歯医者のサービスが人が変わって劣化!

歯医者のサービスが人が変わって劣化!先日、奥歯のかぶせものが外れたので仕方なく歯医者に通うことにしました。

3ヶ月に1度通っている定期検診に加えての治療で、またお金がかかる上に、最近は、受付のスタッフが若い女性2人からおばちゃん2人に変わってサービスが悪くなったせいもあって行くのが余計に億劫になっています。

歯医者はゆっくり歩いて20分くらいのところにありますが、その日は寒くて雨もちらついていたので車で行くことにしました。

診察券を出す際に指定の駐車場に車を駐めたことを窓口で申請すると帰りに駐車券が貰えるシステムになっています。

診察券と保険証を出しながら窓口でその旨伝えると、「このPカードを一緒に提出してください」と。

画像のように若い女性が笑顔で言ってくれるならまだしも、おばちゃんが、つっけんどん(無愛想)に言います(笑)。

カードは、画像のように受付の女性の目の前に置いてあります。

客が申請したらカード入れから取って差し出してくれるくらいのサービスがあってもいいと思うのですが・・・。

若い女性の時は当たり前のようにカードを取って差し出してくれていました。

歯の型を取った日は、その後、歯科衛生士さんが当たり前のように歯のクリーニングを始めました。

その日は前回の定期検診時から2ヶ月くらい立ってましたのであまり違和感はなかったのですが、歯をかぶせに行った2週間後もまた同じように全ての歯のクリーニングをしました。

勿論、クリーニングの料金は別料金です。

とにかく歯科衛生士のお姉さんが多いので(ざっと10人くらいでしょうか)、こういうことで点数を稼がないと経営が厳しいのかもしれません。クリーニングが終わった挙げ句には「キレイにされてましたね~」と。

ほなら、クリーニングすなっちゅう話です。

歯をかぶせた日の帰りに請求された金額は保険適用で8,000円でした。

歯をかぶせたので妥当な金額かどうかはわかりませんが、歯のクリーニング代もしっかり請求されていました。

若い女性が受付の時は、治療費がおよそ3,000円を超える場合は、事前に「次回は4,000円ほどかかる予定です。」と言った具合に予め予定額を伝えてくれていましたが、今回、おばちゃんからは特に金額のお知らせがなかったので逆に3,000円くらいかと予想していたのでちょっとビックリしました。

人が変わって確実にサービスが劣化しています。

以前も予約を入れる時に「10分ほど遅れるかもしれません」と伝えたところ「それでは違う日に予約して頂けませんか」と言われて驚いたことがあります。

受付のおばちゃんやクリーニングなどのサービスには疑問を感じますが、反面、いつも待ち時間がなく治療の腕もいいので歯医者を変えるところまでは考えられません。今回もかぶせた歯が分からないほど違和感なく仕上がっています。

しかしながら、今回はいつもは入れる次回の定期検診の予約は入れずに帰ってきました。劣化したサービスへの少しばかりの抵抗として定期検診の間隔を少し伸ばすことにしました。

長いセミリタイア生活を送るとこういった細かいことが気になるようになるようです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ