀状に一筆書くのと墓参り、それと大掃除の3つとなりました。

記事を読む

マンションVS一戸建て

ときどきメディアでも取りあげられる 「マンションと一戸建て、どちらがいいか」 という問題

記事を読む

銀行の露骨なリストラ、11ヶ月で異動!

マイナス金利、少子化、AI、フィンテックと、銀行にとってはネガティブなことばかりで、日経平均株価は上

記事を読む

うつ病で入院

以前勤めていた会社の同僚が鬱で入院したと聞きました。 直接本人から聞いた訳ではないので定かでは

記事を読む

アーリーリタイア後の生活は同世代のサラリーマン並みを目指す

こんにちは有栗です。 リタイアして2年ちょっとが経ち、ブログをはじめて1年ちょっとが経ちました

記事を読む

ブログ村の新着記事に反映されない事象

当サイトは、「にほんブログ村」というブログランキングサイト

子供の存在が老後のリスクに

お金、健康、孤立は老後の三大リスクと言われていますが、近年

はとバスツアーで日光東照宮の旅

久しぶりに紅葉でも見ながらのんびりしたいと思い、先週末から

ブログの表示速度をアップ。作業効率を上げるのも節約の一つ

久しぶりにこのブログを管理しているレンタルサーバーを変更し

BMW330e iperformanceのストレスのない走らせ方

久しぶりに愛車BMW330e iperformanceの記

PAGE TOP ↑