アーリーリタイア後の肩書はどうするか

アーリーリタイア後の肩書はどうするか

アーリーリタイアすると今後の肩書をどうするかということは1度は考えるものです。ここではリタイアした後の私の肩書を紹介します。

アーリーリタイア後の肩書をどうするか

知人と遭遇した場合

友人や知人に遭遇すると必ずと言っていいほど真っ先に出てくる言葉が「今何しているか」という質問です。

これは暗に仕事は何をしているか、ということです。

聞かれると、正直に無職だと答えてもいいのですが、相手によっては抵抗がある人もいます。かといってアーリーリタイアしたと話すと、それに至った経緯を説明しなければならなくなることもあり面倒です。

こういった時のために予め即答できる答えを準備しておき、相手によって使い分けるようにしておいた方がいいと思います。

私の場合は、こういったブログも書いていますし、アフィリエイトもやっていますので「自営業でボチボチ」と答えるようにしています。

何も税務署に開業届を出さなければ「自営業」とか「フリーランス」を名乗ってはいけないというルールはありません。

バレはしませんので嘘でもそういってその場が凌げれば問題ありません。

ただ、自営業と答えたら決まって「どんな仕事?」というツッコミがきますので、最低その答えまで準備しておく必要があります。

私の場合は、「インターネットで広告業」と言うようにしてます。嘘ではありませんが、アフィリエイトよりはイメージが良くなります。

アフィリエイトという言葉を知らない人もおり、その場合はその意味を説明しなければならなくなるので広告業という言葉を使っているという理由もあります。

社会では立派な肩書がないと不便を感じる人もいるようですが、リタイアした訳ですから立派なという形容詞がつく肩書は諦めるしかありません。

また、人によってはいざという時のために対人関係用の適当な肩書に加えて名刺を用意しておいたほうが良いかもしれません。

収入や勤め先欄への記入を求められる場合

肩書について、不便を感じるのはむしろこちらの方です。

資産運用の相談などで銀行などに出向くことがありますが、投資信託や国債を購入する際などは書類に「勤め先や収入など」を記載する必要が出てきます。

この時、身体は若いのに「無職、無収入」と書くには少し抵抗がありますが、あっさりアーリーリタイアしていることを正直に話し、無職、収入なしと書いた方がスッキリします。

別に悪いことをしている訳ではありませんから。

株を持っているからトレーダーとか投資家というのは避けた方がいいでしょう。

それに何かを契約したりするこのような局面は今後も何度となく訪れますし、正直に書かなければいけません。

私の場合は、幸いこれまではある程度の収入が発生してきましたので「自営業 300万円」といった記入で何とか恰好はつきましたが、今後の付き合いも長くなりそうなので一応、アーリーリタイアしていることも話してます。

アーリーリタイア後(セミリタイア生活)の肩書はどうするか:まとめ

せっかくアーリーリタイアしているのにこういったことで悩むのは、世間体を気にする日本ならではだと思います。

友人・知人には変な噂にならないように「自営業でボチボチ」、銀行や公的機関などでは「無職・無収入」で通しましょう。

関連記事

今日は、ときどきメールを頂いている方から「アーリーリタイアして後悔している点、とかありますか?」といった内容の質問を受けましたのでそのことについて書いてみたいと思います。さて、先日、17年前まで勤めていた会社(A社)を一緒に[…]

関連記事

ここでは、アーリーリタイアに失敗しやすい人の特徴と失敗しないためにはどういった能力が必要かについて考えています。経済的な条件を満たして念願のアーリーリタイアを果たしたからといって幸せになれるとは限りません。アーリーリ[…]


セミリタイア生活