BMW 330eの燃費

公開日: : セミリタイア生活, 愛車遍歴

BMW330eの燃費

先日、「レクサスとBMWどちらの車がいいですか?」という問い合わせのメールを頂きました。

車の購入(現行の国産車からの買い替え)を検討されているようで、レクサス、BMW、ベンツ、アウディのどれにするかで悩まれているようでした。

車に求めるものが何かによって変わってくるため、どちらがいいというストレートな回答はできませんでしたが、自分なりの考えをメールしました。ブログでも私なりの考えをまたの機会に整理して書いてみたいと思います。

今日は、そのメールの文中にあった「330eの実際の燃費はどれくらいか?」という問い合わせに対して回答してみたいと思います。

330eの燃費

念のために前置きしておくと、BMW330eは2000ccのターボ付エンジンに電気が加わったプラグインハイブリッド(PHEV)です。

充電ケーブルで充電できますが、充電しなくてもプリウスのようにハイブリッドカーとして走行することが可能です。

我が家にも充電設備はありませんのでハイブリッドカーとして乗っています。

一応、カタログ値では、ハイブリッドでの燃費 17.7km/ℓ(JC08モード)とありますが、実際はどれくらいなのか気になるところだと思います。

私も購入する前に確かめようと思って「BMW330e 燃費」などでググってもみましたが、殆どヒットしませんでしたし、今もなかなか見当たりません。

そういう訳で、前もって確認しておきたい人の参考になればと思い、納車して3ヶ月弱、約2300km走行した時点での燃費を紹介したいと思います。

尚、私の場合、途中、レクサスISを挟みましたがプリウス、レクサスGS450hとハイブリッドカーの運転歴は10年を超え、それなりに高い燃費を出すコツを掴んでいると思いますので燃費は若干高めになるかもしれません。

高速道路走行時の燃費

高速道路では、基本的に「AUTO eDriveモード」で「ECO PROモード」を選択して自動運転(アクティブ・クルーズ・コントロール)で走行しています。

ECO PROモードはエンジンレスポンスやシフトチェンジのタイミング、またエアコンを燃費が軽減されるように調整する燃費優先のモードですが、だからといってモッサリした走りにはならず、発進から十分な動力性能があります。

このあたりはレクサス車とは違います。

追い越しをかける場合などに、たまに「COMFORTモード」や「SPORTモード」を使用しますが、9割以上は「ECO PROモード」です。

※330eは走行モードの組み合わせが多彩なので、モード・モードと今イチ分からないと思います。各走行モードの特性についてはBMW330eのレビュー・評価で詳しくしく記載していますので必要に応じてそちらを参考にして下さい。

このような状態で燃費は平均速度100km/h前後で、18km/ℓ前後です。

冬場でしたので暖房を一目盛つけてます。

私の場合、自動運転より自分でアクセルを踏む方が高い燃費が出ますが、自分でアクセルワークをする場合は、同じ条件で、20km/ℓ前後です。

ECO PROモードでは、一定速度以上(60kmだったか?)でアクセルから足を離すと駆動系がエンジンから切り離されて空走するセーリング機能というものが作動しますので、うまく使えば高燃費に貢献します。

※セーリング機能とは、走っている途中でアクセルから足を離すと駆動系がエンジンから切り離されて空走する機能です。丁度ギアをニュートラルに入れて走行するような状態です。

尚、自動運転時もそうでない時も道路の起伏や速度、車の混み具合で燃費は1割ほど前後します。

市街地走行時の燃費

普通に走る場合も、基本「ECO PROモード」で走行しています。

ECO PROモードでも2ℓエンジンなみの走行性能があるので十分だと思います。

市街地といっても車の混雑状態や信号などでも少し変わってきますが、普通に走っていて、14~15km/ℓ前後です。

郊外や田舎道、信号が少なく閑散とした道路の場合は、16km~17km/ℓを超えてきます。

COMFORTモードでは、1割程度燃費が悪くなると考えていいでしょう。

SPORTモード、その他のモードでの走行時の燃費

せっかくの「駆け抜ける喜び」BMWなので、常に「ECO PROモード」という訳にもいきません。

加速を楽しみたい場合や、山道を気持ちよく走りたい場合もあります。

その場合、「SPORTモード」にすると燃費は一気に悪くなります。

上って下る山道や市街地では10~11km/ℓ前後といったところでしょうか。

さらに、電気を溜めるモードに
・SAVE Batteryモード
・CHARGE Batteryモード
といったモードがありますが、この場合は、エンジン主体で走行しながら電気を溜めますので、燃費は一桁台(8~9km/ℓ)になります。

特にCHARGE Batteryモードはアイドリングストップもしないため、信号などでストップしている間もガソリンを消費します。

但し、貯めた電気は後の電気走行に使えますので、それを加味すると12~14km/ℓ前後といったところです。

節約しながら充電したい場合は、「SAVE Batteryモード」で「ECO PROモード」を選択すると良いようです。

エアコンやエンジンレスポンス、シフトチェンジのタイミングなどをエコにコントロールしながら充電してくれます。

尚、経験上、「充電を意識せず普通に走行する」パターンより、「電気を溜めた後に電気で走行する」パターンの方が燃費はいいようです。

このようにBMW330eは、運転モードが多彩で、その運転の仕方によって燃費が大きく変わってきますので個人差も大きいと思います。

私の場合、3ヶ月間走ったトータルでの燃費は14~15km/ℓ前後です。

納車時からの平均燃費というものがありませんので感覚的なものになります。

BMW330eは、GS450hと同様にエコに振ったハイブリッドではなくパワーに振ったハイブリッドです。どのモードでもモッサリした走りはなく気持ちよく走れる分、同じようなレベルの国産車(例えばレクサスIS300hやGS300h)と比較すると燃費は若干悪いと思います。

ちなみに以前乗っていたレクサスGS450h(車体重量プラス100kgで3500cc+電気)でも燃費は14km/ℓを超えていました。

参考になればと思います。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

銀行の露骨なリストラ、11ヶ月で異動!

マイナス金利、少子化、AI、フィンテックと、銀行にとってはネガティブなことばかりで、日経平均株価は上

記事を読む

退職金7000万円でもアーリーリタイアできない理由

少し前になりますが、三越伊勢丹ホールディングスは百貨店事業の低迷からリストラの一環として人員削減や不

記事を読む

ブラック企業を辞めることを思い留まる理由

今年もまた幸せな1年を過ごすことができました。 唯一気がかりだった超ブラック企業に勤め

記事を読む

私はなぜアーリーリタイアをしたのか

早いものでリタイアしておよそ4年が経ちました。 将来に対する不安は少しばかりあるものの今の生活

記事を読む

アーリーリタイア後のささやかなボーナス

アーリーリタイアをすると当然のことながら決まった収入がありません。 基本的には、今ある貯蓄を毎

記事を読む

風邪も悪くないリタイア生活

昨年から疲れが溜まってたんでしょうか、3連休に入ったとたん風邪?をひいてしまいました。 連休初

記事を読む

欧州車との比較(レクサス・BMW・ベンツ)

レクサスISに乗り始めてしばらくして不満が出てきました。その最たるものが試乗の時から気になっていた足

記事を読む

50歳からの転職その後

先日、ブログにも書いた今年の春に会社の業績不振で人員削減の対象者となり、会社を退職した知人と久しぶり

記事を読む

リタイアしてるのに1食9000円は高くね?

これまでパートタイマーには支給されなかったボーナスが今年は支給

大金持ちになるには株しかない?

暑くなりました。 今日は朝から妻が美容院と歯医者に行くと

自分で髪切ったらミスってスキンヘッドに!

こんにちは有栗です。 久しぶりやってしまいました! いつも

アーリーリタイアして5年経った感想

先日の6月30日で、50歳でアーリーリタイアしてから5年が経ち

マッサージ店は出会いの穴場

3ヶ月近く前から2週間に1度マッサージに通ってます。 そ

PAGE TOP ↑