リタイア後、将来のリスクに備えて今やっている対策

リタイア後、将来のリスクに備えて今やっている対策

今回は、将来のリスクに備えて今やっているリスク対策を書いてみようと思います。

早いものでアーリーリタイアして2年ちょっとが経ちました。

ブログでも幾度となく書いていますが、リタイア生活に踏み切る前に資産の棚卸とリタイア後の生活費のシミュレーションをエクセルにまとめています。

インフレ(物価の上昇)や年金受給年齢の引き上げ、年金額の減少もざっくり予測して盛り込んでおり、以前も書いたように、アーリーリタイア後は資産の推移を定期的に計画と比較して調整しながら生活をしています。

幸い、今のところアベノミクスやアフィリエイト収入の恩恵を受けながら当初予測していたより資産の減少も少なく順調に推移しているため、贅沢こそできませんが、そんなに切り詰めた節約生活をしなくても何とかやっていけています。

エクセルの数字を見るともう少し出費をしても大丈夫そうなのですが、やはり将来のリスクに備えて出費をできるだけ抑えようという心理が働いてしまいます。

歳をとると体力的にも遊びたい遊びもできなくなりますので今のうちに可能な限り遊んでおいたほうがいいような気もしますが、結局、将来の不測の事態に備えて使わないでおいた方が良さそうだという心理が働きます。

残念ながら日本の将来は相当なリスクを抱えていますからね。

将来のリスクとは

将来のリスクとは、人口減少・少子高齢化に伴う日本経済や社会保障の問題です。

年金支給開始年齢の引き上げや年金支給額の減少はもはや避けては通れないことだと思いますし、もしかすると年金制度自体崩壊する可能性だってあります。

消費税も保険料もどんどん上がっていくでしょう。

特にリタイアした者にとってはインフレも驚異です。

適度なインフレは仕方がないものの、下手をすると伝説のディーラーと言われた藤巻健史氏が言っているような極端なインフレを起こす可能性もない訳ではありません。

外的要因だけではなく、家族や親族の予期せぬ病気や介護の問題もあります。

リタイア後、将来のリスクに対して今行っている対策

将来の生活に悲観的になったり不安を抱くことは、これからのリスク管理を充実させるためにある程度必要なテクニックみたいなものだと考えています。

自分自身に不安を煽ったり問題提起することで今しなければならない対策や準備を充実させることができると考えています。

そのストレスもセミリタイア生活者にはいい刺激になっているかもしれません。

インフレリスクへの対策

私の場合、リタイア組には致命傷となるインフレリスクに対して
・ドル資産の保有
・変動金利型の個人向け国債の保有
・株式投資
・アフィリエイトによる収入元の確保
・アフィリエイトによる収入確保のノウハウ取得
といったものを実施しています。

基本的には貯蓄だけで生活可能ですので、積極的な投資は避けてきていますが、想定以上のインフレが起こったらその生活も危ぶまれます。

そのため、インフレに対してはドルの保有で対抗できないかと考えています。

現在保有しているのは、米ドル建ての個人年金保険ですが、満期または解約後も引き続き、次はFXでのドル保有を検討しています。

FXであれば、外貨預金のように満期という概念もありませんし、為替差益だけでなくスワップポイントでも利益が狙えます。

不動産投資もインフレ対策として有効ですが面倒なため手は出さないことにしています。

参考:セミリタイア生活で不動産経営(投資)をしない4つの理由

健康リスクへの対策

健康リスクに対しては定期的な健康診断やサプリメントの服用を実施しています。

最近では1日1食といった食事法を実践したりして試行錯誤しています。

本来であれば、ウォーキングなど適度な運動を適度な間隔ですべきなのですが、今日にように暑かったり、冬のような寒い日はついついなまけてしまいます。

このあたりは課題が残ります。

まとめ

以上、簡単ですが、将来のリスク(インフレと健康のリスク)に備えて今やっているリスク対策について紹介してきました。

但し、先を不安視してばかりで、今を楽しまず「酒もタバコも女もやらず百まで生きたバカがいた」という言葉のような寂しい生き方にならないようにそのバランスにも気を配って生活しているのも事実です。

将来のリスクに備えて今できる対策をとりつつ、かつ今を可能な限り楽しむといったバランス感覚を大事にしていきたいと思います。


セミリタイア生活