税務調査が入った日

確定申告の時期になりました。

昨年は、アフィリエイトで250万円ほどの収入が発生しましたので、今回郵送による確定申告を済ませました。

個人で確定申告をするのは今回が2回目です。

一度目は14年前の39歳のとき、脱サラして収入が発生した翌年に行いました。

2年目以降は、法人成りして税理士さんにお任せしましたのでそれっきりです。

今日は、法人の時に経験した税務調査の体験談を少し・・・。

税務調査を受けたのは今から約5~6年ほど前だったと記憶しています。

突然、税務調査がやってきた、といったことをよく聞きますが、私の場合「突然」ではありませんでした。

GW開けだったと思いますが、まずは税務署から税理士に連絡があり、税理士経由で、来週の○○日くらいにどうでしょうかという打診がありました。

当日、経理担当の妻と税理士事務所へ行くと男性二人の調査官が来てました。

名刺を頂きましたが、統括とか上席とかいった肩書があったので偉い人だったのかもしれません。

一通り業務の内容などを説明した後で、税理士さんに預けている書類を確認してもらうようになりましたが、近日中に職場も拝見したいという話もありました。

日にちをおくと悶々とした日が増えるので、今から如何ですかと提案。

突然の訪問で多少散らかっていても悶々とした日々を送るよりマシです。

ということで、調査官を連れてそのまままっすぐ職場に。

日々の業務の流れの説明を求められ、パソコンを立ち上げて説明。

説明している間に、受注メールやWEBサイト、請求書などランダムに数十ページの印刷を依頼されました。

そこで印刷されたものと、これから税理士事務所で調査する資料の内容に整合性があるかどうかの確認をするためだったようです。

調査が終わったのは翌日の夕方。まる2日間の調査でした。

税理士事務所に呼び出されて、税務調査の結果報告がありましたが、3年前の領収書が1枚確認できなかったとの指摘の他は特に何もありませんでした。

領収書、貰えるのであれば貰ってきて下さい、との言葉がありましたが、3年前ですので、今更貰うこともできず、その分の税金を支払うことに。

かくして、税務調査は終了しました。

税金を誤魔化したりすることはありませんが、調査が入るというのは気もちのいいものではありません。

せめて支払うべき税金はしっかりと支払い、いつ調査されてもいいように堂々としておきたいものです。


セミリタイア生活