アーリーリタイアとセミリタイアの違いって?

アーリーリタイアとセミリタイアの違いって?

ここでは、当サイトにおけるアーリーリタイアとセミリタイアの定義(それぞれの違い)について記したいと思います。

私がこのブログを始めた5年前はそうでもなかったと記憶していますが、最近はアーリーリタイアやセミリタイアを題材としたブログがすごく増えてきたように思います。

ところで、この「アーリーリタイア」と「セミリタイア」。

このブログでも頻繁に使っている単語ですがその違いは何なのでしょうか。

アーリーリタイアとセミリタイアの定義

アーリーリタイアとセミリタイアの二つの言葉はよく似ており、ブログを書いている人によっても同じ内容の文章で使っている単語はマチマチです。

読む方としては混乱したり若干の違和感を覚える人がいるかもしれません。

それもそのはず、基本的には、両者は特に決まった定義もなく曖昧なのです。

従って、ある程度個人が自由に解釈して使っていいと思いますが、当ブログでは以下のように捉えて使い分けています。

アーリーリタイアとは

アーリーリタイアとは、早期リタイアと同じで、その後、一線で働く意思を持たずに定年退職前に会社を辞めたり、事業を辞めたりすることです。

その後、一線で働く意思を持たない点で、仕事を辞めて転職活動をするサラリーマンなどの早期退職と異なります。

第一線で働く意思を持たずに辞めることそのもの、であり、アーリーリタイア後の生活スタイルではありません。

アーリーリタイア後は、

・副業などを含めた仕事を全くしない「完全リタイア」か、
・副業などを含めたちょっとした仕事をしながらの「セミリタイア

に分かれます。

セミリタイアとは

セミリタイアとは、色々な捉え方があるようですが、私の場合は、第一線から退き、自分の時間を楽しむことに重点をおき、ちょっとした収入を確保するために片手間で仕事もこなす生活スタイルだと捉えています。

完全に仕事から離れてしまう完全リタイアと区別した生活スタイルだと捉えていますので簡単に言えばアーリーリタイアとは次元が違うと思っています。

そのため、例えば「アーリーリタイアとセミリタイアどちらがいいか」といった問いには違和感を覚えることになる訳です。

念のために書きますが、先にも書いたように、基本的には、両者は特に決まった定義もなく曖昧ですので、そういった問いをしているブログを揶揄している訳ではありません。

以前は、「1年の内半分は仕事し、残りの半分は全て休暇にあてる」というスタイルもセミリタイアの一種と考えられていたようですが、近年はこういう生活の仕方、働き方を「ミニリタイア」と言ってセミリタイアとは分けているようです。

関連記事

社員部長、会社活動を休止したいのですが。部長休止ってどういうことかね。休暇を取りたいってことかね。いえ、自由な生活をしたいんで一旦会社を辞めたいんです。[…]

嵐の大野君も決断したセミリタイア生活

ミニリタイアは、フリーランスで仕事をしている人でなければ難しい形態です。会社に依存した働き方をしている場合は、ミニリタイア後の居場所がなくなる可能性があるためです。

セミリタイアは、文字通り半分リタイアですが、その線引き明確ではありません。

従って、55歳の人が1日3時間のアルバイトやネットビジネスなどで生活できるのであればセミリタイアと言っていいと思います。

セミリタイアという言葉は、大橋巨泉さんがいくつもの番組を降板する時に使った言葉だと記憶していますが、本人は完全に芸能界を辞めてしまうのではないため完全リタイアと対照的に緩いリタイアだという意味で使ったものだと記憶しています。

とまあ、こういう風に考えていますので株式投資や不動産経営などで収入を得て生活しているのはセミリタイア生活で、そういった収入も全く得ないで貯蓄だけで生活していくスタイルを完全リタイア生活と捉えています。

また、アーリーリタイアもセミリタイアも働く意思を持たずに会社を辞めるニートとは違い自分の時間を楽しむためのリタイアですのである程度の資金が必要です。

そういう意味では、アーリーリタイアやセミリタイアという言葉の中にはある程度の資産を持った人という意味も含まれていると思います。

最近では特に20代、30代といった若い人が贅沢より自由を優先してアーリーリタイアをすることを、特にFIREムーブメントと言って米国などでは流行っているようです。

アーリーリタイアとセミリタイアの違い

このように、当サイトでは、

アーリーリタイアとは、その後、一線で働く意思を持たず定年退職前に会社を辞めたり、事業を辞めたりすること

セミリタイアとは、アーリーリタイアした後に、完全に仕事から離れる完全リタイアとは対照的にちょっとした収入源を確保するために緩い仕事をしていく生活スタイル

という違いで使い分けています。

私の場合は、最初は完全リタイアのつもりでしたが、アフィリエイトで収入が発生するようになってからは生活を表現する際にはセミリタイア生活という表現で統一しています。

そのため、このブログのサブタイトルは、「50歳でアーリーリタイアしてセミリタイア生活を送っている男のブログ」としています。

関連記事

アーリーリタイアのメリット・デメリット今回は、今さらというより5年以上もセミリタイア生活を経験してきたからこそ感じているアーリーリタイアのメリット・デメリットを整理してみようと思います。私の場合[…]

アーリーリタイアすることのメリットとデメリット

セミリタイア生活