アーリーリタイアして5年経った感想

アーリーリタイアして5年経った感想

先日の6月30日で、50歳でアーリーリタイアしてから5年が経ちました。

今月から6年目に突入です。あと半分(5年)経つと還暦を迎え、アーリーリタイアというワードも使えなくなります。

ちなみに当ブログも、リタイアした翌年の4月からはじめましたのでかれこれ4年以上も続けていることになります。我ながらよく続けていると思います。

何より週一という緩い更新ペースがいいのかもしれません。

今回は、リタイアして丁度5年という区切りのいい時なので、ザックリこれまでの仕事人生を振り返って、思うことを書いてみようと思います。

50歳までの仕事人生を振り返って

このブログを読まれている方も仕事人生においては色々とありながらも要所要所で重要な決断をされてきたことと思います。

私も私なりに大きな決断を何度かしてきました。

その主なものが、20代の脱サラ、30代の脱サラ、そして50歳のリタイアです。

何かに憑りつかれたような30代の脱サラ

今から17年前の38歳での脱サラは将来が全く見えない状態での決断でした。

会社に頼らない生き方ができないものかと必至に模索している時に出会ったのがインターネット。ただその可能性に魅せられて脱サラを決断しました。決断したのは、確か35歳か36歳の時だったと思います。

会社を辞める前にそれなりの準備はしてたものの、それらが果たして将来役に立つかどうかはわかりません。完全に見切り発車で会社を辞めました。

今考えると恐ろしくなるほど無謀な行動です。

40歳前に会社を辞めるのは相当な不安があるはずですし、私の場合、20代に1度脱サラに失敗して相当な精神的ダメージを受けていましたので尚更。今度も失敗したらどうしようという恐怖心もあるはずです。

あの時の失敗を教訓にと、用意周到な準備をすべきでもあります。

しかし、それでも不思議と38歳時の脱サラは、何の根拠もないのにどうにかなりそうな気がして全くといっていいほど不安もなく、用意周到とはとうてい言えない状態で会社を辞めました。

しかも訳あって貯蓄はほぼゼロ。収入が発生するまでの繋ぎとして当てにしていた会社の退職金も、退職して間もなく携帯電話絡みの投資話で全て失います。

そんなことには負けじとただただインターネットに魅せられて狭いアパートでランニングシャツ1枚で憑りつかれたようにパソコンに向かっていたのを思い出します。鈍感力MAXの時期でした。

あの時、何でああも簡単に会社を辞めることができたんだろう、何で不安がなかったんだろう、そういう会話をあとから妻とよくしたものです。何かに憑りつかれたような、導かれたような、今、考えても不思議な脱サラ体験なのです。

アーリーリタイアして5年経った感想

50歳でのアーリーリタイアは、どうにかなる見通しが立っての決断でした。

生活レベルを調整しながらであればどうにかなりそうだと判断できましたし、2年というソフトランディングの期間(仕事を辞めるかどうかの熟慮期間)がありましたのでさほど大きなパワーは必要ではありませんでした。

40歳でリタイアとなると一般的な定年退職の年齢まで20年と先の不透明さを感じますが、50歳になると残り10年(今や65歳となりつつありますが)、透明度もかなりアップします。

幸い、大きなインフレや大きな生活環境の変化もなく、その半分にあたる5年という折り返し地点を問題なく通過することができ、今のところ経済面も健康面も家庭も問題なく順調な生活を謳歌できています。

ブランド品も滅多に買わなくなりましたし、外食も減りましたが、心は豊かになり、幸せ感は増しています。妻が幸せと言ってくれるのが何よりです。

一方で交わる人が少なくなっているという問題点もあります。

もともと友達と呼べる人も多くありませんし、家族で一緒にいるのが楽しいので特に友達を作りたいとも思わないのですが、逆に妻への依存が強すぎて、万が一のことが起こったら大変なことになるという危機感は増しています。

これではいかんのでしょうか。最近は、「これからは、そういうことも考えていかないといけないのか」と思いながら過ごす今日この頃なのです。

参考:アーリーリタイアをして後悔していること


セミリタイア生活