サラリーマンが苦痛だったのはお酒が全く飲めなかったということも関係があると思います

サラリーマンが苦痛だったのはお酒が全く飲めなかったということも関係があると思います

私のコンプレックスの一つに「お酒が全く飲めない」ということがあります。

若い時は飲む練習をして多少は飲めるようになった同僚を横目に私も練習したりしましたが、苦痛に耐えきれず比較的早い段階で一切飲まなくなりました。

後に受けた遺伝子検査で判明しましたが、私はお酒が飲めない「7%」に入っているということでした。

関連記事

ジーンライフの遺伝子検査を受けてみた最近、話題になっている遺伝子検査。少し怖い気もしましたが、妻と一緒に検査を受けたことがあります。遺伝子検査を受けたのは、1年ちょっと前の2013年の春[…]

ジーンライフの遺伝子検査を受けてみた感想

遺伝子的には、

1.飲める人
2.練習すれば飲めるようになる人
3.練習しても飲めない人

の3つに分類されるようですが、私は3番めの「練習しても飲めない人」に分類されるようです。

このタイプの人は、体がアルコールを一切受け付けないので、その分、アルコールとも距離を置くようになり、お酒に関する病気やトラブルのリスクは非常に少なくなるとのことです。

ですが、

お酒が飲めないと、人生を大きく損したように感じます。

お酒を飲んで嫌なことを忘れる、楽しい気分になる、心が大きくなる、といったことは一生体験することはできません。

友人や会社の同僚などとの付き合いもお酒が絡むとだんだんと足が遠のいていきますし、どうしても人との交流が希薄になっていきます。

普段の生活であれば、そう割り切ればそれでもいいのですが、サラリーマン生活においては色んな意味で不利になってきます。

これは、私の場合がそうだったように、お酒を飲めない多くのサラリーマンが(といっても7%しかいませんが)共感してくれるのではないかと思います。

サラリーマンは新年会、歓送迎会、親睦会、忘年会などお酒を飲む機会が少なくありません。

上司や先輩、後輩、同僚などと今日は飲みに行こうとなる日もありますし、取引先や関連業者などと打ち上げといった日もあります。

お酒が飲めないサラリーマン

そのたびに素面(しらふ)の状態で2時間、3時間、場合によっては2次回、3次回まで周りのあのテンション高き人たちと付き合わなければなりません。

初対面の場合は、お酒が飲めないことをイチイチ説明しなければならず、面倒でした。

はじめの頃はそうでもなかったのですが、だんだんとそういったものに参加することが苦痛になり、時間も勿体なく感じるようになってきました。

ウーロン茶1杯で5,000円というのも不公平感を感じてしまいます。

仕事となると付き合いなどのシガラミがありますので行かないとはなかなか言えませんし、行かなければ行かないで付き合いが悪いとサラリーマンとしての素養にも疑問を持たれかねません。

出会いや親交の場も少なくなりますし、色々なチャンスも逃しかねません。

上司をはじめ先輩や後輩、同僚との強い繋がりも往々にしてお酒の場で培われることがあるため、サラリーマンとして人並み以上に渡り歩くには不利だなと常々思っていました。

実際、上司や先輩からも「お前が飲めたらなぁ」と残念がられたことも少なくありませんでしたし、お酒の力を借りることができればもう少しうまく立ち回れたり問題解決ができたシーンもあったと思います。

そして、何よりも、もう少し快適なサラリーマン生活が送れたのではないかと確信しています。

そういう意味で、サラリーマンのお酒を飲めないことによる心労や苦痛は、サラリーマンとしてのパフォーマンスをぐっと下げる気がします。

勿論、例外もありますし、お酒が飲める人側からすれば賛否両論あるとは思うのですが、お酒が飲めない人は飲める人と比較して有意義で(敢えていいますが)楽しいサラリーマン生活を送っていくには何かと不利だと思うのです。

私の場合、サラリーマンという世界が苦痛で若い頃から脱サラに挑戦していましたが、もしかすると、その苦痛の一つには、お酒が飲めないからという理由もあったからかもしれません。

逆にお酒が飲めたら、上下左右との交流を深めてもう少し心地良いサラリーマン生活が送れたかもしれず、もしかしたら脱サラという発想も出てこなかったかもしれません。

だって、嫌なことがあっても少しはお酒で紛らわせることもできる訳でしょ。

脱サラし、アーリーリタイアをした今ではお酒に関しての苦痛は無くなりましたが、今でもお酒が飲めたら交友関係が広がり、より有意義な人生を送れたのではないかと残念がる気持ちが正直あります。

しかし、今となってはお酒が飲めないことをプラスに考えるしかありません。

お金がかからない、アルコールに関する病いを発症しない、お酒の場から発展する色恋のトラブルに巻き込まれる可能性が少なくなる、痴態・醜態をさらすこともない、飲酒運転で捕まるといったこともない、といったように。

そして、何よりも今現在、結果的に日々幸せな生活を送れているのは、そういう体質的なものもあってのことだと思っています。


セミリタイア生活