角島大橋までドライブ

角島大橋

インフルエンザの症状が治まったにも関わらず、ここ1ヶ月間ほど咳がなかなか止まらず、悶々とした日々を送っていましたが、検査の結果、肺その他にも異常がないことがわかり急きょ気分転換に山口県の角島大橋までドライブすることにしました。

ドライブといっても日帰りができる距離ではないので1泊します。

今回お世話になる宿は、ホテル西長門リゾートです。

出かける日の前日19時くらいに予約を取りましたので、夕食付は手配できず朝食(バイキング)のみとなりました。

角島大橋は、2000年(平成12年)11月3日に開通した橋で、全長は1,780mあり、無料で渡れる橋としては国内でも屈指の長さを誇ります。

確か全国で沖縄の古宇利大橋に次いで2位とか。

雨は避けられたものの残念ながら天気がイマイチでしたので、エメラルドグリーンの海というわけにはいきませんでしたが、海水の透明度も高く、美しい風景は堪能することができました。

ホテルの部屋は一面が窓になっており、目の前には180度海が広がっています。ゆっくりするには最高です。

また、ビーチに出ると目の前に角島大橋が見えます。

tunosimaoohasi-2

ホテル西長門リゾートは角島大橋とセットになったようなホテルです。角島大橋を目的とした旅ではおあすすめの宿です。

橋を渡って角島を一通りまわった後、夕食は、手前に引き返して5kmほどのところにある道の駅「北浦街道ほうほく」というところで頂きました。

この北浦街道ほうほくという道の駅、トリップアドバイザーによる「行ってよかった!道の駅ランキング2016」で全国1位となった道の駅だとか。

といって中に入っても何か特別なものがあるという訳ではなかったのですが、レストランで食べたエビフライは凄く美味しかったです。

また、近くを通ることがあればまた必ず寄りたいと思いました。

宿に戻ると20時から角島灯台の観光ツアー(無料)に参加してみました。

角島灯台

※画像は昼のものですが、ツアーは夜です。

これまで灯台を間近で見たことはありませんでしたが、写真には収められない幻想的な光を楽しむことができました。

翌朝、朝食を頂いたら長崎まで一般道を通ってどこにもよらず直帰しました。

途中は、激しい大雨。天気予報を眺めながら急きょ出発日を土曜日ではなく金曜日にしたのが正解でした。

そろそろ咳も治まりそうです。


セミリタイア生活