我が家のヤバイ妻!

我が家のヤバイ妻!

今日は人生のパートナーである妻のことについて少し書いてみようと思います。

妻は、私が亡くなった後でも自分の年金が少しでも貰えるようにと、また、今の生活が少しでも楽になるようにと、私がリタイアした後もせっせとパートタイマーで働き続けています。

切り詰めた生活にシフトできるのであれば、仕事を辞めてもいいという選択肢も用意しているのですが、自分用の車も保有したい、自由になる小遣いも欲しい、たまには外食もしたいということで今は働くことを選択しています。

年間125日ほど休みがある上に、月に1~2日の有給休暇も自由に取れていますし、殆んど残業もなく定時で帰れ、会社には友達もいますので、辞めるよりほんの少しですが余裕のある生活を楽しんだ方がいいということのようです。

人間関係や仕事上で嫌なことや辛いこともあるようですが、嫌になったらいつでも辞めれるという逃げ道があるのも、続けられている理由の一つのようです。

そんな妻ですが、世間一般の妻とはかなりズレている面があります。

純粋で、おしとやかで、おとなしくて、優しくて、健康的で、おりこうさん風な妻ですが、これが結構ヤバイ妻なのです。

脱サラした時

私が脱サラをしたのは、今から15年ほど前の38歳の時。当時は、結婚したばかりで、同じ会社で共働きをしていました。

勤めていた会社の経営状態も悪く、いずれは独立したいと考えていたため、希望退職優遇制度もあって結婚して1年もしないうちに会社を辞めることにしました。

「会社も危ないし、自分でしたいこともあるから辞めよっかな」といったことくらいは話したのですが、
「生活は大丈夫なの?」
「お金は?」
「辞めて何するの?」
と普通の妻がしそうなそういったツッコミは一切ありませんでした。

やりたい事は漠然とあるものの今後生活が成り立っていくほどの収入になるかどうかは全くの未知数で貯蓄も殆どなかった頃のことです。

「やりたいことやればぁ」といった感じでむしろ背中を押してくれました。

詐欺で400万円騙し取られた時も

殆ど相談無しで会社を辞めて手にした退職金400万円ですが、その殆どを携帯電話絡みの投資話につぎ込んでしまい、一瞬にしてパーにしてしまいました。

その時も私を責めるどころか落ち込む私に
「元気出し~」
「二人で頑張ればどうにかなるさ」
といった言葉で励ましてくれました。

リタイアする時も

50歳でアーリーリタイヤする時もそうです。

「貯めたお金で今後どうにか生活できる目途がついたからリタイヤしよっかなぁ」といったことは言いましたが、
「辞めて生活していけるの?」
「お金は大丈夫なの?」
「仕事はしないの?」
といったツッコミも全くありませんでした。

この時も「やりたいことやればぁ」といった感じで迷っていった私の背中を押してくれました。

どういう神経なのか理解しがたい妻

普通の妻と違ったところは、そんなことだけではありません。

先日、久しぶりに会った旧友のO君がサラリーマンなのに6000万円貯金していると言ってたことを妻に話すと、普段は決して聞いてこない我が家の貯金がいくらあるのか聞いてきました。

「2000万円くらいかな」と冗談とわかるような金額を咄嗟に答えると、「へ~、じゃあOさんの方が多いんだね」と真顔で反応。

2000万円というと今の生活を続けていけば彼女が働いているとはいえ、5年前後で底をつく金額です。

冗談とわかって返しているのかわからなかったので、「でもうちはマンション持ってるけどO君は賃貸だからね」と咄嗟に答えてみると、「ということは同じくらいということね。」と。

彼女がどれくらい真剣に受け止めたかわからないままその話は終わりました。

こういう感じの会話が過去にも2~3回あったので、その都度、お金(生活)のこととか将来のこととか心配じゃないのか聞いたことがありますが、「ちゃんと考えてくれてるんでしょ」ってな感じで、本人はそういうことには驚くほど無関心です。1000万円近くする車を買う時も経済的な相談は一切しません。

勿論、今もいくら貯金をしているか知りませんし、せっせとやっているアフィリエイトの収入も金額はおろか収入があるのかどうかさえも知りません。

金庫にしまってある通帳にも全く無関心です。

脱サラした時やアーリーリタイヤした時の対応もそうですが、今どきこういう人も珍しいとつくづく思ってます。

ヤバイ妻

リタイアした夫を残して毎日働きに出かける妻ですが家事も完璧にこなします。

食器を洗うことや風呂の掃除すらさせてくれません。

私の唯一の担当は空気清浄器や空調などフィルターの清掃と彼女の手が届かない窓の清掃などだけです。

それでいて、私が疲れていそうなときは、一切の家事が終わった後、就寝前にマッサージをしてくれたりします。病気の時も優しく看病してくれますし。

見習うべきは、人と比べないこと、見栄を張らないことです。

羽振りの良かった自営業時代に私がブランド品を買いあさっていたときも、本人はブランド品等には一切無関心でしたし、金回りがいいときも何気に他人に自慢するといったことも一切ありませんでした。

それでいて今の生活は凄く幸せだと言ってくれますし、いつもちゃんと夫の私を立ててくれます。

このブログを書いている今も、パートから帰ってきた妻は夕食の用意をしてくれています。夕食の片づけをしたら洗濯をしたり、お風呂の掃除をしたりといつものようにやるんでしょう。

本当にヤバイ妻なのです。


セミリタイア生活