50代で退職金7000万円でもリタイアできない理由

50代で退職金7000万円でもリタイアできない理由

少し前になりますが、三越伊勢丹ホールディングスは百貨店事業の低迷からリストラの一環として人員削減や不採算事業の整理を発表しました。

バブル期に入社した幹部を中心とした早期退職制度による人員削減は来年度から実施されます。

三越伊勢丹ホールディングスといえば10年近く前に富裕層に強い三越とファッション性の高い品ぞろえを得意とする伊勢丹が経営統合したデパート業界の最大手ですが、業績の悪化で今年の3月に社長が交代したばかりです。

打ち出した早期退職優遇制度の条件も時間とともに拡大してきており、その結果、48歳~49歳のステージAと呼ばれる部長級の社員では最大で5000万円ほど退職金が積み増しされ、通常の退職金と合せると退職金は7000万円程度に。

ステージBの課長級でも6000万円ほどの退職金を受け取ることになるといわれています。

昨年実施された東芝の早期退職優遇制度でも同じく50歳くらいの役職者は5000万円ほどの退職金が支給されていますし、ソニーでも早期退職制度で7000万円を超える退職金を手にした人がいるといいます。

さすが大企業。中小企業に勤める人からすれば何とも羨ましい条件です。

7000万円の退職金と言えば1日でも早く会社を辞めてのんびり暮らしたいと思っている人にとってはまたとないチャンスになるはずの金額です。

しかし、実際に大手企業に勤める人でアーリーリタイアに踏み切る人は意外と少ないと聞きます。

退職金7000万円でも50代でリタイアできない理由

推測するに、50歳で退職金7000万円でもアーリーリタイアできない、あるいは、しない理由は生活レベルの維持ではないかと思われます。

年収は1,000万円を超えているでしょうし、それなりの生活をしているはずです。立派な家のローンも残っているでしょうし子供の教育費に最もお金がかかる時期かもしれません。

例え貯蓄とあわせて1億円あったとしても、サラリーマン時代と同程度の生活レベルを維持するのであれば年金を貰う前に破綻してしまう恐れもあります。

かといってこれから先、今までの2分の1の生活費でやっていけるか。

ブランド品や高級車を我慢できるか。

仲間とのゴルフやスキー、家族旅行の回数を減らすことができるか。

長年かけて築き上げてきた生活スタイル・生活レベルを落すのは大変です。

さらには、そういったものを秤にかけて自分だけで決められればまだいいですが、物事に執着しているのは自分だけではありません。

妻や家族の同意・協力も必要になります。

このような大手企業であれば、7000万円という退職金も会社が潰れない限り5年ほども働けば回収できる金額だと計算ができます。

定年まで残って退職金を満額貰った方がお得ですし、公的年金も貰える金額が変わってきます。

たとえ会社の将来を不安視して辞める方を選択したとしてもある程度の生活レベルを維持するためにアーリーリタイアという生き方を選択する前にコネや肩書を利用して転職する方を選ぶのも無理ないのではないかと思います。

参考:55歳でリタイアする場合に必要な資金額の計算式

参考:50歳でリタイアする場合に必要な資金額の計算式


セミリタイア生活