リストラのニュースで思い出す私自身のリストラ物語

リストラのニュースで思い出す私自身のリストラ物語

先日、東芝が7800人の人員削減リストラ策を発表しました。

リストラがニュースになると、決まって思い出すのが15年前の当時サラリーマンだった自分自身のリストラ物語です。

あの頃はどこもかしこもリストラ。リストラの嵐だったように記憶しています。

私が勤めていた会社も不景気のあおりを真っ先に受ける会社で経営の悪化とともにリストラ策を講じ、150名の早期退職者を募集しだしました。

募集条件は何とも中途半端な38歳以上。

私も38歳でしたので応募資格は満たしています。

早期退職者優遇制度にのっとって退職すれば、退職金が割り増しされる上、加算金があり、会社都合の退職となって失業保険がすぐに支払われ、しかも貰える期間も長くなるなど自己都合で辞める場合と比較して条件がかなり良くなります。

しかも専門の企業が間に入って再就職支援もあります。

しかし!

実は私、近いうちに早期退職者優遇制度による早期退職者の募集があるとは知らず、その1ヶ月前に上司である部長に辞表を提出していました。

私自身のリストラ物語

早期退職者の募集が発表されると、その1ヶ月前に私から辞表を受け取っていた直属の上司R部長は、私に向かって「○○君、早まったな」とニヤっとした顔で言い放ちました。

上司は辞表をそそくさと人事部へ提出

勿論、R部長は、1ヶ月後に早期退職者の募集があることは知っており、にもかかわらず辞表を受け取った当日、そそくさと人事部へ提出しています。

こういう人、テレビだけでなく実社会にもいるんですよね。

目をかけていた部下だっただけに裏切られたようで腹立たしかったのだと思います。

引き継ぎ期間を長めにとっていたため、実際に辞める時期は、早期退職優遇制度に応募した人達と変わりません。

にもかかわらず、貰える金額は数百万円単位で違ってきます。

捨てる神あれば拾う神あり

若干の後悔はあったものの、かといって撤回するという訳にもいかず、早期退職者の募集が始まって間もなく悶々とした日々を送っていたところ、取締役から呼び出しの内線電話がありました。

常務室に行くと「辞表、私の方で止めておきましたから、改めて早期退職優遇制度に応募して下さい」とのこと。捨てる神あれば拾う神ありです。

常務とは以前、何度か打ち合わせなどで顔を合わせていました。知らない間柄ではなかったので人事部から辞表を預かったとのことでした。

「R部長には私の方からその旨説明しておくので、私と話したことは言わずその時にはじめて聞いたことにして下さい」と。

こういう気の利いたセリフ、テレビドラマでしか聞いたことがありません。

後日、R部長から呼び出され、「僕が口をきいて辞表ストップしてもらったよ。君も早期退職優遇制度に応募できるようにしたから。しかし、人事部との交渉は大変だったんだぞ」と辞表を返されました。

私は辞表を受け取りニヤっと笑い返して、ついでに頭も下げてやり「ありがとうございました」と答えました。

無事早期退職者優遇制度に応募して退職

かくして、無事早期退職者優遇制度に応募。

結局、150名の募集に200名以上が殺到。

特に定年を間近に控えた人は殆どが応募していました。

応募者が殺到するのを見越して、早期退職届が受理される受付場所に前日から徹夜で並ぶ人が100人近くいました。当然、私もその中にいました。

200人以上全員の退職が認められて、私も無事退職することができました。

あれから15年。

私は運よく事が運びましたが、あの時に列に並んでいた人の中には未だに職を転々とし、転職活動を続けている人もいます。今考えるとみんな世間知らずだったんですね。

今となっては懐かしい思い出です。

参考:一流企業の待遇は会社を辞める時も違う。東芝の早期退職優遇制度


セミリタイア生活