銀行のアドバイスに従って損をしても結局は自己責任

銀行のアドバイスに従って損をしても結局は自己責任

少し遅くなりましたが、新年おめでとうございます。

相場の世界では、申年は「騒ぐ年」という格言があるようですが、まさに年明けから株価の下落、円高と中国株に振り回され、騒がしくなっています。

リタイア組には死活問題となる資産の動向ですが、保有している株やドル、米国債券も年明け早々からダメージを受けています。

ここ数年続いていた円安・株高基調も一旦終焉を迎えたような感じです。

昨年からアフィリエイトの調子が良くなってきたので、いっそドルと投資信託を全部処分してアフィリエイトだけに集中してみようかと考えることもあります。

リスクのある投資よりも確実に収入になりますし、これらの動向を気にする必要も無くなる分、心的ストレスも減る訳ですから。

解約するかどうか銀行に相談

およそ6年前、米ドル建ての個人年金保険を1,000万円分購入しました。

1ドル83円という超円高の時です。

そして、昨年の夏、1ドル125円に差し掛かった頃、そろそろドルを円に換金するタイミングかと思い、解約する前に念のために銀行の担当者に相談してみました。

利率1.5%で10年保有が原則。途中解約すると解約手数料が差し引かれますが、為替差益と利息で計算すると今が解約時ではないかと思ったからです。

担当者によれば、年末頃に米国の金利引き上げがあると思われるので、さらに円安に傾く可能性が高く今換金するのは勿体ないと思われるということでした。

米国の金利引き上げは既に織り込み済みではないかとの疑問を投げかけたものの、そうではなくさらに円安になると思われると。

結局、銀行員のアドバイスを尊重し、さらなる円安を期待して解約せずにドルを保有し続けることにしました。

銀行のアドバイスに従って損をしても結局は自己責任

あれから半年、昨年末に米国の利上げは行われたものの、円安に動かないどころか、円高になり現時点で119円台を推移しています。

12.3万ドルほど保有していますので、解約しようと思った昨年の夏から70万円ほど目減りしてしまいました。

最終的には自分で判断したものですし、結果論なので他人を責めるつもりはありません。

しかし、アドバイスした銀行員はそういう会話をしたことすら覚えていない状況です。

銀行員なんてその程度です。すぐに異動しますしね。

結局はどんなに損をしても自己責任。失敗したからと言って他人は助けてくれません。

なのでちゃんと自分で考えて納得して決断すべきだと痛感しました。

今年は資産運用を含め今後のことについて少し深く考えようと思います。

そしていつも通り後悔しない決断や行動をしようと思います。

今年は中国経済の動向や原油安の動向、テロなどの地勢学的リスクやアベノミクスの動向、選挙、消費税などでさらに騒がしくなりそうで、昨年にも増して資産と心を振り回されそうです。

結果的に資産運用を全て辞め、アフィリエイトに集中するかもしれません。

その方が、穏やかに過ごせるような気がします。

関連記事

こんにちは、有栗です。株価が反転し、少し戻りはじめているようです。何はともあれ保有している銀行株の暴落が止まりホッとしています。さて、そうはいっても今回の株価暴落や円高などで資産[…]

今年は、年末の資産を昨年末比でプラスにもっていく目標をたてました
関連記事

円高・株安が止まりません。特に銀行株の暴落はマイナス金利政策もあって激しいものがあります。私が行っている資産運用は、インフレ対策を中心としたもので米ドル建ての商品が殆んどなので、株式のほ[…]

自分の資産は自分で守る!株式と米ドル建ての資産運用分を全て解約

セミリタイア生活